information

えぼし岳高原スポーツの里(長崎県佐世保市)に
“ドッグランえぼし”オープン!

110625_DSC_0783.jpg

【登録条件】(@〜Cすべての条件が必要です。)
@飼い主が18歳以上であること。             
A蓄犬登録済みで1年以内に狂犬病予防接種を受けていること。
B予防接種(各種ワクチン)を受けていること。
C闘犬または攻撃的な犬種でないこと。

【登録時に必要なもの】
@犬鑑札 A狂犬病予防接種済証
B予防接種済みが確認できるもの
C飼い主の身分証明書
D飼い主さんといっしょに写った写真(縦32mm×横28mm)

【登録料】500円
※申し込みは、所定の登録申請書に必要事項を記入し、
ドッグラン管理事務所へ提出してください。
お問い合わせは 0956-59-9511

開場日時:水・土・日・祝日
9時〜18時(10月〜3月は17時閉場)
利用料:1日1頭300円/年間パスポート1頭3,000円



ランキングに参加しています。
初代金太郎はアジソン病と闘いながらも、
6年11ヶ月しっかり生きぬきました。
虹の橋の金太郎に応援ポチッ!忘れないで下さいね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif




2011年07月05日

元気と笑顔を取り戻すために…

一人暮らしの母のために実家に戻って丁度2年の月日が経ちました。

母の状態は必ずしもいいとはいえません。
(今年はじめレビー小体型認知症と診断されました。)
運動能力は日々低下しているように思えます。
精神状態も不安定で弱気になることが多くなりました。


介護認定も要支援2から要介護2になり、以前より多くのサービスを受けることができるようになりましたが、その分手もかかるようになりました。家事全般はもちろんのこと、通院、入浴やトイレの介助などまるでヘルパーさんみたいな日々を過ごしています。


当然、出かけることも少なくなり、犬仲間たちと会うことも少なくなりました。


一人で暮らしている頃は、買い物と通院の手助けをしてあげるくらいで、食事の用意など身の回りのことは何とかこなしていましたが、私が戻ってからはその必要もなくなったせいもあり、運動能力はもちろんのこと、最近では気力も落ちてきたような気がします。

思い当たる飼主さんもいらっしゃると思いますが、犬も、手をかけすぎたり、気を使いすぎると、甘えがひどくなったり、分離不安症になったりします。
母も、かなり甘えがひどくなりました、自分でできることもしなくなったような気がします。最近では寂しがったりすることも多くなりました。犬といっしょにするのは失礼かも知れませんが構造はまったく同じといっても過言ではありません。


090626_DSC_0360.jpg
2009.6.26 散歩をする母と金太郎


一番心配なのは転倒による骨折などのけがです。今年になって転倒することが多くなり、整形外科のお世話になることが多くなりました。転倒のリスクを回避するためにも筋力をつけることはとっても大事なことなのですが、週3回ほど行くことにしているリハビリも休みがち、金太郎が元気な頃は毎日いっしょに散歩をしていましたが、金太郎がいなくなってからはまったくといっていいほどしなくなりました。



私が比較的、抵抗なく母の世話ができるのは犬の世話をした経験からかも知れません。食事、排泄、散歩など似通ったところがあります。アジソン病を発症していた金太郎の場合毎月の通院もありました。薬も1日2回欠かさず飲ませていました。健康状態にも絶えず注意しなければなりませんでした。できるだけストレスを与えないような生活を心がけていました。


こうして、親のことですから当然なことかも知れませんが、人を思いやることができるのも金太郎と暮らしたおかげだと思っています。もちろん、施設に預けるなどのサービスも受けることはできるのですが、できるだけいっしょに暮らしてあげようと思っています。犬と暮らしていらっしゃる方ならお分かりだと思いますが、家族ならばいっしょに暮らしてこそ意味があると思っています。



母は必ずしも犬好きではないのですが、金太郎だけは大変気に入ってくれていました。まるで人みたい振舞う金太郎は母にとって孫みたいな存在だったのではと思います。中でも母が大変気に入っていたのは、仏壇の前でお行儀よくお座りして一緒にお参りをしてくれることでした。


そんなこともあり、金太郎がいてくれたらと思うことがよくあります。


今月27日は金太郎の3回忌になります。そろそろけじめをつけ母のためにも、私自身のためにも新しい家族を迎えたいと考えるようになりました。


そして、我が家に元気と笑顔を取り戻さなければと思っています。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年09月23日

2代目金太郎、里親も選択肢

090506_IMG_1705.jpg
2009.5.6 長崎ビッグNスタジアム


金太郎がすっかり元気になった3歳の頃だったと思います。
金太郎の従兄弟が10頭出産しました。
そのうちの1頭を金太郎の弟にどうかという話がありました。


犬と生活することの楽しさがわかってきた頃です。
ブリーダーさんからも私だったら安心して預けられると認めてもらっていました。
ただ、その頃は仕事も大変忙しく、金太郎の高額な薬代の負担などもあり、金太郎だけで精一杯、とても2頭飼えるような状況ではありませんでした。


私のところに来るかも知れなかった子は今でもブリーダーさんのところにいるはずです。金太郎と同じブラックのオスです。まもなく5才になるはずです。名前は金太郎にあやかって“小金”とつけてありました。兄弟の中でも折り紙つきのいい子を選んでいただいていました。
残念ながらその子とは縁がありませんでした。ブリーダーさんとも現在音信不通です。


最近、一頃のようなペットブームは去ったような気がします。
それに伴い、“小金”のようななかなか縁のない子もいるはずです。繁殖犬のリタイヤ犬、飼い主さんの事情で飼育放棄される子の話も多く聞くようになりました。


金太郎は1才になってから迎えました。
成犬を迎えることには全く抵抗はありません。それまで育った環境による問題行動も、病的なもの、性格的なものを除けばきっと取り除いてあげられると思っています。



2代目金太郎、里親も選択肢として考えてみようと思っています。



お天気がちょっと気になりますが、本日(9/23)午後6時より佐世保球場で、長崎セインツのホーム最終戦があります。すでに新聞紙上で報道されているように長崎セインツは資金難のため来季のリーグ戦に参加しないことが判明しています。今日の試合は事実上のお別れ試合となります。
地元で見ることのできる最後の試合です。ぜひ球場に行って新たな道を目指す選手の皆さんを励まして上げてください。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年09月17日

2代目金太郎現れる?

最近気になっているOES(オールドイングリッシュシープドッグ)
トレーナーさんからの情報で、近くに2頭いることが確認できました。1頭はオスで体重45キロくらいあるそうです。一度会いにいきたいと思っています。
50キロ以上になる子もいるようです。
そんなに大きくなるとちょっとこまります。
手入れも想像以上に大変そうです。


やっぱりスタンダードプードルがいいのかな?


スタンダードプードルを飼うときにブリーダーさんから言われました。
スタンダードプードルを飼うと他の犬種を飼えなくなりますよ。それがスタンダードプードルの欠点といえば欠点です。飼ったことのある人にしかわからないかも知れませんが、確かにその通りです。経費がかかることを除けばほとんど欠点のない犬だと思います。



100917_DSC_0012.jpg

100917_DSC_0014.jpg


今朝、スタンダードプードルのパピーちゃんに会ってきました。
昨晩、東京からきた生後50日の男の子です。毛色はアプリコット
もちろん名前もありません。
ちょうど、トイプードルくらいの大きさでとってもかわいい子でした。
体もしっかりしていて、30キロ近くになるかも知れないとのことでした。
経験豊かなトレーナーさんが直接見て連れてこられたので、性格、健康面は信頼おけると思っています。


ぜひ、私にオーナーになってほしいとの希望でした。


アプリコットといえば金太郎の弟“てつ”もアプリコットです。
なじみのある毛色です。
“てつ”もやさしい目をしたなかなかの美犬です。

090221_DSC_0666.jpg
2009.2.21 金太郎とてつ


次もブラックにしたいというこだわりはありますが、むしろそうでないほうが金太郎のためにもいいのかもと思ったりしています。
ちょっと気になるのは50日で母親の元から離されたこと。
(ほとんどのワンちゃんがそうかも知れませんが)
できれば4〜5ヶ月は母親の元にいてほしいというのが私の希望です。
私は母親が子どもに教えること、子どもが母親から学ぶこと、どんなにがんばっても教えることはできないと考えています。


金太郎の場合は生まれて2週間ほどで決めました。
5頭兄弟のうち、どの犬にするかはブリーダーさんにおまかせしました。
ただ、我が家に来たのは一才になってからです。それまでは母親と一緒に暮していました。そのためか、兄弟のなかでいちばんのお母さんっ子で甘えん坊だったようです。


この子には2件ほどお見合いの話があるようです。
果たして私と縁があるのかはわかりませんが、もししばらくいるようであれば、また会いにいってみようと思っています。



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年09月16日

金太郎の思いを繋げるために…

昨日ご紹介した日本オラクルの社員犬“ウェンディちゃん”(2003.1.6生、享年7歳)は病気のため
2010年7月1日に他界したそうです。
謹んでウェンディちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

金太郎も7歳になる直前に他界しました。
人間だと40〜50歳。
いろんなトラブルが出てくる年代です。
犬も同じなのかも知れません。

wendy_top2_w200.jpg


アニマルプラネットでおなじみ美人ドッグトレーナー“ビクトリア”のダメダメわんちゃん大改造計画。登場するダメダメわんちゃんはOES(オールドイングリッシュシープドッグ)です。





犬にとって最大の幸福は良きボスに巡り会うこと!
もしかしたら多くの犬は、できることならば自分の飼い主を取り替えたいと思っているのかも知れません。問題行動を解決するにはまずあなたが良きボスになることだと思います。

080705_DSC_0298.jpg
2008年7月5日 佐世保市内のアーケードで


私は犬と暮したのは金太郎が初めてでした。
犬のことはもちろん、しつけの知識、経験は全くといっていいほど持ち合わせていませんでした。…にもかかわらず金太郎は誰からも認めてもらえるいい犬に育ってくれたと思っています。

なぜか!

私は犬と楽しく暮らすためにはストレスのない関係を持つことだと思っていました。これは人間社会でも同じことだと思いますが…
そのためには、まず私が金太郎から信頼されること、すなわち良きボスになることだと思っていました。いつもボスのように振舞わなければと思っていました。ただ恐怖感を与えるようなボスではあってはならないとも思っていました。
金太郎にとって最大の楽しみは私の喜ぶ姿だったと思います。


私は金太郎のおかげで犬仲間、トレーナさんはじめ多くの犬とかかわる人たちとの出会いがありました。誰よりも恵まれた環境にあります。ラジオのパーソナリティをやらせていただいていることで、犬とかかわる人たちとの新たな出会いもあります。

2代目金太郎もきっとすばらしい犬に育ってくれるはずです。

2代目金太郎すぐには無理かも知れませんが、金太郎が培ってくれた仲間たちのためにも、2代目金太郎を望む子どもたちのためにも、一日でも早く迎えたいと考えています。


金太郎の思いを繋げるためにも…



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年09月15日

2代目金太郎をさがせ!

オールドイングリッシュシープドッグ
有名犬がいました。


社員犬.jpg


数年前、テレビでも話題になった
日本オラクルの社員犬ウェンディちゃん
1代目サンディ、2代目ハイディに続いて3代目の社員犬として
2003年4月1日入社
とってもおおらかでひとなつこい性格のウェンディちゃん
今でも元気でがんばっているのかな?





近くにオールドイングリッシュシープドッグいないかなぁ〜と思っていたら、2件情報が入りました。
一頭は大村市、お友達のボズさんからの情報です。
散歩のときたまに会うそうです。

佐世保市内にもいました。
トレーナーさんからの情報で、しつけを依頼されたことがあるそうです。
もし、連絡をとっていただけるようであれば「金太郎パパ動物園」にゲスト出演していただいてお話を聞ければと思っています。

しつけをしたことのあるトレーナーさんからも、OESについての詳しい情報を聞こうと思っています。



2008年6月27日
アーケードでかわいい女の子とふれあう金太郎です。

080627_DSC_0042.jpg


OESは穏やかな性格で順応性も高く、人の言葉をよく理解することができるそうです。人との交流を好み、子どもの面倒見もよく、見知らぬ人に対しても友好的だそうです。

金太郎の言葉に対する理解度もすごいものがありました。家庭内における日常生活では、まるで人と会話をしているような感じでした。

スタンダードプードルもそうですが、小型の愛玩犬がそのまま大きくなったと考えるべきではないそうです。攻撃的な本能も秘めているので、幼犬時からの服従訓練が必要だと思います。

被毛の手入れはスタンダードプードル以上に大変そうです。まめにブラッシングしないといけないでしょう。

夏場はヨダレが多く、口の周りを汚すそうです。この時期の口の周りの手入れもおろそかにできないようです。

大型犬で長毛種、家族として迎えるにはかなりの覚悟がいるのかもしれません。



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年09月13日

2代目金太郎はどこだ!

祖父に連れられて通っていたセインツの試合で金太郎ファンになった5歳の娘。
もう会えないちゃん…と悲しそうでした。
けど母子揃って犬が怖くて触れないのです。
(※セインツ 四国・九州アイランドリーグ“長崎セインツ”のことです。)


きょう、twitterにきたダイレクトメッセージです。


こんなメッセージをいただくととってもありがたく、涙が出るほどうれしくなります。金太郎は子どもたちの記憶の中にしっかりと残っているのだと実感できます。
金太郎の存在が予想以上に大きかったことに改めて驚かされます。


080629_DSC_0159.jpg
2008.6.29



最近2代目金太郎を待ち望む声をよく聞くようになりました。


もし2代目を迎えるとするならやっぱりスタンダードプードル。
しかもブラックのオス、名前も金太郎。

ず〜っとそう思っていましたが、最近多くの方たちから金太郎の思い出を聞くたびに、それでは金太郎に申し訳ないかなぁ〜と思うようになりました。

金太郎は金太郎

金太郎の代わりになれる犬がいるはずもないでしょう。



プロのトレーナーさんからも、できれば違った犬種がいいですよ。とアドバイスをうけていましたが、スタンダードプードル以外はとても考えられませんでした。



ところが…
ちょっと気になる犬が現れました。






そうです。

ミュージカルアニーの“サンディ”

ポチたまの“ポチ”

101にも出てきた“もふもふ犬”

オールドイングリッシュシープドッグです。
名前は銀次郎!にしようと思っています。

アニーちゃんの横にじっとたたずむサンディちゃん、そのやさしい表情や仕草は金太郎に良く似ているような気がします。


金太郎同様子どもたちのアイドルになることは間違いないと思います。
金太郎のように子どもたちに夢や希望を与えられると思います。
金太郎の思いをしっかり受け継いでくれるような気がします。

どんな子に育てればいいかしっかりイメージがわいてくるような犬です。

オールドイングリッシュシープドッグ.jpg


今のところ、母の介護のこともあり、犬を飼える環境ではありませんが、じっくり時間をかけて考えてみたいと思っています。
縁があれば、必ず出会いはあると信じています。

金太郎と出会ったときのように…


2006年2月12日
まるでオールドイングリッシュシープドッグみたいな金太郎。
頭の毛はいつもくくっていました。

P1000247K.jpg
2006.2.12



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。