information

えぼし岳高原スポーツの里(長崎県佐世保市)に
“ドッグランえぼし”オープン!

110625_DSC_0783.jpg

【登録条件】(@〜Cすべての条件が必要です。)
@飼い主が18歳以上であること。             
A蓄犬登録済みで1年以内に狂犬病予防接種を受けていること。
B予防接種(各種ワクチン)を受けていること。
C闘犬または攻撃的な犬種でないこと。

【登録時に必要なもの】
@犬鑑札 A狂犬病予防接種済証
B予防接種済みが確認できるもの
C飼い主の身分証明書
D飼い主さんといっしょに写った写真(縦32mm×横28mm)

【登録料】500円
※申し込みは、所定の登録申請書に必要事項を記入し、
ドッグラン管理事務所へ提出してください。
お問い合わせは 0956-59-9511

開場日時:水・土・日・祝日
9時〜18時(10月〜3月は17時閉場)
利用料:1日1頭300円/年間パスポート1頭3,000円



ランキングに参加しています。
初代金太郎はアジソン病と闘いながらも、
6年11ヶ月しっかり生きぬきました。
虹の橋の金太郎に応援ポチッ!忘れないで下さいね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif




2011年07月06日

金太郎にささげる歌“パートナー”発売!



僕は見た この空の向こう 君の笑顔

虹を見ながら 思いながら 今日も歩く


精一杯の愛情で、この曲を 金太郎に捧げます。 道添祐一




昨年、金太郎のためにハウステンボスの応援ソング“Re Start”でおなじみミッチー(道添祐一)が作ってくれた“パートナー”のCDが明日、七夕の日に発売されます。ミッチーファン待望のCD発売です。


もし、今夏ハウステンボスに行かれるご予定がある方は、ワールドバザールステージで行われるミッチーのライブもぜひ聴いてください。“パートナー”の生歌が聴けるかも知れません。ミッチーから金太郎のこともぜひ聞いてください。

ステージの予定はハウステンボスのHPイベントスケジュールに掲載されています。


パートナーCD_img002.jpg

CDジャケット裏.jpg

大宮幼稚園々児のみなさんにも協力していただきました。


¥500(税込み) 収益金は動物愛護のために使われます。
ぜひ、皆さんの協力をお願いします。
お求め・お問い合わせはワイワイ貿易へ 0956-25-2271



私の良きパートナーだった金太郎

080829_IMG_0567.jpg
2008.8.29 佐世保球場で 撮影:小長賢二

090510_IMG_8453.jpg
2009.5.10 佐世保球場で 撮影:小長賢二


「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年07月02日

九州へ…そして佐世保へどうぞ。

震災のため放映されたのはわずか3日間
幻のCMとなったJR九州の“九州新幹線CM”

カンヌ国際広告賞のアウトドア部門で金賞を受賞した作品です。




新八代を過ぎたところに注目してください!

愛犬家だったらきっと見逃さないでしょう。
ゴールデンレトリバーがうれしそうにジャンプしています。

久留米を過ぎたあたりの河川敷は、多分、金太郎が9ヶ月のとき初めて一緒に行った思い出の筑後川の河川敷だと思います。






九州に来るなら愛犬と一緒に!

そして、新幹線は開通していませんが金太郎の育った町“佐世保”にも是非寄ってください。
四方を海と山に囲まれたとっても素敵な町です。


ハウステンボスは犬OKの街です。
日本一の散歩コースといってもいいでしょう。


佐世保ではじめてのドッグランも8月にオープンします。
犬と泊まれる旅館やホテルも紹介してあげられます。


今、佐世保は“人と犬が共生できる町”を目指して新しい力が生まれつつあるような気がします。



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年04月29日

待望のドッグラン8月にオープン(佐世保市)

私たち愛犬家の夢だった“ドッグラン”がやっと実現します。
施設は3月末に完成、8月のオープンを待つばかりです。


110427_DSC_0565.jpg


佐世保市の情報誌“広報させぼ5月号”によると“えぼし岳高原リゾートスポーツの里”内に“ドッグランえぼし”として8月にオープン予定です。
気になる施設利用料は1頭当たり300円、年間フリーパスが1頭当たり3,000円、ほかに年間登録料(500円の予定)がいるようです。開園日及び開園時間は毎週水曜・土曜・日曜・祝日(年末年始を除く)9時〜18時(冬季は17時まで)
登録資格は当然のことですが、蓄犬登録済みであること、一年以内に狂犬病予防接種を受けていること、予防接種(各種ワクチン)を受けていることが条件となります。

多頭飼いの方、夏季の営業時間がちょっと厳しいかも知れませんが、少しずつ改善していただくよう要望していかなければと思います。


施設の概要は小型犬エリア(700u)フリーエリア(1,700u)待機エリア(130u)の3ゾーンからなり、エリア内には屋根つきの休憩所、ベンチ、水飲み場、置石、トンネルや傾斜地、築山などがあり犬が楽しめるようになっています。エリア外には洗い場、リードフックなどが設置されており、規模、設備とも西九州一のドッグランといっても過言ではないと思います。


110427_DSC_0549.jpg
ドッグラン全景 手前が小型犬エリアです。
まだ、芝生が生え揃っていませんが、オープン時には前面緑で覆われた見事なドッグランになると思います。

110427_DSC_0559.jpg
フリーエリア
ここだけで1700uあり思いっきり走り回ることができると思います。

110427_DSC_0558.jpg
休憩所

110427_DSC_0557.jpg
築山とトンネルのほか芝生を張った傾斜地もあります。

110427_DSC_0555.jpg
待機エリア



また、400台収容の無料駐車場、スポーツの里施設内には子供たちに人気のおもしろ自転車、ゴーカート、ボールプール、パークゴルフコース、ローラースケートコースなどもありお子様連れで来られても一日中楽しむことができます。土・日・祝日に限り営業されるレストランには佐世保バーガーがあり県外からこられる方には喜んでいただけると思います。

アクセスもほぼ佐世保の中心部にあり、周辺地域からは約20〜30分で行くことができます。


管理は佐世保市より管理組合に委託されますが、運営は主にボランティアの皆さんで運営されます。後日、広報させぼなどを通して募集されると思いますので、“犬にやさしい町づくり”のために少しでも力になりたいとお考えの方、ぜひ応募してください。うれしいことに愛犬同伴でもOKということになりそうです。週に一日だけでもあるいはイベントのときなどだけでもお手伝いしたいと思われる方でも結構だと思います。愛犬家に限らず運営にはいろんな分野の方の力が必要となります。ぜひボランティアスタッフの一員として力をかしてあげてください。


愛犬家の愛犬家による愛犬のための
ドッグラン

私たち愛犬家の力で、魅力あるドッグラン、日本一のドッグランに育てていきましょう。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


佐世保ではじめての本格的ドッグラン開設のきっかけとなった最年少議員・山下広大議員の議会発言内容です。

<佐世保市議会平成20年3月定例会議事録より>

山下広大議員の質問より一部抜粋

それから、スキー場の閉鎖を受けて、スポーツの里再利用計画について、市民の皆様にアンケート調査をとられたみたいですが、その結果、再利用計画及び整備時期はどうなっているか教えてください。
 利用者が少なくなっているということで提案なのですが、スポーツの里に入って右手にあるくぼ地を利用して、現在人気のある施設のドッグランを設置してはいかがでしょうか。ちなみに、ドッグランとは犬を柵で囲まれた敷地内をリード、引き綱なしで自由に走らせることができる犬の公園です。
 以上で1回目の質問を終わります。

都市整備部長の答弁より抜粋

次に、御提案いただきましたドッグランの設置につきましては、現在の社会状況といたしまして、ペットを飼う人がふえており、愛犬の運動場所、人と犬との交流を図る場所として、その需要が高くなっているということで、各都市で民間の施設のみならず、公園内の施設としても設置されている事例がふえている状況にございます。
 ドッグラン設置をとの御提案の場所につきましては、議員御承知のとおり、現在ストリートバスケット用のコートが3面設置されておりまして、年間約500件の利用をしていただいている状況でございます。
 したがいまして、仮にドッグランを設置するとなれば、このバスケット用の施設を廃止するか、あるいは別の場所に移すか、またはスポーツの里の中で別の場所にドッグランが計画できないかなど、今後検討していかなければならないと考えております。


山下広大議員の質問より抜粋

それで、ドッグランの件に移りますけれども、ペットである犬は、ここ数年の日本で完全に家族の一員という認識を持たれ、たくさんの家庭でも飼われております。犬を飼われている家庭で一番多いのは、30代、40代の家庭となっております。そして、子がいない若い夫婦、子どもが独立し2人だけの生活をなされている夫婦、さらには孤独感をなくすために飼われている高齢者もおります。
 老若男女問わずに、まさに犬は家族の一員となっております。家族の会話に犬の生活が含まれ団らんがふえる、高齢者は犬がいることで外出する機会がふえて、健康の増進につながり、小さい子どもには命の大切さを教える徳育ができる、犬を迎え入れたことにより、反抗期の高校生が口を開くようになり、登校拒否の中学生が学校に行き、勉強に励むようになり、学年でベスト5に入るようになったという話も聞きました。
 犬は意思の疎通ができ、深いきずなで飼い主でありパートナーである人間に無償の愛を与えてくれます。ドッグセラピーという言葉もあるように、犬がいることで子どもにやる気を起こさせ、命の大切さを教える徳育ができ、家族の会話がふえ、高齢者の孤独感を補い、健康増進につながる。そして、横浜の老人福祉施設におきましては、ラブラドールレトリバーを2匹飼ったところ、それまで4割もいた寝たきり患者さんが何とゼロになったという驚くような報告もされております。
 以上のことから、犬を飼う家庭、施設が今後もふえていくと思いますし、家族同様の犬のための環境整備も取り入れてほしいと考える市民もたくさんいます。佐世保にはドッグランがなく、ペットと遊びたい市民は東彼杵や長崎稲佐山、さらには有田や福岡まで足を運ばれています。市民を遠くに行かせるのではなく、地元烏帽子岳スポーツの里で遊んでもらう、ペットを連れて家族みんなで行く、しかも多額の費用がかからず、烏帽子岳スポーツの里に利用者を呼び込めると、どう考えてもよいことずくめのドッグランなんですけれども、これについての御所見をお伺いいたします。


佐世保市長の答弁より抜粋

それから、烏帽子岳スポーツの里の利用計画についてでございます。
 現在の少子高齢化社会におきまして、また、核家族が進行している社会状況の中で、ペットを飼うということは、精神的ないやしに大きな効果があると言われております。犬を飼う人が非常にふえている状況でありますが、一方、飼い主の方は外出の際に犬をリード、引き綱で拘束することを余儀なくされておりまして、自由に遊ばせることができない現状にあります。
 そのような中で、公共的なオープンスペースであります公園施設につきましては、基本的には社会的なニーズにこたえ、市民の求めるような整備を行っていくことがその存在意義につながるものではないかなと、そのように考えております。
 他都市では、公園内に設ける場合、一般の利用者との関係や利用実態などを確認する意味で、試行期間を設けて実施し、その結果を受けて本格設置をした事例や、管理運営につきましては、愛犬家の団体に御協力をいただいているという事例もございます。
 いずれにいたしましても、愛犬家の方々などの御意見を賜りながら、ドッグランの必要性や効果について判断しつつ、烏帽子岳スポーツの里の再生計画の中で検討を深めてまいりたいと考えております。


山下広大議員の質問より一部抜粋

最後のドッグランについて、1分間だけ時間がありますので、話させてもらいます。
 私は、ペットについては、いまからたくさんの可能性があると思います。将来的にこの佐世保市も、烏帽子岳、パールシー、そして、石岳動植物園をペットが自由に出入りできるようにする。そして、ペットと一緒にレストランに行ったり、カフェに行ったりできるという状況をつくる。そしてさらには、ペット専用の市営住宅をつくると。そうすることによって、ワンちゃん王国佐世保というふうに佐世保市が認知されて、市内外、県内外にアピールして観光客の誘致を図り、そして、団塊の世代の夫婦の皆様にも大量に佐世保に転入してもらうというような夢へのステップがあります。その第一弾として、まずはドッグランの建設というのをお願いしたいと思っております。


ドッグランに関するお問い合わせは佐世保市公園緑地課 電話0956-24-1111

えぼし岳高原スポーツの里のHP
http://sasebo-eboshi.com/

山下広大議員のHP&ブログ
http://kodai16.com/index.html
http://ameblo.jp/estaji16/




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年03月22日

ポンタ君!優良家庭犬に見事合格

金太郎パパお気に入りのワンちゃんで“ミックス犬のポンタくん”
優良家庭犬普及協会の「マナーハンドラーテスト」に飼い主のぽちゆみさんとともに見事合格しました。当地では多分第1号の合格ペアだと思います。

101107_DSC_0890-fed41.jpg

「マナーハンドラーテスト」は従来の「グッドシチズンテスト」の目的を活かしたまま、もっと気軽に受験することができ、今の社会に適応できるだけの最低限のマナーとしつけの向上を目指すことができる家庭犬と飼い主を対象とした認定試験です。

ポンタくんが挑戦した試験項目は全部で9項目
1から順に行い、途中で失格になるとテスト終了となり、すべてをクリアすると合格となります。
ごほうびは使うことができません。
もちろんやり直しもききません。
GCTでは号令回数の制限がありますが、マナーハンドラーテストの場合は制限がありません。褒め言葉や声かけも何度でもできます。
普段通りの状態で、キチンと飼い主さんと犬が他の方から見ても好ましい状況であるかを9項目を通して確認されます。


1. ビニール袋の提示

2. 他人に撫でてもらう

3. 3種の刺激の中でお散歩

4. 伏せ、待て(10秒)

5. お座り、待て(20秒)

6. ロングリードをつけてのおいで(呼び戻し)
 
7. 他犬とのすれ違い(2m 立ち止まらず挨拶)

8. 飼い主による足拭きとブラッシング

9. 足元で犬は伏せた状態でのリラックス(5分間)


一つひとつを見ると、そんなにむずかしい課題とも思えませんが、9項目すべてをミスなく完璧にこなすとなるとむずかしいことなのかもしれません。
まずは「マナーハンドラーテスト(9項目)」に挑戦して、難易度が上がる「グッドシチズンテスト(15項目)」の認定を目指すのもいいと思います。



詳しいことは優良家庭犬普及協会のHPをご覧ください。
http://www.cgcjp.net/


内閣府が昨年発表した「動物愛護に関する世論調査」においても、飼い主の迷惑行為への規制を指導を強めてほしいとの厳しい意見が多く、飼い主の行動やマナーのなさが指摘されています。

こうした社会の厳しい目に耐えうる最低限のマナーを身につけた、社会にとって好ましい飼い主と犬のペアを増やしていかなければ、犬にやさしい町の実現はないはずです。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年12月07日

ミッチーの“パートナー”と“まだ間にあうから”

12月6日(日)
佐世保市の松松浦公園で開催された“犬のふれあいイベント”
はじめての企画ということもあって、ちょっと心配でしたが予想以上の盛況でちょっとホッとしました。
長崎国際大学ローターアクトのみなさんご苦労様でした。

開会宣言の後のオープニングイベントはハウステンボスの応援歌“Re start”でおなじみミッチー(道添祐一)のライブです!
歌ってくれたのは、金太郎のイメージソング“パートナー”、保健所で救いを待つ犬たちのことを歌った“まだ間にあうから”他です。

101206_DSC_0016.jpg


“パートナー”
なぜかこの曲のときに限って会場にいたワンちゃんの合いの手が…
ちゃんとリズムにのってほえているのが不思議でした。
しかもそのワンちゃん…“金太郎パパ動物園”のお手伝いをしていただいているNOKKOさんの愛犬でウェスティーの“きららちゃん”だったようです。




“きららちゃん”です。

101206_DSC_0060.jpg


ミッチーの“まだ間にあうから”
この日が初お披露目でした。




一番奥のワンちゃんがはっぴぃFMのキャラクターのモデル犬となった“はっぴぃくん”と同居しているワンちゃんたちです。“はっぴぃくん”ははっぴぃFMの局長さんに保護された犬で“はっぴぃFM”のネーミングも幸せになった“はっぴぃくん”にちなんでつけられました。

101206_DSC_0042.jpg


警察犬のデモンストレーション

101206_DSC_0050.jpg


犬のファッションショーにエントリーしてくださったみなさん。

101206_DSC_0104.jpg


金太郎がいなかったのはとっても残念でしたが、金太郎が元気だったころの写真を展示させていただきました。

101206_DSC_0108.jpg


イベント会場となった松浦公園はアーケード沿いにあり、金太郎とよく休憩をしたり、子供たちと遊んだり、用を済ませたりしていた公園でとってもなつかしい場所です。きっと金太郎も公園の空の上から見ていてくれたかもしれません。


今回のイベントをきっかけに、犬への理解と関心をより深め、私たちの町“佐世保”が日本一犬にやさしい町になることを願っています。



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年12月04日

金太郎に会いに来てください。

あす佐世保市松浦公園で開催される「犬のふれあいイベント」に金太郎の写真を展示させていただきます。アーケードや球場で撮ったこどもたちと金太郎の写真を中心に45点ほどです。
今日一日かけてプリントしました。時間と経費の関係でほんの一部ですが、元気だったころの金太郎をぜひ見ていただきたいと思います。

また当日は金太郎のお友達でハウステンボスのCMソングでおなじみミッチーが金太郎のイメージソング「パートナー」を披露してくれます。ミッチーのライブは11時半から正午までです。遅れないように来て下さいね。

101204_DSC_0994.jpg

佐世保ロータリークラブ創立60周年記念事業
犬のふれあいイベント
日時:12月5日(日)11:00〜15:00
   (雨天時は12月12日順延)
場所:佐世保市松浦公園(サンプラザアーケード通り沿い)
主催:長崎国際大学ローターアクトクラブ


駐車場は名切公園通りは日曜・祭日に限り無料です。但しちょっと早目に来ないと空いてないかも知れません。昼食も佐世保バーガーやうどんの出店などがあります。ぜひワンちゃん連れお越しください。






「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年12月03日

ミッチー(道添祐一)からのメッセージ

100807_DSC_0755.jpg
はっぴぃFM3周年企画“はちななさんで爽快LIVE”で“パートナー”を歌うミッチー


12月5日(日)佐世保の松浦公園にて
開催される犬のふれあいイベント!

この日、僕はとても大切なメッセージ がこもった愛の歌を初披露します。

つたない演奏ではありますが、この曲に出会って完成度よりも言葉をメロディーにのせて歌うことが大事だなって思いました。

「まだ間にあうから」
http://ameblo.jp/takt-dogcat

ペットに興味があられる方や 犬を飼ってらっしゃる方はぜひお越しください! 大切なものを再発見できると思うので。

道添祐一(Michizoe BLOGより)
http://www.michizoe.info/





「まだ間にあうから」を作曲された松尾由佳さんとミッチーです。

101115_DSC_0946.jpg


道添祐一(ミッチー)ライブは11時30分から12時までです。

ミッチーが歌う「まだ間にあうから〜小さな命を救って下さい〜」はきっとみなさまの胸をうつはずです。ぜひ、あなたの愛犬と一緒に聴いてください。


私にとって金太郎は最高のパートナーでした。
そんな金太郎のためにミッチーが作ってくれた「パートナー」も歌ってくれます。軽快なテンポの大変いい曲です。

100702_DSC_0381.jpg


「まだ間にあうから」…
保健所に収容され処分の日を待つ犬や猫たち
この歌はそんな犬や猫たちを救ってあげたいと願う保護活動家・田中秀子さん(作詞)とドイツ在住の作曲家・松尾由佳(作曲)の出会いから誕生しました。

o0150006010794872552.jpg

CDの収益金は犬や猫を救うために使われます。もし、協力していただける方がいらっしゃったらこちらからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8554a3b3124879



posted by 金太郎パパ at 08:56| 長崎 ☔| Comment(0) | 犬にやさしい町づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

犬好きさん集まれ!

佐世保市及びその近郊にお住まいの愛犬家の皆様にお知らせです。来る12月5日(日)佐世保市で“犬のふれあいイベント”が開催されます。ぜひ、自慢の愛犬を伴って楽しい一日を過ごしてみませんか?


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
佐世保ロータリークラブ創立60周年記念事業
松浦公園犬のふれあいイベント
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

みんなの暮らしを守る警察犬がやってくるよ!
大仁田厚さんの愛犬クロスファイヤーがやってくるよ!


日時:12日(日)11:00〜15:00
   (雨天時は12月12日順延)
場所:佐世保市松浦公園(サンプラザアーケード通り沿い)

主催:長崎国際大学ローターアクトクラブ
協力:佐世保ロータリークラブ・皆M佐世保・樺キ崎新聞
    虚ト倉鮮魚店・汲スて石・ログキット・アニコム損害保険
    長崎わんわんレスキュー・the Beach Dog

101205_EPSON001.jpg


★警察犬デモンストレーション
2009年度長崎県警捜索出動回数第一位!
県内唯一の警察犬協会公認訓練士・松尾晴美さんと警察犬「グレース」のデモンストレーション。

★道添祐一(ミッチー)LIVE
ハウステンボスの応援歌・HISのCMソング「RE☆START」を歌う道添祐一さんに佐世保のアイドル犬“金太郎”のイメージソング「パートナー」と動物愛護活動家・田中秀子さん作詞、ドイツ在住の作曲家・松尾由佳さん作曲の「まだ間にあうから〜小さな命を救って下さい。〜」などを歌っていただきます。
 
★しつけ相談教室
★待て対決
★犬のファッションショー
★ふれあい広場
★犬の健康診断
★チャリティーバザール
★犬の譲渡会
★○×クイズ


佐世保バーガー、九十九島かき焼きなどの
出店もありますよ!



081220_DSC_0827.jpg
2008.12.20 サンプラザアーケード街で

アーケードや球場で撮った
金太郎とこどもたちの写真も展示する予定です。
お楽しみに!!



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月23日

犬と歩く

 金太郎は約半年はブリーダーさんのところで十数頭の犬たちと過ごし、その後の半年は金太郎の母親の実家で暮していました。
一年間は母親と一緒に暮していたことになります。
今考えると、そのことが金太郎にとってとってもよかったのではと思っています。穏やかな母親の性格をしっかり受け継いでいたような気がします。


 ただ、金太郎はよく言われるところの幼少期における社会化期訓練はほとんどなされていませんでした。フェンスで囲まれた遊び場で走り回ることはあっても、散歩らしい散歩はほとんどしていなかった思います。
外の世界のことはほとんどといっていいほど知らなかったはずです。いわば塀の中の生活だったと思います。


 金太郎の社会化期訓練は私のところに来てから、それも一年余の闘病後、3才を過ぎた頃からです。一般的に言えば手遅れかもと言われる年齢からでした。
私は、犬を飼うのは金太郎がはじめて、社会化期訓練の重要性など知る由もありませんでした。


 金太郎と一緒に暮せるのはそう長くはないかも知れない。
仕事も忙しいなか、私はできるだけ金太郎との時間を持つように務めました。打ち合わせが夜になったときなどは一緒に連れて行くこともありました。
散歩もほとんど深夜とか早朝、暗闇の中を一日2時間以上は街のあちこちを歩き回りました。
そのうちに、アーケードの散歩にも挑戦、街の人たちともふれあうようになり、ちょっと遅すぎたかもしれない社会化期訓練を知らず知らずのうちにやっていました。


DSC_0549_080206_.jpg
2008年2月6日 佐世保市内のアーケード街で


 アーケードの散歩は金太郎にとって理想的なしつけの場でもあったような気がします。

大勢の中で落ちつかせること…
人を信頼させること…
そして何よりも私をリーダーと認めさせること…

金太郎はアーケードでどのように振舞えばいいのか良くわかっていたような気がします。
もちろん、マナーも完璧でした。
アーケード内ではマーキング(5ヶ月目に去勢していたのでもともとしていませんでしたが。)、排泄は絶対しませんでした。

排泄については、金太郎はほとんどといっていいほど、自分勝手にはさせていませんでした。
いつも飼い主である私のコントロール下でさせていました。
金太郎はベースボールドッグとして野球場への入場を許可されていました。排泄のしつけは必須となります。
ちゃんとコントロールできないと入場は許可してもらえなかったでしょう。

よくアーケードでところかまわずマーキングや排泄をする犬を見かけますが、トイレトレーニングは必ずできるはずです。もともと犬は舗装面で排泄することを好まない習性があるそうですから…


DSC_0408_071213.jpg
2007年12月13日 佐世保市内のアーケード街で


 散歩中の犬と飼い主さんを観察すると、感心できるような散歩をしている飼い主さんはほとんど見かけません。
犬に引きずられて歩いている飼い主さんがほとんどです。
中には地面や木々などをしつこく嗅いだり、マーキングをするのをじっと待っている人もいます。ロングリードや伸縮式のリードで犬を自由に歩かせている人もいます。
犬は決してそういうことを望んではいません。できることなら、信頼できるリーダーのもとで安心して歩きたいと願っているはずです。

余談ですがハンドラーさんからきいた首輪のかけ方
頭が自由に動かないようにできるだけ顎に近いところに首輪をかけます。特に大型犬や問題犬をコントロールする場合は効果があるようです。
首の深いところだと頭が自由に動きほとんどコントロールができないはずです。たとえば引っ張り癖のある犬はたいていそのような状態になっているはずです。
引っ張り返してもさらに引っ張られるだけだと思います。
そういえば、馬はそうですね。頭をコントロールすることによって自由に操っていますね。


DSC_0417_071213.jpg
2007年12月13日 佐世保市内のアーケード街で


散歩すなわち歩くことは犬にとって野性の頃からの生きていくための大切な活動のひとつで、生まれたときからその脳に組み込まれているそうです。

散歩には次の3つの目的があります。

@飼主(群れのリーダー)が犬と絆を結びリーダーシップを示すため
A運動
B情報収集


金太郎と私の絆は散歩によって培われたと思います。
散歩は金太郎だけではなく私自身にもあたらしい発見や出会いを与えてくれました。

正しい散歩を実践することで、あなたとあなたの愛犬との関係は理想的なものになり、犬とくらすことの楽しさが倍増することは間違いないと思います。


DSC_0223_080421.jpg
2008年4月21日 佐世保市内のアーケード街で


もうひとつドッグランのことも感じたことを書いてみたいと思います。

金太郎がいない今でもよくドッグランに行きます。
犬や飼い主さんを観察していると金太郎がいるときには気づかなかったことがよくわかるようになりました。


P1030453K.jpg
2007年1月20日 ドッグランデビュー ちょっと不安そうな金太郎


よく、散歩の代わりにドッグランに行く飼い主さんがいますが
前に記した、散歩の目的からもわかるように決して、散歩の代わりにはならないと思っていいと思います。

こんな経験ありませんか?
あなたの犬はお出かけするときどこに向かっているのかわかっているのではと思うときがありませんか。
確かにそんなことがありますよね。犬はその嗅覚と周りの風景でどこに向かっているのかを理解できるようです。
たとえばよく行くドッグランに向かったとします。
あなたの犬はドッグランに近づくと立ち上がって興奮することはありませんか。
金太郎もそういうときがありました。多分嬉しいんだろうなぁ〜と思っていましたが、どうもそうばかりとはいえないようです。


P1030461K.jpg
2007年1月20日 ドッグランデビュー


ドッグランは安全に犬が社会性を身につける場所かも知れませんが、必ずしも心地のいい場所とはいえません。
そこには、はじめて会う犬…その場所を牛耳っている犬…相性の悪い犬…精神的に不安定な犬や攻撃的な犬がいるかも知れません。

人間だってそうですが、あなたの犬はそんな犬との出会いを望んでいないはずです。
もしかしたら、不安で仕方がない犬だっているはずです。

もちろんドッグランが楽しいと思っている犬もいるかも知れませんが
ただそれだけです。それ以上のものは期待できないと思います。

ドッグランに行くときは事前に散歩をするなど、充分に落ちつかせてから行くべきなのかも知れません。

さらにたちの悪い飼い主さんもいらっしゃいます。
犬をほったらかしにする飼い主さんです。
安全な場所だからといって、目を離したらいけないと思います。
あなたの犬の行動をしっかり監視し指示し、リーダーとしての責任を果たさなければなりません。
あなたの犬の安全を守るためにも、他の犬の気性や行動も観察しなければいけないでしょう。
できれば、一緒に遊んであげるべきです。
ドッグランは飼い主の息抜きの場所ではないのですから…。

毎日ドッグランで自由に遊ばせている犬ほど、わがままでコントロールの効かない自由奔放な犬が多いような気がします。


P1030470K.jpg
2007年1月20日 ドッグランデビューのとき
「金太郎パパ動物園」のお手伝いをしていただいているNOKKOさんの愛犬“あんりちゃん”と“きららちゃん”にもこのときはじめて会いました。NOKKOさんの第一印象…美人だけど厳しそう!



金太郎のドッグランデビューは4才半のとき、比較的遅い時期でした。

金太郎はドッグランにおいても実に穏やかで、決して興奮することはありませんでした。
いつも私の様子を伺いながら、一見マイペースに見えるかのようにドッグランを楽しんでいたような気がします。
ただ金太郎は犬たちとふれあうよりも飼い主さんとふれあうことが好きだったようです。

それは私自身が、人間社会で共生していく犬にとって、犬たちとのかかわりよりも圧倒的に人とのかかわりが多いと思っていたことによると思います。
犬は紛れもなく人間社会で生きていかなければならないのです。


金太郎はいつも人の中にいました。

それはアーケードだったり…
球場だったり…
あるいは老人ホームだったり…
幼稚園だったり…
イベントの会場だったり…


ひとつだけとっても残念なことがあります。
私は、犬のしつけなどについてアドバイスできるような知識も経験も持ち合わせていませんが、球場での私と金太郎のかかわり方をぜひ見てほしかったということです。金太郎はそのために訓練されていたわけではありません。広島カープの“ミッキーくん”のようなスーパードッグではありませんでしたが、無心にしかも誇らしげにボールを運ぶ金太郎を見ていただけたら、犬と人が楽しむためのヒントのようなものをわかっていただけたのではないかと思っていました。

そしてそれが、“犬にやさしい町”の実現への足がかりになるとも思っていました。



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年09月03日

今でも生きている金太郎!

 金太郎が虹の橋に旅立って一年一ヶ月、金太郎の一周忌を済ませたら2代目金太郎を迎えたいと考えていましたが、2代目金太郎との出会いはなかなかありません。今では犬のいない生活にすっかり慣れてしまい、金太郎と過ごした6年間が本当に現実の出来事だったのかと感じている今日この頃です。

 金太郎との生活を記録にとどめたいと思ってはじめた「金太郎大好き」もこの秋で丸4年になります。その間多くの方にご訪問いただき、金太郎の活躍を応援していただきました。
今でも、街を歩くと声をかけていただきます。
先日も、3年ほど前金太郎君に会って元気をもらいました。とっても感謝していますと声をかけていただきました。


100731_DSC_0612.jpg


 7月31日(土)長崎かきどまり球場、一年ぶりの長崎です。
金太郎最後のベースボールドッグは昨年の7月25日、長崎ビッグNスタジアムでした。金太郎が虹の橋へ旅立つ2日前でした。
できれば、同じ球場に行って金太郎と一緒に応援したいと思っていましたが、それもかないませんでした。でも金太郎はきっと、かきどまり球場にもきてくれたと思っています。

 金太郎はどこよりも球場が大好きでした。誇らしげにボールを運ぶ姿、金太郎はいつも私に「パパ、球場って楽しいね。」といっているように感じていました。ドッグランに行ってもなかなか走らない金太郎、4回表後に行われるベースランニング(金太郎ランニング)では、子どもたちと一緒に楽しそうに走っていました。スタンドに入るとお客様一人一人に愛嬌をふりまきながら挨拶してまわっていました。
お友達(犬)と遊ぶよりも人と遊ぶのが大好きだったのかも知れません。


 金太郎ほど人間社会に溶け込んでいた犬はめったにいないのではと思います。金太郎は芸ができるスーパードッグではありませんでしたが、本当に物分りのいい犬でした。
もし、金太郎が今でも元気でいてくれれば、犬と暮すことの楽しさをもっともっと多くの方にお伝えすることができたのにと思うと残念でなりませんが、いま金太郎が住んでいた佐世保では少しずつですが、金太郎と私のそんな思いがかたちになってきているような気がします。

 ハウステンボスのペット入場解禁!犬の年間パスカードや無料ドッグランもできました。来年には市が管理するドッグランも開設されます。
プードル、ジャックラッセルテリア、フレンチブルドッグ、ミニチュアダックス、チワワなどのクラブができ、それぞれのオフ会が定期的に開催されています。
犬の社会化、マナーアップのためのわんわんウォーキングも毎月開かれています。
また商店街では、動物愛護週間の一環として動物愛護のイベントの開催、12月には大学生のサークルの主催でドッグコンテストやしつけ教室も企画されています。
ボランティアのみなさんと行政が協働して行っている地域猫活動も本格的になってくるでしょう。


 金太郎が残してくれたラジオ番組「金太郎パパ動物園」も出演していただいたゲストの皆様のお力もあって、少しずつ少しずつ育っていっているような気がします。肝心の金太郎パパはいつもカミカミでまったく上達しませんが…。

番組のおかげで本当に多くのすばらしい方たちと出会いました。
番組のおかげでいのちのつながりの大切さを身にしみて知りました。
そして私たち人間は、それぞれのいのちのひとつひとつに支えられて生きていることも…
それを伝えていくのが番組の…私の使命だと思っています。


金太郎は今でも生きている。
私の…そして皆様の胸の中に…。

posted by 金太郎パパ at 09:08| 長崎 ☁| Comment(7) | 犬にやさしい町づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

ハウステンボスに無料ドッグランオープン!

100516_DSC_0332.jpg


2010年9月1日(水)スタート!

ワンちゃんの年間パスカード
ドッグファミリエスタート!新規会員募集
ワンちゃん専用ファミリエ会員を9/1より募集
入会者に限定でハウステンボスオリジナルグッズプレゼント。
年会費:3,000円/1頭当り

無料ドッグランオープン
9/1には場内に待望のドッグランもオープンします。
ワンちゃんはリードなしで思いっきり楽しめます。
場所:アートガーデン
料金:無料



posted by 金太郎パパ at 21:30| 長崎 ☁| Comment(8) | 犬にやさしい町づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

小さくても大切な命







佐世保市(長崎県)で
映画「犬と猫と人間と」自主上映会

並びに製作監督飯田基晴氏の講演会


 一人の猫好きのおばあさんの「不幸な犬猫を減らしたい」という思いから、この映画は生まれました。そして、犬と猫をめぐる旅が始まります。完成までに4年が費やされました。監督は、ドキュメンタリー映画「あしがらさん」で路上に生きる人々に寄り添った飯田基晴。犬と猫が歩くような低い視点から、人と犬猫の関係をしっかり見つめます。

「犬と猫と人間」からは、知らざれる多くの現実の先に、「かわいそう」という感傷を乗り越える、ささやかな希望がみえてくるはずです。

オフィシャルサイトより抜粋


top_01-0ec46.jpg

8月28日(土)
昼の部13時〜上映開始 15時〜講演会開始

夜の部18時〜上映開始 20時〜講演会開始
それぞれ上映開始30分前から開場・受付開始します

場所:アルカスSASEBO1階イベントホール(最大350席)
住所:佐世保市三浦町2−3
主催:させぼ地域猫の会

入場料:前売券/大人1,000円(当日券1,200円)中学生以下800円



9月19日(日)
大村市(長崎県)でも開催されます。


時間:12:00開場 13:00開演
場所:大村コミュニティーセンター 第3会議室
入場料:一律500円

【チケット取扱店】
大村浜屋(友の会コーナー)・まちかど研究室・PAU PAU

主催:長崎わんわんレスキュー・長崎猫の会.・the Beach Dog
後援:PLUTO(プルート)・大村市教育委員会 FMおおむら 長崎県県央保健所
協賛:オクト・パルス株式会社・ Mountain Dog・常明園



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年08月13日

きな子〜見習い警察犬物語〜

あす8月14日(土)から全国公開される『きな子〜見習い警察犬物語〜』に出演されている浅田美代子さん。

収容施設から保護犬アヴィちゃんを家族として迎えられ、現在は保護犬親善大使として浅田美代子さんと一緒に活躍しているそうです。浅田美代子さんは動物愛護推進活動にも積極的に取り組まれています。また動物にやさしい社会を目指し、署名を集めるなど動物愛護法を改正する活動にも力を注がれているそうです。





見習い警察犬と、見習い訓練士の実話から生まれた映画
『きな子〜見習い警察犬物語〜』
あす8月14日(土)より全国ロードショー





「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年08月12日

犬管理所

犬管理所

ここにいくと誰もが目を覆うはずです。
胸を痛めるはずです。
後、数日の命かも知れない犬たちが、助けを求めて泣きわめいています。もはやこれまでと、静かに一点を見つめている犬もいます。犬舎内をせわしく歩き回っている犬もいます。

適切な管理がなされていなかったための迷い犬、引越し・問題犬など飼い主の事情による飼育放棄、理由はさまざまですが、そのほとんどが私たち人間の一方的な理由によるものです。

殺処分ゼロを目指して、全国の自治体や動物愛護団体、ボランティアグループが日夜努力なされていますが、解決の糸口を見出せないのが事実のようです。

なぜなのか?

まず、第一に考えられるのが需要と供給のバランスが取れていないことです。犬や猫を飼いたいと思っている人に対して圧倒的に供給源が多いということです。またブリーダーや飼い主のモラルの欠如もあります。これらのことを解決するには私たち個人の力だけでは無理でしょう。生体の展示販売禁止、飼養する為の条件、飼い主の教育など法整備が必要だと思います。また、犬と楽しく暮らすための環境整備、収容犬・老犬などが終生幸福に暮らすための福祉や医療も考えられるべきだと思います。


7月26日(月)

初めて犬管理所の見学に行ってきました。
子どもたちが夏休みの宿題に犬管理所をリポートするというので同行しました。
収容中のワンちゃんは4頭
高齢犬2頭、迷い犬と思われる2頭です。
(その後、3頭は飼い主さんが見つかたようです。)

100726_DSC_0531.jpg


施設はかなり古いものでしたが、衛生面は大変行き届いているように感じました。犬臭もそれほど気になりませんでした。

子どもたちの感想も「もっとひどいと思った。」

確かに、管理所の雰囲気もボランティアさんの努力もあり譲渡率も上がり以前より明るくなったようだということでした。


100726_DSC_0535.jpg


当佐世保市でも新しい愛護センター建設の予定があるようですが、不況の煽りで実現までまだまだ時間がかかるようです。

100726_DSC_0537.jpg


いまや犬や猫のペットは完全に人間社会の枠組みのなかで生活しています。私たち人間社会で生きていくための社会的仕組みとルールが必要だと思います。
特に犬は飼い主と一緒に旅行に行ったり、食事をしたり、ショッピングをしたり、散歩をしたり、あるいは盲導犬や聴導犬などの介護犬、警察犬や救助犬、猟犬、牧羊犬など職業犬として働く犬もいます。最近ではセラピードッグ、癌の発見をする犬など医療や教育の分野でも活躍しています。
家庭のなかにおいても家族の一員としてその存在は大きいはずです。


犬は私たち人類のすばらしい友です。
一日も早く、全ての犬が終生幸福に暮らせる日が来ることを願っています。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年08月07日

マイクロチップのすすめ

夏は花火の季節

毎年、花火の音に驚いて逃走、迷い犬になり帰ってこなくなった犬の話を良く聞きます。中には捕獲され不幸にも殺処分されてしまった犬もいるはずです。犬がいなくなったら保健所や警察に届けることはもちろんのことですが、殺処分を未然に防ぐためにも鑑札、連絡先を記した迷子札マイクロチップなどを装着することです。
ただ、迷子札などは完璧とはいえません。収容されても処分される事例もあるようです。
マイクロチップは装着忘れや脱着もなく安心です。
飼い主が特定でき、誤って殺処分されることはまずないでしょう。

私たち飼い主が、愛犬のためにできること
マイクロチップの普及はそのひとつだと思います。


100726_DSC_0541.jpg


佐世保市犬管理所に常備されている
マイクロチップリーダーです。
残念ながら、いままでマイクロチップを装着していたため助かった犬はいないそうです。


★アイマックス(I MAX)
・高性能で軽量(360g)使い易い、マイクロチップリーダです。
・バックライト付きで見やすいディスプレイ。
・FDX-B(ISO11784・11785)他、FDX-A(FECAVA)も読取可能。
・読取距離約12cm(埋め込み前の単体アイディールチップの場合)
・専用インターフェイスケーブルでPCに情報出力可能(データストック機能は無し)

対応マイクロチップ:FDX-B(ISO11784/11785) FDX-A(FECAVA)
読取距離:約120mm(埋め込み前の単体アイディールチップ)
構成:本体、電池、説明書、専用のケース入り
寸法:300×124×44
質量:約360g
付属機能:表示バックライト付き、データ出力端子
電源:006P 9V 電池
別売:データ出力用専用ケーブル


ツシマヤマネコの感染防止へ飼い猫管理条例(対馬市)

長崎県対馬市では、絶滅が懸念される国の天然記念物ツシマヤマネコが住民の飼い猫を通じて感染症にかかるのを防ぐため、飼い猫の管理を厳しくし、飼い主に対し、マイクロチップの埋め込みや不妊・去勢手術(屋外に放し飼いする場合)などを義務づけた「市ネコ適正飼養条例」が7月1日から施行されました。


佐世保市においても、犬の鑑札登録制度に替えて、マイクロチップによる登録、犬だけではなく対馬市のように猫もマイクロチップによる登録を義務化するよう行政に働きかけなければならないと考えています。
posted by 金太郎パパ at 10:26| 長崎 ☁| Comment(1) | 犬にやさしい町づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

わんわんウォーキングinハウステンボス

7月3日(土)
雨のハウステンボスで行われたthe Beach Dog主催
2回目のわんわんウォーキングがKTNテレビ長崎のローカルニュースで紹介されました。


ご存知のようにハウステンボスはH.I.Sによって経営が引き継がれ、再建に向けて再スタート、それを機に念願だった犬の入場が突然OK!となり、愛犬家たちを驚かせました。


私たち愛犬家にとって、これからのハウステンボスかなり期待できるかも知れません。ドッグラン、ドッグカフェ、ペットショップも是非開設してほしいと思ってます。全国的な犬のイベントも開催されるようになるかも知れません。地元の人たちもオフ会などに利用するようになるでしょう。

ハステンボスが犬にやさしい町の象徴といわれるようになってほしいと思っています。そのためにも私たち愛犬家はマナーに対する意識を高める必要があるでしょう。


100703_DSC_0580.jpg

100703_DSC_0587.jpg

ハウステンボスの町を歩く愛犬家のみなさんです。
町を流れる運河、草花や樹木、照り返しの少ない石畳など
多分、日本一犬にやさしい散歩コースかも知れません。

100703_DSC_0590.jpg


はっぴぃ!FM「金太郎パパ動物園」にもゲスト出演
ウィペット・スパーキー家のえりちゃんです。

100703_DSC_0592.jpg

100703_DSC_0594.jpg

100703_DSC_0596.jpg

ハウステンボスを自然な町として演出するのは、私たち地元の住民です。ハウステンボスが特別な場所ではなく、ごく自然に私たちの生活の中に溶け込むようになればいいと思います。テラス席で犬と一緒に食事を楽しむ人、犬と一緒に町を散歩する人、そんな光景を見るときっとやすらぎを感じるはずです。




the Beach Dog主催
第3回目のわんわんウォーキング
夏にぴったりの企画となりました。
3年前金太郎と一緒に体験したシーカヤックです。
思ったほど難しくありません。ぜひ、挑戦してみてください。
コースは鹿子前シーカヤックセンター(SASUPA前)から2km先の無人島までの往復です。

協力していただくのは、アウトドアショップ・フリーダム(佐世保市)
社長さんご夫妻は金太郎の大ファンでとってもかわいがっていただきました。

詳しくはthe Beach Dog

P1050315K.jpg



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年05月12日

ペット連れでハウステンボスに行こう。

本日の長崎新聞です。
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20100512/03.shtml

ペット連れでハウステンボスに行こう。


ペットチケット ※2010年5月15日(土)から
ペット同伴で場内を散策出来ます。
入場料 500円/頭 (年間パスポート会員 300円/頭)
http://www.huistenbosch.co.jp/access/ticket/index.html#pet


5月15日(土)より
施設や店舗、乗物を除く園内全域が解禁されます。
食事はテラス席を利用することができます。


飼い主の皆さん
これを契機にマナーをしっかり守るようにしてください。

トイレのマナーは大丈夫ですか?
マーキングはしませんか?
他の犬にほえたりしませんか?
人に危害を与えたりしませんか?
ウンチの放置はいけません。
芝生内のおしっこもだめだと思います。
もちろんノーリードもいけません。

ロングリードも危険です。
ハウステンボス内は車や自転車も走っています。
ロングリードだと自転車の前などに飛び出して、リードがからみ事故になることも考えられます。
ロングリードは簡単に伸びますが、引き戻すのが大変です。
伸び縮みのするリードは犬に主導権を与えるだけで、いいことはないと思います。


KIN0014.jpg
2007.11.24
初めて金太郎とハウステンボスに行ったとき。もちろん中には入れませんでした。



もしかしたら、これがきっかけ!
http://stanpookintaro.seesaa.net/article/142090265.html


15日はみんなをリードして颯爽と園内を歩く金太郎を見れないのが、とても残念です。


いよいよ、金太郎が住んでいた町「佐世保」が
犬にやさしい町に…


全国の愛犬家のみなさん
愛犬と一緒に佐世保の町へいかがですか?
ペットと泊まれるホテルや旅館も紹介してあげられますよ。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。