information

えぼし岳高原スポーツの里(長崎県佐世保市)に
“ドッグランえぼし”オープン!

110625_DSC_0783.jpg

【登録条件】(@〜Cすべての条件が必要です。)
@飼い主が18歳以上であること。             
A蓄犬登録済みで1年以内に狂犬病予防接種を受けていること。
B予防接種(各種ワクチン)を受けていること。
C闘犬または攻撃的な犬種でないこと。

【登録時に必要なもの】
@犬鑑札 A狂犬病予防接種済証
B予防接種済みが確認できるもの
C飼い主の身分証明書
D飼い主さんといっしょに写った写真(縦32mm×横28mm)

【登録料】500円
※申し込みは、所定の登録申請書に必要事項を記入し、
ドッグラン管理事務所へ提出してください。
お問い合わせは 0956-59-9511

開場日時:水・土・日・祝日
9時〜18時(10月〜3月は17時閉場)
利用料:1日1頭300円/年間パスポート1頭3,000円



ランキングに参加しています。
初代金太郎はアジソン病と闘いながらも、
6年11ヶ月しっかり生きぬきました。
虹の橋の金太郎に応援ポチッ!忘れないで下さいね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif




2008年01月31日

福岡夜間救急動物病院

DSC_0186_080125.jpg

昨日、金太郎のお友達「サクラくん」のパパ(ボズさん)から、お友達のジュディちゃん(アイリッシュセター)が急死したとの連絡がありました。昨年のセーラちゃん(ボクサー)と同じ胃捻転だったそうです。

胃捻転は中年の特に胸の深いセッター、ボクサー、シェパードなどの大型犬に多く見られる病気だそうです。(ただし、若くても発症しないというワケではないので、若くても要注意です。)
突然発症し、胃がねじれることからショック状態に陥り、そのまま放置すると数時間で死亡してしまうというこわい病気です。

胃捻転は何かのはずみで胃がねじれてしまい、胃や血管が閉塞してしまうという病気で、食後に激しい運動をしたり、食事や水を過剰にとってしまった場合や様々なストレスも胃捻転を起こす原因ともなるようです。

昨年のセーラちゃんは夜間に発症したために緊急の処置ができずに、虹の橋へ行ってしまいました。あちこちの動物病院をあたっているうちに手遅れになり命を落としてしまったのです。

こんな場合はどうしたらいいでしょうか?
地元の病院を当たってもなかなか対応してくれる病院はないと思います。仮に対応してくれても、手術の準備などをしているうちに手遅れになるかもしれません。
かかりつけの病院があっても先生と連絡が取れなかったりと安心できません。

そこで福岡近辺の方で、今回の胃捻転、交通事故など緊急を要する場合は、「福岡夜間救急動物病院」を利用されるといいと思います。
夜9時から翌朝7時まで、専任の獣医師5名、動物看護士6名の方が常駐され、直ちに手術できる状態だそうです。アクセスも国道3号線に面し、福岡都市高速月隈インター、金の隈インターより5分の距離だそうです。

一度、暇なときに、道順、場所などを確認しておくとあわてなくて済むと思います。スタッフには佐世保で仕事をなさっていた獣医師さんもいらっしゃるということです。携帯に電話番号を入れておくといいと思います。


金太郎もかかりやすい犬種だと思います。年齢も5才半と注意しなくちゃいけない年齢です。食後の散歩や激しい運動は控え、食事も3回に分け、ドライフードはできるだけふやかして与えようかと思ってます。


●胃捻転についての詳しい情報は→こちら
●福岡夜間救急動物病院のホームページは→こちら





posted by 金太郎パパ at 10:39| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長崎にあるよ。

年中無休の動物病院。

もちろん、福岡の夜間動物病院とは違うから、100%時間外診療するかは??だけど。

特に休診日を設けてなくて、時間外診療をやってくれる動物病院。

http://www.minami-inuneko.co.jp/

諫早市だから、佐世保周辺からだと遠いかどうかは??だけど。

まぁー、のぞいてみてよ。

ここは、金ちゃんやお友達で、獣医師さんを口説いて、長崎にも夜間病院をつくってもらったら?

それか、いきつけの獣医さんと友達になって、ホットラインを教えてもらっとくとか。
Posted by 海渡 at 2008年01月31日 14:07
ジュディに会ってきました(/_;)
お顔は、眠ってるみたいでした!
沢山の沢山の お花に囲まれ、横になってたジュディ!
まだ、ピンときません


胃捻転を発症した時の 応急処置は、知識としては、知ってますが!はたして、その時に、胃捻転だと、気づき 判断出来るかといえば……なかなか、難しいですよね!
やはり、24時間対応の救急病院が、欲しいですね!
Posted by 黄色いパンダ at 2008年01月31日 22:55
●海渡パパさんへ

情報ありがとうございます。
福岡夜間救急動物病院の情報は
金太郎かかりつけの先生からです。
結果的にはベストな判断になるでしょうと
言うことでした。

金太郎の場合→かかりつけの先生へTEL
→症状を連絡→緊急を要し先生が不在の場合
→福岡へ走る

先般先生に相談したときの緊急マニュアルです。

長崎県内の情報も集めてみたいと思います。
Posted by 金太郎パパ at 2008年02月01日 06:40
●黄色いパンダさんへ

胃捻転は時間との勝負!
それだけに日頃から予防、症状、応急処置などの知識、
夜間に発症したときどうするかなどの
心構えが必要ですね。
Posted by 金太郎パパ at 2008年02月01日 20:06
お友達のジュディちゃん 可愛そうでしたね。。
もしも?の事考えたら、そぅですょね”
福岡の夜間救急動物病院は、安心です
長崎の病院からみえた?先生はH先生ですょね。
ふくの出産では、この先生にお世話になりました^−^*
とっても優しい先生で、分かりやすく説明していただき感謝しています。
日曜日の出産だった為”ふくの破水から時間がかかった為、福岡まで高速飛ばしました。
でも、正解でしたょ。
金額も、夜間で少しは高いけど、安心できるから^^
行きつけの先生宛のお手紙(御待史も!)処置・治療内容・診断所見など・・
クライアントへの説明内容まで指示内容を書面でいただけます。
診察費計算書も それは! 詳しいです☆
スタッフの方が何より親切がいいですょね。

↓金太郎君とさすけ君パパさんの写真
とっても♪素敵ですねー♪
Posted by ふく母 at 2008年02月02日 15:36
●ふく母さんへ

情報ありがとうございます。
人間だってたらい回しにされて
命を落とす時代です。
日頃から、そんなときのための心構え
必要ですね。
Posted by 金太郎パパ at 2008年02月03日 07:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。