information

えぼし岳高原スポーツの里(長崎県佐世保市)に
“ドッグランえぼし”オープン!

110625_DSC_0783.jpg

【登録条件】(@〜Cすべての条件が必要です。)
@飼い主が18歳以上であること。             
A蓄犬登録済みで1年以内に狂犬病予防接種を受けていること。
B予防接種(各種ワクチン)を受けていること。
C闘犬または攻撃的な犬種でないこと。

【登録時に必要なもの】
@犬鑑札 A狂犬病予防接種済証
B予防接種済みが確認できるもの
C飼い主の身分証明書
D飼い主さんといっしょに写った写真(縦32mm×横28mm)

【登録料】500円
※申し込みは、所定の登録申請書に必要事項を記入し、
ドッグラン管理事務所へ提出してください。
お問い合わせは 0956-59-9511

開場日時:水・土・日・祝日
9時〜18時(10月〜3月は17時閉場)
利用料:1日1頭300円/年間パスポート1頭3,000円



ランキングに参加しています。
初代金太郎はアジソン病と闘いながらも、
6年11ヶ月しっかり生きぬきました。
虹の橋の金太郎に応援ポチッ!忘れないで下さいね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif




2013年01月02日

母のこと


新しい年2013年
母は病院で迎えました。

昨年6月転倒して頭部打撲脳内出血のため10日間入院
更に、11月2日再び転倒により第二頸椎骨折という重症
幸い、麻痺など最悪の事態は免れましたが、
当分、入院生活が続きそうです。
病院からも退院がいつになるか伺っていません。

121204_IMG_4670.jpg
2012年12月4日 首を固定するためにハローベストを装着した母


昨年は転倒が多く
他にも3度、顔面裂傷で縫合しました。
レビー小体型認知症の為、歩行が困難なのにもかかわらず
私に手をかけまいとしたことが
今回の事態を引き起こしてしまいました。


今から5年ほど前です。
母から手足のふるえ、しびれがあるとの話があり、もしかしたら、脳梗塞かもと思いの脳神経外科で診察していただきました。

診察の結果、病名はパーキンソン病

約1年ほどは、通院、買い物などの援助をするだけで
母一人で生活をしていましたが、病状はだんだん悪化
一人での生活が困難になり、20数年ぶりに実家にもどり母と生活するようになりました。2009年の6月でした。

初代金太郎が虹の橋へ旅立ったのはその年の7月
母との生活は一ヶ月余りの短い間でした。

090626_DSC_0360.jpg
2009年6月26日 母と散歩する初代金太郎


いっしょに生活するようになって
気になる母の言動や行動
誰かいる、こどもが寝ている、大勢人が来ているなど幻覚、錯視、妄想などの症状が見られるようになりました。
意欲や気力も不安定、2年ほど前からトイレも思うように歩行できないため失禁することも多くなりました。
もしかしたら、パーキンソン病ではないのではと思い、認知症の専門医師に診察していただきました。
診察の結果はレビー小体型認知症
主な症状は幻覚、妄想、進行するとアルツハイマーのような認知障害、パーキンソン病のような運動障害
最終的には寝たきりになるやっかいな病気です。

母の症状は今回の入院で一気に進行してしまったような気がします。体はいたって健康だったので、怪我さえしなければと思っていたのですが。


母には永い間ずいぶんと苦労をかけてしまったので
出来るだけいっしょに生活してあげたいと考えているのですが
今回のことで、自宅で介護をするには限界を感じるようになりました。


母の出生地は長崎市
爆心地浦上に住んでいました。
原爆投下の日は幸いにして、長崎市の隣、諫早市に出かけていたため難を逃れましたが、親兄弟、親戚、友人などすべてを失ってしまいました。

当時、15歳という多感な少女だった母はその地獄図ともいえる信じられないような光景の中で両親を兄弟を友人を探し回ったはずです。当然、被爆もしているはずです。
今、患っている病気も放射能の影響かも知れません。

母からは当時のことは聞いたことはありません。
母の子どものころのこと、祖父母のこと、ふるさとのことも聞いたことはありません。話そうともしてくれません。


一昨年の3.11福島原発事故
母はどんな気持ちでいたのでしょうか。
安全だと思っていた原発が取り返しのつかない事故を起こしてしまった。ふるさとを追われ、未来を担う子どもたちの体をむしばむ。
この平和な日本で、長崎の悲劇が再び起こってしまうとは、しかも、その責任を誰も取らない。
こんな日本に誰がしたと叫んでいることでしょう。


母は昨年の衆院選においてベッドで、震える手で、
その思いを一票に託しました。
立ち会っていただいた方にも母の思いをしっかり伝えてあげました。
残念ながらその思いは実りませんでしたが
私たち人類にとって、かけがえのない地球を守るために
涙の母の一票、決して無駄にならないと信じています。


今回の衆院選で私たち国民が選択した政権は
原発再稼動の再検討を始めました。
とんでもない話ですが新設にも前向きなようです。

将来の長崎・広島・チェルノブイリが
日本を地球を壊滅に追いやるかも知れない原発が日本国内に50数基もあるとは信じられません。

原爆被災者を親に持つ私は
もう2度と長崎や福島の悲劇を起こしてはならない!
一人でも多くの方に伝えていかなければならない責任があると思っています。

私たち国民の選択で原発はSTOPできるのです。
私たちは生きる権利を選択するべきだと思っています。
命を守れなくて何が出来るでしょうか。

福島の悲劇は日を追うごとに明らかになっていくはずです。
長崎や広島のように!


posted by 金太郎パパ at 15:23| 長崎 ☁| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の母は一番悲惨な体験を言えないでいるとつい最近気づいたのです
浦上に住んでたのは終戦後で土地の残留放射能汚染を受けたでしょう
Posted by のり at 2013年01月02日 22:23
お母様、大変ですね、見ててこっちが辛いです、
お母様のような方がしっかり投票されるのに、投票にもいかない輩が多いのも嘆かわしい事です。
お母様の行く末が幸せなものであるように、祈ってます。いつも有難うございます。
Posted by レオンママ at 2013年01月05日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。