information

えぼし岳高原スポーツの里(長崎県佐世保市)に
“ドッグランえぼし”オープン!

110625_DSC_0783.jpg

【登録条件】(@〜Cすべての条件が必要です。)
@飼い主が18歳以上であること。             
A蓄犬登録済みで1年以内に狂犬病予防接種を受けていること。
B予防接種(各種ワクチン)を受けていること。
C闘犬または攻撃的な犬種でないこと。

【登録時に必要なもの】
@犬鑑札 A狂犬病予防接種済証
B予防接種済みが確認できるもの
C飼い主の身分証明書
D飼い主さんといっしょに写った写真(縦32mm×横28mm)

【登録料】500円
※申し込みは、所定の登録申請書に必要事項を記入し、
ドッグラン管理事務所へ提出してください。
お問い合わせは 0956-59-9511

開場日時:水・土・日・祝日
9時〜18時(10月〜3月は17時閉場)
利用料:1日1頭300円/年間パスポート1頭3,000円



ランキングに参加しています。
初代金太郎はアジソン病と闘いながらも、
6年11ヶ月しっかり生きぬきました。
虹の橋の金太郎に応援ポチッ!忘れないで下さいね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif




2011年03月11日

犬に叱られてませんか。

まだまだ、寒い毎日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は、一昨年、一人での生活に不自由をきたすようになった母のもとへもどり、介護中心の日々を送っています。そんな状況のなか、仕事も在宅でできる、できるだけ外出しなくてもよい自由な仕事(以前もそんな仕事でしたが、かなり束縛されていました。)にシフトし、すこしずつですが見通しも立ってきたところです。金太郎がいなくなってからも、犬仲間の皆さんともお付き合いをさせていただき、充実した毎日を送っています。

P1030367K-f9a44.jpg
お気に入りの写真、双子の兄弟と金太郎です。もう小学生くらいになってるかも…

中でも、今の私にとってひとつの支えになっているのは、地元のコミュニティFMのパーソナリティを任せてもらっていることです。しかもありがたいことに番組名も「金太郎パパ動物園」、金太郎の名前を冠した番組名にしていただいています。金太郎は佐世保の町ではかなり有名な犬でしたが、金太郎の飼い主である私はほとんど認知されていませんでした。私の友人でさえ、金太郎は知っているけれども飼い主が誰なのか知らなかったといっていたくらいです。ところが最近はFMのリスナーさんを中心に知名度もかなり上がり、声をかけられることも多くなりました。本名を名乗るよりも「金太郎パパ」の方が通りがよいくらいです。
番組は私の知識・能力不足もあり、満足のいくものではありませんが、少しずつでも進化させなければと思っています。昨日も元局長の方から、ずいぶんうまくなったよとほめていただきました。オフのときの過し方もラジオ中心です。子どものころ行ったきりの動物園や水族館にも情報収集のためもあって最近は頻繁に行くようになりました。これも金太郎が私に与えてくれた使命だと思ってがんばっていこうと思っています。

今月からは、水族館で行われる子どもたちのためのイベントのお手伝いをさせていただくことになりました。日ごろから子どもたちのために何か力になれることはないかと考えていたのでチャンスだと思って挑戦してみようと思っています。必ずしも得意な分野とはいえないのですが、絵本の読み聞かせやおしゃべりを通して、私たちの世代と触れ合うことの少なくなった子どもたちにひとつでもいいから“心に残るようなメッセージ”を伝えられればと思っています。

金太郎が元気なころは私のパートナーとして、お年寄りや子どもたちの施設を一緒に訪問したりして、少しでも励ましてあげられればと思っていました。もっともっとがんばろうと思っていた矢先だったので、金太郎がいなくなったのはとっても残念でしたが、金太郎はちゃんと私がやるべきことの道筋をたてていてくれました。

こんなことを書きながら、改めて金太郎はすごいやつだったと思います。残された私の人生の生き方までもしっかり導いてくれたのですから…。


そこで3月最初の
はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/

月初めは番組のお手伝いをしていただいている“コーヒーブレーク”毎週月・木の担当パーソナリティでドッグライフカウンセラーでもあるNOKKOさんと生きもの全般についておしゃべりすることになっています。CHIKAさんに代わって昨年5月からNOKKOさんとパートナーを組んで10ヶ月、最初はちぐはぐだったふたりのコンビネーションも何とかうまくいくようになったような感じがします。
来月は番組改編の月、“金太郎パパ動物園”も新しい企画を取り入れながら魅力ある番組にしていかなければと思います。


多くの飼い主さん、愛犬がなかなかいうことを聞いてくれないなど、しつけで悩んでいらっしゃる方が多いと思います。
犬は本能的にいつもリーダーを求めています。
あなたがふさわしいリーダーなのかいつも観察しているはずです。
このことは前にも書きましたがある心理学者の言葉からも理解することができます。

「ほとんどの犬はできることなら自分の飼い主を取り代えたいと思っているのでは…」

私自身はプロのトレーナーでも、犬の飼い主としての経験も浅い、いわば初心者同然の飼い主でしたが、今振り返って見ると、私と金太郎は日常の中で気づかない間に理想的な関わり方をし、深い絆を築いていたような気がします。金太郎は私をリーダーとして認めていてくれたのだと思います。私は金太郎のリーダーとして振舞わなければならない環境を積極的に作っていました。それが、アーケードの散歩であり、ベースボールドッグであり、施設の訪問などであったのだと思います。人間社会のルールやマナーをしっかり見につけなければならない場所ばっかりです。そんな場所での金太郎は、よくお友達から金太郎はいつも金太郎パパの目を見ているねといわれたことがあります。

金太郎はたぶん、「僕のパパは最高の飼い主だよ。」と思っていたのではないかと思ったりします。
金太郎は決して芸達者な犬ではありませんでしたが、見事なまでに人間社会に溶け込んだ犬らしい犬だったと思います。


あなたの愛犬から最高の飼い主だよと思われるためには
それは信頼です。
信頼によって絆は生まれます。


決してテクニックや物では絆は生まれないはずです。


信頼するということは犬が本来持っている本能だと思います。
群生動物である犬は群れの中で信頼のおけるリーダーのもと、秩序ある行動をしています。人間社会で生きる犬も当然そうでなければなりません。

犬は、視覚、聴覚、嗅覚が完全な状態になる3週目のころから母親の元を離れ、父親や兄弟、群れの中の仲間から生きていくためのルールや知恵を学びます。大体1歳になったころには一人前の成犬となり性格、行動パターンが形成されます。今、1歳といえば人間社会では高校を卒業したころと同じ時期だといえます。社会に飛び立っていく時期です。このことは種を残すための本能としてすべての生命体の遺伝子に組み込まれています。非常に大事な時期だと思います。


ほとんどのワンちゃんが生後3ヶ月くらいに新しい飼い主さんのもと、人間社会で暮らすことになります。まだ、生きていくための教育が終わっていない時期に、親や群れから離されてしまいます。当然私たち飼い主はそんなワンちゃんたちの親代わりとなって教育をしなければなりません。ほとんどの問題行動はこの時期に備わったものだと思います。この時期に備わった問題行動を矯正するためにはかなりの時間を要し、プロのトレーナーの力を借りなければならないことになるかも知れません。


番組冒頭は、卒業シーズンにあわせ、こんな話題からはいりました。


この日聞いていただいた曲はすべての飼い主さんに送る曲
“私は犬にしかられた”
じっくり聞いてください。




そしてこの日の話題は犬の話題のほか、ツシマヤマネコ、キリン、ゾウ、モグラ、ツルの北帰行
NOKKOさんのわんポイントアドバイスは“犬にとっての有害植物”
金太郎のイメージソングを聴きながらの情報コーナーは
動物園、水族館のイベント情報、保護犬情報などでした。



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif
posted by 金太郎パパ at 11:37| 長崎 ☀| Comment(2) | はっぴぃFM“金太郎パパ動物園” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金太郎がパパに残してくれたものって本当に大きいですね。。。。

そんなパートナーに出会えた金太郎パパは素敵です。

金太郎が作った絆、広げてくれてるのを金太郎は見守ってくれてますから頑張ってください・・・・
Posted by ここあ&ふうあママ at 2011年03月11日 22:07
被災地のわんちゃん達を救うために下記の情報を一人でも多くの方に
知ってもらえるよう、情報の拡散をお願いしています。



*倒壊寸前で人間は脱出できましたが、小型犬2頭は、部屋に居ます。
*屋外で大型犬を飼っていますが、避難場所には入れず、残しています。
*老犬で身体が不自由になっていますが、そのまま残して避難しました。
*津波がまた来るかも知れないと思って、リードを外して来ました。等など

辛い思いをしている飼い主さんが多くいらっしゃいます。

また、被災地の避難所ではペットの同伴が許されていないところが多く、
避難所に行けなかったり、家にペットを残してきてしまった…という状態に
動物愛護団体が復興までペットちゃんを一時預かりをしてくれるそうです。



http://angels2005.org/
保護依頼→ angels2005@nifty.com


よろしくお願いします
Posted by ひとつばたご at 2011年03月15日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。