information

えぼし岳高原スポーツの里(長崎県佐世保市)に
“ドッグランえぼし”オープン!

110625_DSC_0783.jpg

【登録条件】(@〜Cすべての条件が必要です。)
@飼い主が18歳以上であること。             
A蓄犬登録済みで1年以内に狂犬病予防接種を受けていること。
B予防接種(各種ワクチン)を受けていること。
C闘犬または攻撃的な犬種でないこと。

【登録時に必要なもの】
@犬鑑札 A狂犬病予防接種済証
B予防接種済みが確認できるもの
C飼い主の身分証明書
D飼い主さんといっしょに写った写真(縦32mm×横28mm)

【登録料】500円
※申し込みは、所定の登録申請書に必要事項を記入し、
ドッグラン管理事務所へ提出してください。
お問い合わせは 0956-59-9511

開場日時:水・土・日・祝日
9時〜18時(10月〜3月は17時閉場)
利用料:1日1頭300円/年間パスポート1頭3,000円



ランキングに参加しています。
初代金太郎はアジソン病と闘いながらも、
6年11ヶ月しっかり生きぬきました。
虹の橋の金太郎に応援ポチッ!忘れないで下さいね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif




2010年10月15日

フクロテナガザルの“モンクロウくん”37年ぶりの再会

はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/


8月17日(火)71回目の「金太郎パパ動物園」
今回はNOKKOさんと二人で動物談議です。

最も二人とも動物の専門家でも動物オタクでもありませんが、月に一度くらいは二人で好き勝手にしゃべりましょうということで5月から始めました。



いしだけ動植物園に“モンクロウくん”というオスのフクロテナガザルがいます。

“モンクロウくん”どこか金太郎によく似ています。
仕草や表情を観察していると金太郎を観ているようです。
とても親近感を覚えます。

よく金太郎パパは金太郎に似ているといわれますが、
“モンクロウくん”を観ているとちょっと納得させられます。


100814_DSC_0853.jpg

“モンクロウくん”には驚きのエピソードがあります。

“モンクロウくん”は37年前、船乗りさんだった方が連れ帰ったのですが、手に負えなくなって、いしだけ動植物園に保護をお願いされました。当時2〜3歳くらいだったと思われるので、推定年齢40歳位。飼育下でも長生きする個体はあるようですが、平均的に20歳位だといわれていますから、大変な長寿です。
以後37年間“モンクロウくん”は動植物園のアイドルとして、元気に暮してきましたが、さすがに高齢、最近では以前のような元気はないようです。

100814_DSC_0856.jpg

今年の夏のことです。
そんな“モンクロウくん”に元の飼い主さんが会いに来られたそうです。
実に37年ぶりの再会です。
立ち会った飼育員さんによると、とても感動的だったそうです。


もちろん“モンクロウくん”は覚えていなかったでしょうけど…。



もし金太郎が檻の中に入ったら…
2008年2月14日、初めてのJRの旅…博多駅で

080214_DSC_0005.jpg



ほか、“いきものみっけ”の話“モグラ”の話“かわいそうなぞう”の話“犬を飼うための10の条件”など盛りだくさんな話をさせていただきました。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


posted by 金太郎パパ at 20:00| 長崎 ☀| Comment(1) | はっぴぃFM“金太郎パパ動物園” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
随分前のブログみたいですが、あまりに懐かしくて書込みさせて頂きます。
40年くらい前に虫取りをしているときに(私は当時3〜4歳でした)、あやまって名切川に転落して骨折してしまいました。病院で接合が失敗してしまい、骨を接ぎ直したため、半年程入院する羽目になってしまいました。
そんな中、私を元気づけようと、親父は、フクロウテナガザルという珍しい猿を持ち帰ってきました。なんでも、佐世保港に入港したマレーシアの船に乗っていた船員に大金はたいて譲り受けてきたとの事でした。
当時、両親は「モンシロ」という和食の店を経営しておりました。私が蝶が大好きだったので、モンシロチョウから取って名付けた店の名前です。
そんな中、我が家にやってきた真っ黒な猿に両親は迷わず「モンクロ」と言う名を付けました。
モンクロは親父には大変懐いていましたが、おふくろや他の人間には随分攻撃的だったようです。親父や僕ら兄弟とモンクロで山に昆虫採集に行った時の写真などが残っています。
日中は店の前の塀の上で飼っていたので、通りがかりの子供が随分悪さをしたために攻撃的になったんだろうと親父は話していました。
とにかく、そんな顛末で、数年我が家にいた後に、「攻撃的で怖い」等の苦情などもあったようで、石岳動物園に譲る事になりました。
名前は、モンクロウが呼びやすかったようで、いつのまにかモンクロからモンクロウになっていたようです。

乱文で申し訳ありませんでしたが、思いがけず懐かしい<モンクロウ>の画像を見つけたので、<真>の事の顛末をお話したく書き込みました。

それでは。
Posted by KEN at 2011年07月18日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。