information

えぼし岳高原スポーツの里(長崎県佐世保市)に
“ドッグランえぼし”オープン!

110625_DSC_0783.jpg

【登録条件】(@〜Cすべての条件が必要です。)
@飼い主が18歳以上であること。             
A蓄犬登録済みで1年以内に狂犬病予防接種を受けていること。
B予防接種(各種ワクチン)を受けていること。
C闘犬または攻撃的な犬種でないこと。

【登録時に必要なもの】
@犬鑑札 A狂犬病予防接種済証
B予防接種済みが確認できるもの
C飼い主の身分証明書
D飼い主さんといっしょに写った写真(縦32mm×横28mm)

【登録料】500円
※申し込みは、所定の登録申請書に必要事項を記入し、
ドッグラン管理事務所へ提出してください。
お問い合わせは 0956-59-9511

開場日時:水・土・日・祝日
9時〜18時(10月〜3月は17時閉場)
利用料:1日1頭300円/年間パスポート1頭3,000円



ランキングに参加しています。
初代金太郎はアジソン病と闘いながらも、
6年11ヶ月しっかり生きぬきました。
虹の橋の金太郎に応援ポチッ!忘れないで下さいね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif




2008年11月05日

金太郎におやつを与えないで下さい。

きょう書くことはあなたの愛犬の命を守るかもわからないとっても大切なことです。

あなたはあなたの愛犬以外のワンちゃんにおやつを与えたりしていませんか?
あなたの愛犬はあなた以外の方からおやつをもらったりしていませんか?


もしそんなことがあったらすぐやめて下さい。
どうしてもあげたいと思うのであれば、どうか飼主さんに渡して、飼主さんから与えてもらうようにしてください。

081102_DSC_0313.jpg

ドッグランでお友だちになった「メイちゃん」です。
先日、心配していたことが現実となりました。
ドッグランに向かうために車に乗るように指示したところ、突然道路に飛び出し車にはねられてしまいました。「ドン」という鈍い音にメイちゃんのママは顔面蒼白、車は何事もなかったように走り去りました。

当たり所がよかったのか、メイちゃんは一応歩くことができました。
丁度休日のため、近くの動物病院が休みだったため、すぐドッグランに駆け込み休日診療をしてくれる病院を探してもらって、診察をしてもらったそうです。

幸い軽い打撲傷で命に別状はありませんでした。

どうしてメイちゃんは道路に飛び出したのでしょうか。
メイちゃんが車に乗ろうとしたとき、道路の向こう側に散歩のときいつもおやつをもらうご近所の方を見つけ突然その方のところに向かって走り出し車にはねられたということです。


081103_DSC_0446.jpg

金太郎も以前は他の人から絶対おやつをもらうようなことはしていませんでした。ところが街を散歩するようになってそれを許してしまいました。
金太郎はとっても利口な犬です。
一度もらったことのある人は絶対忘れません。
犬の飼主さんはおやつを持っているということも知っています。
おねだりすればいただけるということも知っています。

いつかは止めさせなければと思っていました。
コントロールが効かなくなるのです。
ちゃんと呼び戻しができる金太郎でもおやつには負けてしまいます。
もしメイちゃんと同じような状況になったら、金太郎も飛び出そうとするでしょう。そのとき万一リードをしていなかったり、はなしてしまったら間違いなく事故にあってしまいます。

それだけではありません。おやつに対してコントロールの効かない金太郎をこどもや力のないお年寄りの方に引っ張ってもらうことができないのです。
金太郎にはセラピードッグを目指して欲しいとも思っていましたが、このままでは認定を受けることは無理です。

金太郎は矯正することは無理かもしれません。
金太郎の命を守るためにもなんとかなおしたいと思うのですが、みなさんの協力も要ります。

お願いです!金太郎におやつは与えないで下さい。
今までいただいていた方、もしおねだりしたら知らん振りしてください。


もう一度お願いします。
おやつをあなたの愛犬以外のワンちゃんに与えることは絶対に止めてください。
あなたの愛犬におやつをあげる人がいたら断ってください。

あなたの愛犬の大切な命を守るために…

おやつはボスであるあなたが与えるべきです。
おやつはあなたの愛犬をコントロールするための手段だということを忘れないで下さい。
無意味なおやつの与え方もいけません。必ず何かの代償として与えるようにしてください。




マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!




ランキングに参加しています。今日もがんばってる金太郎に
応援ポチッ!忘れないでね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif
posted by 金太郎パパ at 23:48| Comment(18) | TrackBack(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなことがあったのですね。
メイちゃん大事には至らなかったようで良かったですが、どうぞお大事に。

幸いうちは散歩の時にオヤツを持ち歩かないので、海ズにももちろん他のワンコにもあげることなどできません。
そしてこれまた幸い(?!)な事に海ズにオヤツをあげる飼い主さんもいないのです。
きっと海ズは怖い、怖いと噂されているので誰もあげないのかも(爆)

よそのワンコにオヤツをあげる時は必ず飼い主さんに断るのがマナーだと思います。
アレルギーのある子もいるだろうし、今回のような事もなるだろうし・・・。
金太郎くんは街中の人気者だから難しいと思いますが、なんとか皆さんに分かってもらえるといいですね。
Posted by wocean at 2008年11月06日 06:20
ご無沙汰してます
プードルクラブお疲れ様でした
仕事で行けず残念です
ゥェ―。゚゚(ノ´д`ヾ。)゚゚。―ン
メイちゃんにそんなことがあった何って
犬の本能ゎホントに怖いもので

愛犬のZOOも9月に事故でなくなりました
金太郎君に会えたことがうれしかったです

犬ゎホントびっくりする行動します
今ゎアレルギーの子が多く
おやつをあげるのにも一言ほしいものですね
Posted by あんじゅ〜 at 2008年11月06日 09:24

久しぶりのコメです。
メイちゃん、だいじに至らなくてよかった。
そうですね。おやつは、飼い主が与えるのがベストだとあたしも思っています。 体重のコントロールの意味でも、お互いにおやつをあげるのは、やめたほうがいいですね。
 与えたい気持ちは痛いほどわかりますが。



ところで、先日うちの長女が金ちゃんと会ったそうです。2度目でした。
あたしは、未だに会えず。( ̄〓 ̄;;
もっとアーケード通わないと無理ですね。
Posted by ミル母 at 2008年11月06日 10:01
今回の件、謝罪させてください。

先日のオフ会でわたし、金ちゃんを含め、
他のワンちゃんたちにおやつをあげてしまいました。
すみません、今回の記事で、
とても反省しています。
これからは止めます。

メイちゃんが大事に至らなくて本当によかったです。
Posted by はんしろ at 2008年11月06日 13:22
ちょっとなんだか違うような・・・。

他人が無断でオヤツをあげるのは、言語道断だとしても、飼い主に尋ねて与える分には、いいような気がするんですがね。

今回の事故とオヤツ云々の関係はないと思いますよ。

むしろ、飼い主がしっかり愛犬をコントロールする。

100歩ゆずって、道路の向こうに「おやつをくれる優しいオジサン」に気づいたとしても、飼い主がコントロールしていれば、防げた事故のような気がします・・・。

犬が普段以上の力をだしたときに、飼い主は制御できるかどうかを常に考えておく必要があるのではないでしょうか?

「ちゃんと呼び戻しが出来る」とは、いつ何時デモ、戻ってくることが出来ることです。
近くにオヤツがあると、戻ってこないのは、「ちゃんと呼び戻しが出来る」とはいいません。

犬でなく子供だとした場合、親戚のおじさんからオヤツをもらったからって、道路を飛び出そうとしたら、注意するなり、体を張るでしょ。

それと同程度に、家族である犬と一緒に行動しているときは、常に注意をはらっておくのが、保護者だと思いますよ。

今回は、大事にいたらなかったことが、せめてもの救いですね。
よかった。

的外れでしたら、削除してもらっていいですよ。

Posted by 海渡 at 2008年11月06日 15:34
オフ会お疲れ様でした。初めてのオフ会楽しみにしておりましたが、残念ながら今回は参加する事が出来ませんでしたが、ブログで拝見させて戴き、とても楽しい様子が手に取るように伝わって来ました。次回は是非お仲間に入れて頂きたいと思っております。
おやつの件で、私もちょっと気になる事が先日ありました、ぷうたろうを連れて散歩中、見知らぬ方が、以前犬を飼ってたけど亡くしてしまい、今は、おやつを持ち歩き、散歩中のワンちゃんにあげるのを楽しみに散歩をしているとの事、突然ジャーキーをぷうたろうにあげ、私は、強く断ることが出来ず、ぷうたろうもおやつの誘惑に負けてしまい・・・・頂いてしまったのですが、これはきちんと断るべきだったと、すごく反省しました。本当に愛犬の命にかかわることです。飼い主がきちんと愛犬をまもらなければと思います。

先日、又しても娘は、アーケードで金太郎くんとパパさんを見かけたそうです。声をかけようと思ったらしいのですが、一人だったので、ちょっと気恥ずかしかったようで・・・私は未だ金太郎君に会えてません。
Posted by ぷうママ at 2008年11月06日 15:41
●woceanさんへ

私も散歩のときおやつは持ち歩いていません。
そんなわけで私におねだりするワンちゃんはほとんどいません。

今回の話を聞いて、おやつはボスである飼主から与えるべきだと
痛切に思いました。
おっしゃるようにアレルギーのある子もいます。
今となっては無理かも知れませんが、皆さんにもお願いして、
何とか矯正できるように頑張ってみたいと思います。

Posted by 金太郎パパ at 2008年11月06日 16:30
●あんじゅ〜さんへ

メイちゃん、幸いにも打撲程度で済んだようです。
とっても元気にしています。

このことは前々から気になっていたことです。
メイちゃんの話を聞いて皆さんにも知ってほしいと思い
記事にしてみました。
きっと皆さん思い当たることがあるのではと思います。

犬飼ベテランさんの中にはちゃんと飼主さんに
渡してくれる人もありますね。
Posted by 金太郎パパ at 2008年11月06日 16:38
●ミル母さんへ

このことはできそうでなかなかできないことだと思います。

金太郎を迎えるときこのことは充分注意されていたことです。
カロリーコントロール、アレルギーなどのこともありますが、
今回のような事故があれば大変なことです。

長女の方、今度会ったらミル母さんの娘ですよとおっしゃるように
お伝えくださればと思います。
Posted by 金太郎パパ at 2008年11月06日 16:52
●はんしろさん

あれ〜そうだったんですか。
きっと金太郎はんしろさんのこと一生忘れないかもですよ。

今度は金太郎パパに甘いものでも用意しておいてください。
金太郎以上に食いしん坊ですから…。
Posted by 金太郎パパ at 2008年11月06日 16:55
●海渡パパさんへ

いつも貴重なご意見ありがとうございます。

飼主と愛犬の理想的な関係は、何事にも揺るぐことない信頼関係だと思います。
このことが達成できれば、まず今回のような事故は起こらなかったでしょう。

飼主の指示がなければ絶対に飼主の元を離れない、そんなワンちゃんはなかなかいないと思います。

いつもおやつをくれる人が通りかかれば駆け寄っていくと思います。
もちろんそんな場合でも飼主が静止すればいいのですが、事故というものはリードがはずれたとか、ちょっと目をはなしてしまったとか予期しないことのために起こるものです。

今回の事故の場合、おやつの与え方のルールを守っていれば起こらなかったと思います。

呼び戻しの件、ちょっと書き方がまずかったかも知れませんが、金太郎の場合「呼び戻し」はできます。たとえおやつをくれる人のところに行っても戻らせることはできます。
行こうとしたら「だめ」と静止することもできます。
危険なのは私がそばにいなかったりなど目の届かないときのことです。屋外でそんなことはめったにないですが…

今回のことは事実に基づいた記事で、誰にでも起こりうることだということです。
愛犬が道路に飛び出すには何らかの理由があるはずです。
今回のことはそのひとつだということをご理解いただければと思います。

皆さんの愛犬が不幸な事故のために命を落とすことのないように書いたつもりです。
Posted by 金太郎パパ at 2008年11月06日 17:44
●ぷうママさんへ

とっても楽しいオフ会でしたよ。
次回はぜひご家族皆さんで参加してください。

おやつの件、本当に難しいですよね。
今回の記事がきっかけとなってちゃんと断ることができれば幸いです。

娘さん今度会うことがあったらぜひ声かけるようにおっしゃってください。
ドッグランにも週一ペースで行くようにしています。
いつかごいっしょできればいいですね。
Posted by 金太郎パパ at 2008年11月06日 17:52
めいのこと、ご心配いただいてありがとうございます。

今回の事は、すべて飼い主の責任だと思っています。
私の指示の前に車に乗ったので、
やり直してるほんの一瞬の油断でした。

ご近所の方には、飼い始めた時から、
「可愛がってくださいね、でも餌は与えないで」とお願いしました。
皆さんやりたい気持ちを抑えて協力してくれてます。
でも、人通りの多い道筋に家があり、家人は昼間は仕事でいません。そんなとき、ウォーキングの人や、子供達とか来てるみたいです。
だから、散歩のときでも、私の知らないおなじみさん(?)と会ったりします。そしておやつ。なかなか断れません。

めいは生後1カ月余りで、山の中の沢に捨てられていた子です。
縁あって私と巡り合い家族になりました。
そして、今回は幸いにも打撲傷程度で済み、最初から診てもらってる獣医さんには、「ラッキーな子だ!」って言われました。

ラッキーなめいが天寿を全うできるよう、
しっかり育てていきたいと思っています。
Posted by めいの飼い主より at 2008年11月06日 20:05
めいちゃん無事で本当に良かったですね!

私は猫飼いなので犬に対しての接し方は分からないことだらけです。
金ちゃんパパをはじめ犬飼の皆さんがやってることや
話してる事を聞きながら
飼い主さんや犬との接し方を学んでいます。
犬達と仲良くなりたくておやつを使おうかと思ったときもありましたが
それは飼い主さんの躾などの邪魔になることを知ったので
我慢してます(;´∀`)
猫は室内飼いなので他人を考えに入れなくていいのですが
犬の飼い方は難しそうですね。
Posted by もや at 2008年11月07日 00:16
メイちゃん、本当に良かったですね♪文章を読みながら私、ドキドキしてしまいました。おやつもそうですけど、やっぱりリードは安全な状態になるまで離してはいけないと思います。私はご存知の様に6月に愛犬を交通事故で亡くしましたが、いつ、どんな状況でも、いつもは安全であっても(事実ぷりんが事故に遭った我が家の前は殆ど車は通りません)ベクトルが全て最悪に向かった時、そこには辛い結果が残ります。どんなに月日が経っても、我が家の様に新しい家族を迎えても、亡くなった子は戻ってきません。今、居る子の可愛さとは全く別の所でいつもいつも私は辛いです。主人も一緒だと思います。一つ一つ日々の生活を思い出して、「止めといた方が良いと思った事は即止めた方が良いと思います。暗い話を長々すみません。

ところで、ヒルズさん大盛況だったんですね。やっぱりレンタカー借りてでも一人で参加すれば良かったと後悔しています。それにしても今年の金太郎ファミリーの活躍はスゴイですね〜
Posted by クッぷりまま(きらら☆) at 2008年11月07日 00:37
●めいちゃんのママさんへ

今回の記事、きっと多くの人に共感してもらえたと思います。

よその犬に安易におやつを与えないことも飼主としてのマナーだと
いうこともわかってもらえたと思います。

これまで散々もらっておきながらということもあったのですが
めいちゃんのことを聞いて、これは皆さんにも伝えなければと
思いました。

それにしてもめいちゃんラッキーでした。
あたりどころが悪ければ
最悪の事態になってたかも知れませんね。

自分で自分の命を守ることのできない犬
改めて飼主の責任を感じました。
Posted by 金太郎パパ at 2008年11月07日 07:43
●もやさんへ

金太郎パパも犬飼初心者です。
今回のことも安易に考えていました。
いけないとお思いながら
皆さんの好意を断ることができず
おねだり犬金太郎にしてしまったこと
後悔しています。

めいちゃんのことをきっかけに
これからは強く断らなければと思いました。
Posted by 金太郎パパ at 2008年11月07日 07:49
●クッぷりまま(きらら☆)さんへ

事故で愛犬を亡くすことほど辛いことはないと思います。
今回の記事もそんな事故を少しでも防ぐことができればと
思い書きました。

事故は飼主がどんなに注意をはらってても
起こるときは起こります。
後で後悔しても取り返すことはできません。

おやつの件も日常の些細なことですが
そんな積み重ねが事故につながるということもあるということです。

今回のことで犬を飼うためのマナーの第一は愛犬の命を守ると
いうことが前提になっているような気がしました。
Posted by 金太郎パパ at 2008年11月07日 08:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109157830

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。