information

えぼし岳高原スポーツの里(長崎県佐世保市)に
“ドッグランえぼし”オープン!

110625_DSC_0783.jpg

【登録条件】(@〜Cすべての条件が必要です。)
@飼い主が18歳以上であること。             
A蓄犬登録済みで1年以内に狂犬病予防接種を受けていること。
B予防接種(各種ワクチン)を受けていること。
C闘犬または攻撃的な犬種でないこと。

【登録時に必要なもの】
@犬鑑札 A狂犬病予防接種済証
B予防接種済みが確認できるもの
C飼い主の身分証明書
D飼い主さんといっしょに写った写真(縦32mm×横28mm)

【登録料】500円
※申し込みは、所定の登録申請書に必要事項を記入し、
ドッグラン管理事務所へ提出してください。
お問い合わせは 0956-59-9511

開場日時:水・土・日・祝日
9時〜18時(10月〜3月は17時閉場)
利用料:1日1頭300円/年間パスポート1頭3,000円



ランキングに参加しています。
初代金太郎はアジソン病と闘いながらも、
6年11ヶ月しっかり生きぬきました。
虹の橋の金太郎に応援ポチッ!忘れないで下さいね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif




2011年03月25日

犬の鑑札が新しくなります。(佐世保市)

平成23年度より、長崎県佐世保市保健所交付の犬鑑札がサイズも一回り小さくなって新デザインで登場します。鑑札をつけている犬はほとんどといって見かけることはありませんでした、それも小型犬には大きすぎるサイズ、デザインがよくないなどの理由でつけてなかったようです。

今回の大震災でもやむを得ず置き去りにされた犬が多かったようですが、そんなときに威力を発揮するのが鑑札や名札、絶対落としたり、なくしたりすることのないマイクロチップだと申し分ないでしょう。


新鑑札のコピー.jpg

鑑札は登録時に交付されます。
装着義務があるのですが…

装着していない方(犬)は、良い機会です。
しまっている鑑札を確認してみてください。

紛失した場合は、
4月1日より佐世保市保健所生活衛生課の窓口にて再交付ができます。
(再交付料が1,600円必要です。)

初めて登録の場合は、佐世保市保健所生活衛生課窓口の他、狂犬病予防接種時に動物病院及び保健所指定の狂犬病予防接種場所にて交付してもらえます。
その場合、登録料と別途予防接種代も必要となります。

蓄犬登録及び再交付に関してのお問い合わせは、
長崎県佐世保市保健所生活衛生課(犬担当)まで…


<犬の登録と狂犬病予防注射は飼い主の義務>

犬の飼い主には、
(1)現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること
(2)飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること
(3)犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着することが法律により義務付けられています。  

<罰 則>

狂犬病予防法第5章
次の各号の一に該当する者は、20万円以下の罰金に処する。
   
1.第4条の規定に違反して犬(第2条第2項の規定により準用した場合における動物を含む。以下この条において同じ。)の登録の申請をせず、鑑札を犬に着けず、又は届出をしなかつた者

2.第5条の規定に違反して犬に予防注射を受けさせず、又は注射済票を着けなかつた者




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年03月22日

ポンタ君!優良家庭犬に見事合格

金太郎パパお気に入りのワンちゃんで“ミックス犬のポンタくん”
優良家庭犬普及協会の「マナーハンドラーテスト」に飼い主のぽちゆみさんとともに見事合格しました。当地では多分第1号の合格ペアだと思います。

101107_DSC_0890-fed41.jpg

「マナーハンドラーテスト」は従来の「グッドシチズンテスト」の目的を活かしたまま、もっと気軽に受験することができ、今の社会に適応できるだけの最低限のマナーとしつけの向上を目指すことができる家庭犬と飼い主を対象とした認定試験です。

ポンタくんが挑戦した試験項目は全部で9項目
1から順に行い、途中で失格になるとテスト終了となり、すべてをクリアすると合格となります。
ごほうびは使うことができません。
もちろんやり直しもききません。
GCTでは号令回数の制限がありますが、マナーハンドラーテストの場合は制限がありません。褒め言葉や声かけも何度でもできます。
普段通りの状態で、キチンと飼い主さんと犬が他の方から見ても好ましい状況であるかを9項目を通して確認されます。


1. ビニール袋の提示

2. 他人に撫でてもらう

3. 3種の刺激の中でお散歩

4. 伏せ、待て(10秒)

5. お座り、待て(20秒)

6. ロングリードをつけてのおいで(呼び戻し)
 
7. 他犬とのすれ違い(2m 立ち止まらず挨拶)

8. 飼い主による足拭きとブラッシング

9. 足元で犬は伏せた状態でのリラックス(5分間)


一つひとつを見ると、そんなにむずかしい課題とも思えませんが、9項目すべてをミスなく完璧にこなすとなるとむずかしいことなのかもしれません。
まずは「マナーハンドラーテスト(9項目)」に挑戦して、難易度が上がる「グッドシチズンテスト(15項目)」の認定を目指すのもいいと思います。



詳しいことは優良家庭犬普及協会のHPをご覧ください。
http://www.cgcjp.net/


内閣府が昨年発表した「動物愛護に関する世論調査」においても、飼い主の迷惑行為への規制を指導を強めてほしいとの厳しい意見が多く、飼い主の行動やマナーのなさが指摘されています。

こうした社会の厳しい目に耐えうる最低限のマナーを身につけた、社会にとって好ましい飼い主と犬のペアを増やしていかなければ、犬にやさしい町の実現はないはずです。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年03月21日

パパはドッグトレーナー

はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/


3月15日(火)101回目の「金太郎パパ動物園」
お客様は日本警察犬協会・公認訓練士の栗原照生さん
トレーナー歴30年というベテラントレーナーさんです。
愛犬はラブラドールとミニチュア・ピンシャー
家庭では仕事に対して理解のある奥様と小学校5年生の女の子と小学校2年の男の子のやさしいパパさんでもあります。

110315_DSC_0636.jpg
二人のお子さんと…


18歳で警察犬訓練士を志し、訓練所で下積みを重ねながら23歳のときふるさとに戻り、家庭犬の訓練などもしながら家庭を支えてこられました。

まだ当時は職業犬の訓練が主で、大型犬はともかく小型犬を訓練に出すという習慣もほとんどなく、女性トレーナーもほとんどいなかった時代です。訓練のやり方も、チェーンカラーを使ったきびしいしつけが主流だったそうです。

ちなみに金太郎も1歳までチェーンカラーによるしつけを受けており、わたしのところに来たときは首の周りの毛が擦り切れている状態でした。おやつなどものによるしつけもほとんど受けていませんでした。


栗原さんは地元の小学校のソフト部のコーチということもあり、ベースボールドッグ金太郎のことはよくご存知でした。ドッグトレーナーという職業柄、金太郎には大変関心を持っていただいていたようです。アーケードでもたくさんの人に取り囲まれている金太郎に何度かあったことがあるとおっしゃっていました。



今回は、大震災の後ということもあり、警察犬はもちろんのこと災害救助犬のことについてもお話していただきました。仕事としては似たような感じですが、警察犬の場合は犯人の残した匂いをもとに足跡追跡をしますが、災害救助犬の場合は空気中に漂う浮遊臭をもとに生存者の捜索をします。

地震をはじめ自然災害の多い日本、家庭犬も災害に備え、普段からそんな訓練ができればとも感じました。もし訓練できるような施設(結構大掛かりな施設なるかもしれませんが)があればスポーツ感覚で楽しみながら訓練ができるのではと思います。犬の本能を最大限生かした訓練なのでストレス解消にもなるのではと思うのですが…。



090426_DSC_0703-f8ec6.jpg
金太郎とてつのおしっこ


相談でいちばんの多いのがトイレのしつけと無駄吠え
トイレのしつけについてはまずパターンを見つけてください。
どういうタイミングで排泄するのか、ご飯を食べた後なのかなどを見極め、その環境を整えてあげることです。うまくいったときはしっかりほめてあげます。失敗したからといって怒らないことです。

金太郎の場合、大型犬ということもあって、室内では絶対させていませんでした。家の近く、アーケード、野球場とだいたいする場所は決めていました。雨の日やお出かけをしない日、長時間のお留守番のときはベランダに敷いたのペットシートの上です。排泄に関しては完全に飼い主である私のコントロールによりすませていました。金太郎がアーケードや野球場に行くことができたのも排泄のしつけがうまくできていたからだと思います。マーキングも5ヶ月で去勢していたためしていませんでした。

参考までに、金太郎に排泄させたいとき、もうそろそろかもしれないときは、目的の場所、または用を足してもいい場所に小走りで行くようにしていました。金太郎にとってそれがサインだったのです。危ないと思ったら走る、走りながら用を足すことはできないはずですから…。


最後に栗原さんのトレーニングポリシーをお伺いしました。
「犬を絶対裏切らないこと、それが信頼につながります。」
30年の経験が培った重いことばでした。


栗原さんは保護団体が保護した犬の訓練もボランティアでなさっています。写真は昨年8月に保護された「そら君」。栗原さんの下で新しい飼い主さんを待っています。

110313_DSC_0613.jpg
Animal Rescue佐世保によって保護されている「そら君」です。

最後はいつものように金太郎のイメージソング“ミッチー”の“パートナー”を聞きながらの情報コーナー。いしだけ動植物園、海きららのイベント情報、ドッグラン情報、保健所からの保護犬情報でした。


「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年03月20日

被災地に取り残された犬

このたびの東日本大震災で被災されたすべての被災者の方々に、心からお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に謹んで哀悼の意を捧げます。また、今尚、行方がしれない方々が一日も早く救出されご家族様のもとへ元気な姿で戻られることを祈っております。

そんな中、皆様の冷静な行動、忍耐強さと思いやりは多くの人の感動を呼び賞賛されています。まだまだ困難は続くと思いますが希望を捨てずにがんばってください。


ボランティアの皆様による救助・救援・支援の輪は人だけではなく、犬や猫の救出まで拡がっています。やむ得ず置き去りにされた犬や猫などのペット、避難所に入れず路頭に迷う犬や猫もいるはずです。一匹でも多くの命が救われることを祈っています。



東北地震犬猫レスキュー.com


東北大震災によって被災した方の犬・猫の救援情報特設掲示板です。
「犬・猫が行方不明」「迷子の犬・猫を保護した」などの捜索・保護情報 、「家屋が倒壊して避難しているので犬猫を一時預かって欲しい」などの救援要請
被災した皆さんの負担・心労が少しでも軽くなるよう、ご協力お願いいたします。




震災後の瓦礫の中で助けを求めるブリタニーとイングリッシュ・セッター
その後のネット上の情報によると2頭とも動物愛護団体によって無事救出され、マイクロチップが装着されていたため飼い主も判明、それぞれシェルターと動物病院で保護されているようです。





「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年03月17日

100回目の「金太郎パパ動物園」

はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/

2009年の4月6日(月)第1回目の放送がスタートして
3月8日(火)でちょうど100回目の「金太郎パパ動物園」
記念すべき日のお客様は九十九島水族館「海きらら」の魚類担当、山口陽介さん。通称「陽介先生」地元のケーブルテレビではアフロヘアーにウェットスーツという独特のコスチュームで子どもたちにも大変人気のあった方です。さしづめ「海きらら」の「さかなちゃん」といってもいい方です。

そこでそんな陽介先生には3月19日(土)より開催される春の特別展「もしもしカメ展」を中心にお話をしていただきました。


110308_DSC_0601.jpg


期間中は日本や世界の各地から集めた17種のカメがちびっ子たちを待っています。珍しい白いすっぽん、クサガメとニホンイシガメの雑種でウンキュウ、ワニのように大きな口のワニガメ、ペットしても飼われているそうですが、ちょっと凶暴で他のカメを襲ったりすることもあるそうです。頭のおおきなオオアタマガメ、大きすぎて甲羅の中に頭を隠すことができないそうです。変わった頭のマタマタ、おなかの甲羅にちょうつがいのあるセマルハコガメなどみどころいっぱいの特別展です。

子どもたちのためのカメのクイズ、昔話写真コーナー、カメの剥製に触ったりできるミニ体験コーナーなども見逃せない企画です。

もしもしカメ展.jpg


そのほか、いつの間にか生まれたウシエイの話。
金太郎パパ一押しのコーナー、幻想の世界「クラゲシンフォニードーム」の話など…

110305_DSC_0534.jpg


今回もあっという間の1時間でした。
また、出演していただくことをお約束して最後は番組恒例の決め文句です。

「陽介先生にとって水族館はどんな存在ですか?」

「人生をサポートしてくれる人生そのものです。」



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年03月11日

犬に叱られてませんか。

まだまだ、寒い毎日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は、一昨年、一人での生活に不自由をきたすようになった母のもとへもどり、介護中心の日々を送っています。そんな状況のなか、仕事も在宅でできる、できるだけ外出しなくてもよい自由な仕事(以前もそんな仕事でしたが、かなり束縛されていました。)にシフトし、すこしずつですが見通しも立ってきたところです。金太郎がいなくなってからも、犬仲間の皆さんともお付き合いをさせていただき、充実した毎日を送っています。

P1030367K-f9a44.jpg
お気に入りの写真、双子の兄弟と金太郎です。もう小学生くらいになってるかも…

中でも、今の私にとってひとつの支えになっているのは、地元のコミュニティFMのパーソナリティを任せてもらっていることです。しかもありがたいことに番組名も「金太郎パパ動物園」、金太郎の名前を冠した番組名にしていただいています。金太郎は佐世保の町ではかなり有名な犬でしたが、金太郎の飼い主である私はほとんど認知されていませんでした。私の友人でさえ、金太郎は知っているけれども飼い主が誰なのか知らなかったといっていたくらいです。ところが最近はFMのリスナーさんを中心に知名度もかなり上がり、声をかけられることも多くなりました。本名を名乗るよりも「金太郎パパ」の方が通りがよいくらいです。
番組は私の知識・能力不足もあり、満足のいくものではありませんが、少しずつでも進化させなければと思っています。昨日も元局長の方から、ずいぶんうまくなったよとほめていただきました。オフのときの過し方もラジオ中心です。子どものころ行ったきりの動物園や水族館にも情報収集のためもあって最近は頻繁に行くようになりました。これも金太郎が私に与えてくれた使命だと思ってがんばっていこうと思っています。

今月からは、水族館で行われる子どもたちのためのイベントのお手伝いをさせていただくことになりました。日ごろから子どもたちのために何か力になれることはないかと考えていたのでチャンスだと思って挑戦してみようと思っています。必ずしも得意な分野とはいえないのですが、絵本の読み聞かせやおしゃべりを通して、私たちの世代と触れ合うことの少なくなった子どもたちにひとつでもいいから“心に残るようなメッセージ”を伝えられればと思っています。

金太郎が元気なころは私のパートナーとして、お年寄りや子どもたちの施設を一緒に訪問したりして、少しでも励ましてあげられればと思っていました。もっともっとがんばろうと思っていた矢先だったので、金太郎がいなくなったのはとっても残念でしたが、金太郎はちゃんと私がやるべきことの道筋をたてていてくれました。

こんなことを書きながら、改めて金太郎はすごいやつだったと思います。残された私の人生の生き方までもしっかり導いてくれたのですから…。


そこで3月最初の
はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/

月初めは番組のお手伝いをしていただいている“コーヒーブレーク”毎週月・木の担当パーソナリティでドッグライフカウンセラーでもあるNOKKOさんと生きもの全般についておしゃべりすることになっています。CHIKAさんに代わって昨年5月からNOKKOさんとパートナーを組んで10ヶ月、最初はちぐはぐだったふたりのコンビネーションも何とかうまくいくようになったような感じがします。
来月は番組改編の月、“金太郎パパ動物園”も新しい企画を取り入れながら魅力ある番組にしていかなければと思います。


多くの飼い主さん、愛犬がなかなかいうことを聞いてくれないなど、しつけで悩んでいらっしゃる方が多いと思います。
犬は本能的にいつもリーダーを求めています。
あなたがふさわしいリーダーなのかいつも観察しているはずです。
このことは前にも書きましたがある心理学者の言葉からも理解することができます。

「ほとんどの犬はできることなら自分の飼い主を取り代えたいと思っているのでは…」

私自身はプロのトレーナーでも、犬の飼い主としての経験も浅い、いわば初心者同然の飼い主でしたが、今振り返って見ると、私と金太郎は日常の中で気づかない間に理想的な関わり方をし、深い絆を築いていたような気がします。金太郎は私をリーダーとして認めていてくれたのだと思います。私は金太郎のリーダーとして振舞わなければならない環境を積極的に作っていました。それが、アーケードの散歩であり、ベースボールドッグであり、施設の訪問などであったのだと思います。人間社会のルールやマナーをしっかり見につけなければならない場所ばっかりです。そんな場所での金太郎は、よくお友達から金太郎はいつも金太郎パパの目を見ているねといわれたことがあります。

金太郎はたぶん、「僕のパパは最高の飼い主だよ。」と思っていたのではないかと思ったりします。
金太郎は決して芸達者な犬ではありませんでしたが、見事なまでに人間社会に溶け込んだ犬らしい犬だったと思います。


あなたの愛犬から最高の飼い主だよと思われるためには
それは信頼です。
信頼によって絆は生まれます。


決してテクニックや物では絆は生まれないはずです。


信頼するということは犬が本来持っている本能だと思います。
群生動物である犬は群れの中で信頼のおけるリーダーのもと、秩序ある行動をしています。人間社会で生きる犬も当然そうでなければなりません。

犬は、視覚、聴覚、嗅覚が完全な状態になる3週目のころから母親の元を離れ、父親や兄弟、群れの中の仲間から生きていくためのルールや知恵を学びます。大体1歳になったころには一人前の成犬となり性格、行動パターンが形成されます。今、1歳といえば人間社会では高校を卒業したころと同じ時期だといえます。社会に飛び立っていく時期です。このことは種を残すための本能としてすべての生命体の遺伝子に組み込まれています。非常に大事な時期だと思います。


ほとんどのワンちゃんが生後3ヶ月くらいに新しい飼い主さんのもと、人間社会で暮らすことになります。まだ、生きていくための教育が終わっていない時期に、親や群れから離されてしまいます。当然私たち飼い主はそんなワンちゃんたちの親代わりとなって教育をしなければなりません。ほとんどの問題行動はこの時期に備わったものだと思います。この時期に備わった問題行動を矯正するためにはかなりの時間を要し、プロのトレーナーの力を借りなければならないことになるかも知れません。


番組冒頭は、卒業シーズンにあわせ、こんな話題からはいりました。


この日聞いていただいた曲はすべての飼い主さんに送る曲
“私は犬にしかられた”
じっくり聞いてください。




そしてこの日の話題は犬の話題のほか、ツシマヤマネコ、キリン、ゾウ、モグラ、ツルの北帰行
NOKKOさんのわんポイントアドバイスは“犬にとっての有害植物”
金太郎のイメージソングを聴きながらの情報コーナーは
動物園、水族館のイベント情報、保護犬情報などでした。



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年03月04日

犬を迎えるための心構え



障害があった。

感染症ですぐ死んでしまった。

病気だった。

血統書が送られてこない。

子猫といって買ったのに妊娠していた。

犬を注文していたのに猫が来た。

入金したが連絡が取れない…などなど



最近急増しているペットのネット販売を巡るトラブルです。
環境省動物愛護室は来年度の動物愛護法の見直しを控え、トラブルを防止するために制度全体の見直しを検討しているそうです。


詳しくはこちらをご覧ください。
昨日ワイドショー“スッキリ!”で放送された内容です。
http://www.j-cast.com/tv/2011/03/03089517.html


081011_DSC_0338.jpg
2008年10月11日 アーケードで子どもたちと金太郎



1.両親を見る
2.先に生まれた兄弟たちを見る
3.少なくとも3ヶ月は両親の元で育った子…重要!
4.適切な社会化期訓練がなされている子…重要!
5.飼育環境
6.健康状態…金太郎のこともあって遺伝病には特に神経質にならざるを得ません。
7.性格…穏やかでおとなしい子が理想、金太郎も金太郎の母親もそうでした。
8.ブリーダーさんの質・レベル


以上が私が考える犬を迎えるための条件です。
もちろん、対面しないまま買うつもりは絶対ありません。
また月齢がいかないうちから母犬から放され、ペットショップなどに展示してある子も絶対買うつもりはありません。環境省も、必ず現物を確認してから買うよう指導しています。

もうひとつ大切なことは受け入れ側の問題です。
生活環境、家族構成・家族の状況、経済状況など考慮しなければならない問題があるはずです。どんな犬種にするかも大切な要素のひとつになります。


飼い主の意識・レベルを高めることがすべての問題を解決する最善の方法だと考えています。飼い主ひとりひとりの心がけ次第で、悪徳ブリーダーも展示販売もなくすことができるはずです。自然に淘汰され良質なブリーダーさんしか残らないでしょう。殺処分も減ると思います。

20年前、数十万頭殺処分されていた犬が「犬も家族の一員」と言われるようになってから、一昨年は数万頭まで減少しました。
このことは意識の高い愛犬家やブリーダーさんが増えつつあることの結果だとも言えます。

犬を家族の一員として迎えようとお考えの皆さん、決して安易に迎えるようなことをしないでください。命を預かるということがどんなに大変なことなのかいうこと考えてください。そして一度迎えたならば最後まで責任をもって育ててください。


犬は私たち人間にとって、もっとも身近でかけがえのない友人なのですから…




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年03月03日

2年前のひな祭り

2年前の今日、もちろん金太郎は元気でした。
長崎セインツの専属ベースボールドッグとして正式にチームの一員となり、開幕を楽しみにしているころでした。オフの間は長崎セインツのPR、施設訪問など金太郎とともにあわただしい日々を過ごしていました。
茨城ゴールデンゴールズの元監督“欽ちゃん”と現監督の“あゆみちゃん”とあったのもこの年の3月でした。
金太郎がアジソン病であることを告白したのもこの時期です。



2009年3月3日ひな祭りの日…
グループホームSを慰問したときの金太郎です。
金太郎はいくつかのオファーを残したまま虹の橋に行ってしまいました。もしかしたら、今でも金太郎の来訪を楽しみに待って下さっているお年寄りがいらっしゃるのかも知れません。

090303_DSC_0044.jpg



2009年3月7日佐世保球場で…
茨城GGの“欽ちゃん”とファンの皆様に挨拶する金太郎です。
こんなときの金太郎は感心するほど行儀のいい子でした。
金太郎は長崎セインツの優勝を見届け虹の橋に旅立ちましたが、昨年そのセインツも資金難のため解散してしまいました。金太郎とともに戦ったナインは四国4県、三重、富山にそれぞれ散らばり夢を追い続けることになりました。

090307_DSC_0066.jpg



金太郎がいなくなった今、金太郎が大好きだったアーケードに出かけることも少なくなり、球場や施設などに行くこともなくなりました。
たまに街に行くと金太郎の大ファンだった子どもたちが声をかけたりしてくれます。そんなときは一日でも早く2代目金太郎を迎え、そんな子どもたちのために力になりたいと気持ちを新たにしています。

あさっては九十九島水族館“海きらら”のこどもひろば“あまもば”に番組をお手伝いしていただいているNOKKOさんと一緒にいく予定です。そこで私にできることはないか、子どもたちに伝えられることはないか見てくるつもりです。こんなとき金太郎がいてくれたらと思うちょっと残念です。頼りになるパートナーでしたから…。
posted by 金太郎パパ at 20:45| 長崎 ☁| Comment(0) | 金太郎との出会いとヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。