information

えぼし岳高原スポーツの里(長崎県佐世保市)に
“ドッグランえぼし”オープン!

110625_DSC_0783.jpg

【登録条件】(@〜Cすべての条件が必要です。)
@飼い主が18歳以上であること。             
A蓄犬登録済みで1年以内に狂犬病予防接種を受けていること。
B予防接種(各種ワクチン)を受けていること。
C闘犬または攻撃的な犬種でないこと。

【登録時に必要なもの】
@犬鑑札 A狂犬病予防接種済証
B予防接種済みが確認できるもの
C飼い主の身分証明書
D飼い主さんといっしょに写った写真(縦32mm×横28mm)

【登録料】500円
※申し込みは、所定の登録申請書に必要事項を記入し、
ドッグラン管理事務所へ提出してください。
お問い合わせは 0956-59-9511

開場日時:水・土・日・祝日
9時〜18時(10月〜3月は17時閉場)
利用料:1日1頭300円/年間パスポート1頭3,000円



ランキングに参加しています。
初代金太郎はアジソン病と闘いながらも、
6年11ヶ月しっかり生きぬきました。
虹の橋の金太郎に応援ポチッ!忘れないで下さいね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif




2011年01月24日

迷い犬“ぶっくん”  

1月15日(土)佐世保市花高町3丁目横断歩道付近で元長崎セインツの林選手に保護されたブラックタンのミニチュアダックスフンド。ちょっとメタボだったので仮の名前を“ぶっくん”とつけたそうです。

“ぶっくん”昨日、林選手のお母さんに連れられて譲渡会の会場に来てくれました。とってもおとなしくていい子でしたが、気になったのはおなかにあった5センチくらいの腫瘍。2・3箇所あるそうで、獣医師さんに見ていただいたら、切除するためには2回手術が必要だそうです。

今、“ぶっくん”は林家のみなさんにとってもかわいがってもらいながら、飼い主さんの迎えを待っています。
お心当たりの方は当ブログまでご連絡ください。
警察や保健所にも届けてあると思いますのでそちらにたずねられてもいいと思います。

110123_DSC_0282.jpg

110123_DSC_0287.jpg

110123_DSC_0291.jpg

110123_DSC_0279.jpg

110123_DSC_0281.jpg

110123_DSC_0320.jpg

110123_DSC_0276.jpg

110123_DSC_0278.jpg



posted by 金太郎パパ at 21:35| 長崎 ☁| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

ミニチュア・ダックスの迷い犬です。(佐世保市)

元長崎セインツのご家族の方から、ミニチュア・ダックスを保護したとの連絡がありました。

1月15日(土)佐世保市花高3丁目横断歩道付近で保護
ミニチュア・ダックスフンド(ブラックタン)
歯の状態から老犬
黄色の首輪
胸にしこりがあります。

お近くの方でお心当たりの方は当ブログコメント欄にご連絡ください。


110122_迷い犬-1.jpg


110122_迷い犬-3.jpg


110122_迷い犬-2.jpg


本日は犬猫譲渡会が開催されます。
日時:1月23日(日)13:30〜17:30
場所:佐世保市アーケード内島瀬公園(交番横)
主催:長崎わんわんレスキュー・長崎猫の会
posted by 金太郎パパ at 09:40| 長崎 | Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元長崎セインツ“松井宏次内野手”初1軍キャンプ

一昨年のドラフト会議で楽天に育成ドラフト1位で指名された元長崎セインツの松井宏次内野手(26)が、春季キャンプの1軍切符を勝ち取ったことが報じられていました。


090829_BEBEB0E6B9A8BCA14821.jpg
2009.8.29 Photo by Hidekazu Uramoto

育成・松井宏、初1軍キャンプ…楽天


 楽天の育成選手、松井宏次内野手(26)が21日、春季キャンプの1軍切符を勝ち取った。

 この日、仙台市内のホテルでスタッフ会議を行い、1軍・2軍の振り分けを決定=別表=。2年目ながら育成選手として1軍キャンプに抜てきされるのは極めて異例だ。仁村徹1軍作戦コーチは「何より元気がある。うちにいないタイプ、厳しい練習にもついていける」と話しており、元気印の松井宏をチームのカンフル剤にしたい考えだ。

 昨年は2軍で83試合に出場し堅実な守備を見せたが、打撃が課題で、1軍昇格を逃し、支配下選手登録も見送られた。

 チームはオフに大補強を敢行。松井稼頭央(35)も獲得し話題を呼んでいるが、こちらのマツイも赤丸急上昇。キャンプで猛アピールする。
2011年1月22日11時06分 スポーツ報知


今期から楽天の指揮を執る星野新監督は若手にチャンスを与え、生え抜きをスターに育てると明言しています。二塁手はまだレギュラーが確定しておらず、守備力高評価の松井選手にも充分チャンスがあると思っています。

090927_10420000-399dd-99464.jpg
2009.9.27 金太郎のユニフォームを持った松井選手Photo by Shingo Matsuda

残念ながら、今期は佐世保で独立リーグの試合を観戦することはできませんが、元長崎セインツの選手は三重、四国各球団でセインツ魂を発揮し、松井選手に続けとばかり、その雄姿を見せてくれるはずです。

今年も野球から目がはなせない1年になりそうです。


「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年01月19日

“はなちゃん”を預って考えたこと

1月7日〜13日の6日間
犬と泊まれる佐世保の旅館“はな一”の看板犬“はなちゃん”を預り、久しぶりに犬との生活を楽しみました。
“はなちゃん”は黒のラブラドール、1才の女の子です。
1才といえば、金太郎を我が家へ迎えた年齢です。


110111_DSC_0267.jpg



1才のときの金太郎はとても穏やかで、落ちついていました。
散歩も私の顔を見ながら、完璧なリーダーウォークだったと記憶しています。
スワレ、フセ、マテ、コイ、ハウスなどの基本的なしつけも完璧にできていました。しつけのことで苦労した記憶はほとんどといっていいほどありませんでした。
金太郎はとてもものわかりのいい犬で、私の言うこと、私が望んでいることのほとんどを理解してくれていたような気がします。
金太郎が特別な訓練もせず、子どもたちと上手にふれあったり、ベースボールドッグや施設の訪問などができたのは、持って生れた天性があったのかも知れませんが、それよりも1才までの育った環境によるところが大きかったと考えざる得ません。


残念ながら、1才くらいのワンちゃんで穏やかで、落ちついた子を見かけることはなかなかありません。ほとんどのワンちゃんが、やんちゃ盛りで、なかには全くコントロールのきかないワンちゃんも見かけます。
多くの方がまだまだ1才だからと安易に考えていらっしゃいますが、とんでもないことだと思います。犬の1才といえば立派な成犬です。もし野性だったら、全ての教育が終え、一人前の犬になっていなければならないはずです。人間のものさしで判断するといつまでたっても理想とするワンちゃんになれないような気がします。

  
ご存知のように犬はもって生れた遺伝的要素とその後の環境によって決定付けられます。どんなにいい素質を持った犬であっても、その後の環境が良くなければその素質は生かされないでしょう。また、逆の場合もあるかも知れません。
あなたとあなたの愛犬が理想的なパートナーとなり、人間社会の中で幸福な犬生を送るためには、犬が本来持っている本能、誕生から一人前の成犬になる過程において精神的にどのように成長するのかを理解し学習し、実践することによって達成されるはずです。



犬は視覚、聴覚、嗅覚が完全な状態となる20日目頃から身近な環境を意識し始め、成犬となるための社会的行動が認められるようになります。巣から離れるのもこの頃からです。母犬は子犬に関心を示さなくなり、教育係は父犬にバトンタッチされます。
金太郎は子犬に異常なほどに関心を示し、鼻でつついたり、足でひっくり返したり、噛み付いたりとハラハラすることがよくありました。当然、子犬たちはキャンキャン鳴きながら逃げ回りますが、しまいにはひっくり返って降参します。今、考えるとそのような行動は雄犬独特の行動で子犬に“服従の姿勢”を教える行動だったと考えられます。金太郎の一見、いじめとも思える行動は、雄犬が本来もっている本能だったのかも知れません。


4週目から7週目になると五感や運動能力も発達し、身体も大きくなっていきます。この時期に生きていく術を学びます。犬の一生を決定付けるといっても過言ではない重要な時期を迎えます。
この時期に、あらゆる情報がインプットされます。人を仲間と認識させられるのもこの時期です。


ここに環境省の、驚くべき統計資料があります。
繁殖業者約1300件のアンケート調査です。
2002年の資料でちょっと古いかも知れませんが、実態はそうかわっていないはずです。
犬の仕入れから販売までの期間“平均値26.2日”平均販売日齢(小売)“平均値47.9日”逆算すると子犬たちは平均22日前後で出荷されたということになります。
やっと母親の元を離れ、これからさまざまなことを学習しなければならない重要な時期に、親元を離され、ペットショップのショーケースの中で平均26日暮らすことになります。これでは行動に異常が起こりやすくなるのは当然だと思います。


110110_DSC_0246.jpg


8週目〜12週目になると行動範囲も広くなり、運動能力や好奇心も発達し、社会性を身につける時期となります。父犬は規律(ルール)や秩序を教え込みます。人と犬との絆を構築するのに最もふさわしい時期ともいえます。子犬を入手するのにも最適な時期ともいえますが、飼い主自身が一貫性を持って父犬の役目をしっかり果たせるということが条件となります。この時期の子犬はあなたが飼い主(リーダー)としてふさわしいか試したりもします。できるだけふれあう時間を多く持つのもこの時期です。この時期の過ちや手抜きが、将来問題犬を生む原因ともなります。


110113_DSC_0289.jpg


そこで、“はなちゃん”のことですが、“はなちゃん”がはな一家に来るまでの5ヶ月間、育った環境ははっきりわかりませんが、多分、警察犬訓練士のもと、母犬や兄弟犬と暮していたと思います。そのため、重大な問題行動はないと思われますが、はな一家における環境の変化が“はなちゃん”に変化をもたらしているようです。それはどこの家庭でもあることですが、家族全員が“はなちゃん”に対して、一貫性のある毅然とした態度が取れていないことです。散歩不足による、ストレスもあったようです。もともと素質のある“はなちゃん”です。預った6日間でかなり改善することができたと思います。


110113_DSC_0292.jpg
はなちゃんを迎えにきた飼い主さんと


犬を迎えようと思ったとき注意しなければならないことは、いつ、どこから迎えるかということだと思います。10〜15年のワンライフを豊かで楽しいものにするために充分、準備をして迎えなければならないと思います。





「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年01月08日

客犬“はなちゃん”

昨日から我が家に客犬です。
犬と泊まれる佐世保の旅館“はな一”の看板犬“はなちゃん”を数日間預ることになりました。“はなちゃん”のご家族の方には、金太郎の飼い主だったということもあってとっても信頼され、今回は是非ということでご指名をいただきました。


“はなちゃん”は黒のラブラドール
生後5ヶ月までは警察犬を目指して訓練中でした。
ご存知のようにラブラドールはもともと賢い犬ですが、ご家族の方、従業員の方にとってもかわいがられているためかちょっと甘えん坊さん、リードを噛み切って山へ逃亡したことも数回あるというやんちゃ娘です。
靴やクレートを咬むそうなのでストレスもかなりあるのでしょう。


預り中クレートは廊下か私の部屋に置こうと思っていたのですが、“はなちゃん”玄関から絶対上に上がろうとしません。放置してもじっと玄関で待っています。多分、はな一家のルールで室内には入れていなかったのでしょう。金太郎と同じように接してあげようと思っていたのですが、ここははな一家のルールに従い上には上げないことにし、クレートははな一家と同じように玄関に置くことにしました。

排泄は金太郎と同じように室外です。

昨日は初日ということもあってしばらくはクーンクーンないていましたが、無視すると大丈夫です。今日は全く問題ありません。静かに休んでいます。



今日は“はなちゃん”の性格、行動の観察もかね、朝、昼、夕方の3回散歩をしてみました。まず、幼少期における社会化期訓練の不足のためか、犬や人にかなり反応します。犬同士の挨拶も上手にできないようです。まだまだ、自転車や猫、子どもなどにどんな反応を示すのかわかりませんが、散歩中はかなりテンションが上がっているようなので、安心できません。もし、リードが外れたら、今のところ私では呼び戻すことは無理かもしれません。



110108_DSC_0206.jpg


預り中の短期間にどの程度の信頼関係を結ぶことができるかはわかりませんが、金太郎と暮した体験からもこのことが最も優先する課題だと思っています。

そのためにも、散歩はとっても大切なことです。
運動はもちろんのこと、散歩は犬にとって情報収集や探検心を満足させるための手段でもあり、歩き回ることは持って生れた犬の本能でもあるのです。
そしてなによりも、散歩によって信頼関係を結び、なおかつコミュニケーションもとることができます。

私と金太郎は散歩によっていろんなことを学びました。思いがけない出会いや発見もたくさんありました。

犬にとっていちばんの楽しみは散歩だと思います。散歩が嫌いな犬は一匹たりともいないはずです。散歩が嫌いな人、散歩をする時間が取れそうもない人は犬は飼うべきではないともいえます。


110108_DSC_0217.jpg


今朝は、母のほうから散歩に行こうかといってくれました。
金太郎が元気なころは毎日一緒に散歩していましたが、いなくなってからはほとんどしなくなりました。そのためかその頃からするとずいぶんと運動能力や筋力が落ちたような気がします。もともと母は犬が好きなほうではありません。なかなか2代目金太郎を迎えることができないのも母の賛成が得られないということもあります。そんな母ですがとっても“はなちゃん”のことを気づかってくれています。

110108_DSC_0203.jpg


“はなちゃん”金太郎家の2泊目、かなり気にいっているようです。
明日も母の散歩に付き合ってもらうつもりです。


「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年01月03日

あすの「金太郎パパ動物園」

あすで91回目の放送を迎える「金太郎パパ動物園」
いつもお手伝いをしていただいているドッグライフカウンセラーNOKKOさんがお正月休みのため、放送始まって以来、はじめてピンで放送します。はたしてうまく話せるか不安もありますが、なかなかマイクの向こうのみなさんに話しかけることはなかったので、日頃、みなさんに伝えたいと思っていることが話せればと思っています。

放送が始まった当初から、一度金太郎と一緒に放送したいとも思っていました。あすは虹の橋の金太郎が私の前にいるつもりで話そうと思っています。


オープニングはお友達から作っていただいた詩なども紹介しながら、金太郎との出会いや思い出を話そうと思っています。

最初にお送りする曲は愛犬に対する思いを歌った
「れんげ畑にて」
作詞はブログでのお友達“まあるさん”です。



金太郎といえばベースボールドッグ
ベースボールドッグ金太郎のエピソードなどを語りながら、野球に夢をかける若者や子どもたちの力になりたいとがんばり続けた金太郎の思いを伝えられればと思います。

お送りする曲は
FUNKY MONKEY BABYSの「あとひとつ」
昨年の夏の甲子園のテーマソングで、球場でよくかかっていた曲です。この曲を聴くとボールを誇らしげに運ぶ金太郎の姿が、スタンドで子どもたちとふれあう金太郎の姿を思い出します。



最後に「金太郎パパ動物園」を通じてみなさんに伝えたいこと、これから目指したいと思っていることなどをお話ししたいと思っています。

お送りする曲はNHKみんなのうたでおなじみ
佐世保出身松千の「君に伝えたいこと」です。




そしてお別れの曲は
金太郎のイメージソングミッチーの「パートナー」です。




それではあすの放送をお楽しみに…



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年01月02日

今年挑戦したいこと

世界最大の動物チャンネル“アニマルプラネット”ご覧になったことありますか?スカパーやCATVなどで視聴できる番組ですが、その中の番宣(番組宣伝)に金太郎がチラッとですが登場します。球場で子どもたちと野球観戦している金太郎です。

金太郎のそばにはいつも子どもたちがいました。
球場はもちろん、アーケードでも…公園でも…
子どもたちのイベントに参加したり、幼稚園へ行ったりもしました。

080523_P1050136K.jpg
2008.5.23アーケードで


金太郎がきっかけで始まったラジオ番組「金太郎パパ動物園」のオープニングジングルも子どもたちの声で製作しました。未来を担う子どもたちに、動物を語りながら大切なものを伝えたいとの思いがあったからです。今でもその思いは変わりません。

090403_DVC00004.jpg
「金太郎パパ動物園」のOPジングルに協力してくれたアソカ北幼稚園の園児たち



今年は新しいことにも挑戦したいと考えています。
絵本の読み聞かせです。
「金太郎パパ動物園」に出演していただいた水族館の子ども広場の担当の方からのオファーもあったのでやってみようかな〜と考えています。
今、やっているラジオのパーソナリティの延長線上にあると考えてもいいし、金太郎がいなくなった今、金太郎の思いを直接子どもたちに伝えることのできるチャンスだとも思っています。
また、巷では「チーム絵本おやじ」なる読み聞かせのグループなども存在するようだし、おやじの読み聞かせもおもしろいかな〜と思っています。

絵本の蔵書は保母をやっていた妹が若い頃、絵本研究会なるものを主宰していたのでかなりの数あります。また、妹の読み聞かせのテクニックもかなりのレベルなので指導してもらうこともできます。最も局にはCHIKAさんはじめうまい方はいっぱいいらっしゃいますので問題ないのですが…


もうひとつ、挑戦したいことがあります。
それは動物写真、主に地元の動物園の動物たちになると思いますが、できれば近場の動物園にも出かけてみたいと思っています。


読み聞かせも、動物写真も些細なことかも知れませんが、子どもたちに絵本や写真を通して“いのちの尊さ”や“いのちのつながり”を伝えることができるツールだと思っています。


そして、それが地球上から消え去ろうとしているいきものや、人間の手で殺処分されている犬や猫を救うことにつながると思っています。


「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2011年01月01日

あけましておめでとうございます。

新しい年、2011年の幕が開けました。

天気予報によるとかなり荒れ模様の幕開けとなるはずでしたが、
今のところ穏やかな新年を迎えることができました。
ところによっては初日の出を拝むことができたのではないかと思います。

今、外は時折雲の間から太陽が顔を出し、あたたかい日射しが昨日積もった雪に照りつけています。


金太郎がいなくなって2度目の新年を迎えましたが、今でも金太郎のことを語ってくださる方が多くいらっしゃいます。そのためかさみしさを感じることはほとんどといっていいほどありません。皆様の記憶の中の金太郎にいつでも会うことができるからです。


昨年は金太郎の大切な弟“テツ”の急死
そして、若者や子どもたちの夢の実現に少しでもお手伝いできればと専属のベースボールドッグとして46試合登板した独立リーグの長崎セインツの解散と悲しい出来事もありましたが、金太郎が培ってくれた仲間たち、金太郎が残してくれた番組「金太郎パパ動物園」などに支えられ、充実した1年を過ごすことができたと思っています。



101011_DSC_0488.jpg
いしだけ動植物園ふれあい広場で…


“こどもたちの笑顔がみたい”
“大切ないのちのつながりを伝えたい”
ゆめを追う若者やこどもたちの力になりたい”
未来を支えるこどもたちに希望を与えたい”


今年も金太郎のそんな思いに1歩でも近づくために微力ながら力になれればと考えています。
今年も金太郎家及び金太郎パパ動物園をよろしくお願いします。

平成23年卯年 元旦

金太郎パパ



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。