information

えぼし岳高原スポーツの里(長崎県佐世保市)に
“ドッグランえぼし”オープン!

110625_DSC_0783.jpg

【登録条件】(@〜Cすべての条件が必要です。)
@飼い主が18歳以上であること。             
A蓄犬登録済みで1年以内に狂犬病予防接種を受けていること。
B予防接種(各種ワクチン)を受けていること。
C闘犬または攻撃的な犬種でないこと。

【登録時に必要なもの】
@犬鑑札 A狂犬病予防接種済証
B予防接種済みが確認できるもの
C飼い主の身分証明書
D飼い主さんといっしょに写った写真(縦32mm×横28mm)

【登録料】500円
※申し込みは、所定の登録申請書に必要事項を記入し、
ドッグラン管理事務所へ提出してください。
お問い合わせは 0956-59-9511

開場日時:水・土・日・祝日
9時〜18時(10月〜3月は17時閉場)
利用料:1日1頭300円/年間パスポート1頭3,000円



ランキングに参加しています。
初代金太郎はアジソン病と闘いながらも、
6年11ヶ月しっかり生きぬきました。
虹の橋の金太郎に応援ポチッ!忘れないで下さいね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif




2010年10月31日

ヒトコブラクダの“ピノちゃん”

今日はいしだけ動植物園へ…

ヒトコブラクダの赤ちゃん“ピノちゃん”を紹介します。
“ピノちゃん”は2010年1月26日生まれの女の子
今、体重は96kgくらい、体長180cmくらいです。
お母さんは“ピリカ”お父さんは“ノビタ”、751人の来園者から400種類の名前が寄せられ、それぞれの頭文字を組み合わせた“ピノ”が選ばれました。

まだまだコブは大きくありません。
コブには脂肪が蓄えられ長旅のときの貴重なエネルギー源となります。また日射しによる体温上昇をを防ぐ役割もあります。水ではありませんよ。

酷暑に強いラクダ、今年の猛暑、どうだったかな…

101031_DSC_0698.jpg

101031_DSC_0701.jpg



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月30日

ハロウィンが似合う佐世保の町

きょうとあす、佐世保の町はハロウィン一色に染まります。

2008年金太郎は商店街の依頼ではじめて仮装してパレードに参加しました。基地の町そしてハウステンボスのある町“佐世保”は外国人の方も多くハロウィンがとっても似合う町です。金太郎も衣装に工夫を凝らし毎年参加することを楽しみにしていました。金太郎の参加をきっかけにお友達もいっぱい参加し“犬にやさしい町佐世保”へ一歩でも近づければと思っていました。

ハロウィンの日を迎えるたびに、金太郎のことを思い出します。
あすは金太郎はいないけど、ハロウィンを楽しんでこようと思います。


081031_DSC_0022.jpg
2008.10.31ハロウィンパレードに参加したときの金太郎


ハウステンボス
10/30-31 ハロウィンスペシャル
パレードや仮装コンテスト
全身仮装で入場料500円(同伴者も割引)
米軍関係者も仮装して参加、盛り上げに一役買います。

081031_DSC_0019.jpg
2008.10.31ハロウィンパレードに参加したときの金太郎


いしだけ動植物園
10/31まで ハロウィンZOOパーティー
“Trick or Treat”でお菓子プレゼントがあります。

081031_DSC_0042.jpg
2008.10.31ハロウィンパレードに参加したときの金太郎


西海パールシーリゾート
10/30 16:30-18:00 アメリカンライフクラブ主催“国際交流パーティー”
遊覧船海王でクルーズし、仮装コンテストなど実施。

九十九島水族館海きらら
10/31まで ハロウィン企画
きららとくららのぬいぐるみがハロウィンバージョンに大変身!
ハロウィン水槽、イルカハロウィン、ハロウィンキャンディすくいどり
ハロウィン風船プレゼントなど

081031_DSC_0068.jpg
2008.10.31ハロウィンパレードに参加したときの金太郎


させぼ四ヶ町商店街
10/31 13:00-15:00 仮装パレード・仮装コンテスト

させぼ三ヶ町商店街
10/31 13:00-15:00 仮装パレード・仮装コンテスト

081031_DSC_0074.jpg
2008.10.31ハロウィンパレードに参加したときの金太郎

081031_DSC_0101.jpg
2008.10.31ハロウィンパレードに参加したときの金太郎

081031_DSC_0177.jpg
2008.10.31ハロウィンパレードに参加したときの金太郎





「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月29日

ボズさんにほめられたよ!

はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/


 9月14日(火)75回目の「金太郎パパ動物園」
今回は長崎県動物愛護推進協議会県央支部の動物愛護推進員に任命された佐藤忠明さん、大村市からきていただきました。佐藤さんには、ジャックラッセル・テリア倶楽部のリーダーとして昨年5月にも出演していただきました。犬仲間にはボズさんと呼ばれています。

100914_DSC_0001.jpg


 まず動物愛護推進員、佐藤さんに長崎県動物愛護推進協議会の設立の経過やその業務などについてお話していただきました。


平成18年3月、国が「動物愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針」を策定

平成20年3月、「長崎県動物愛護管理推進計画」を策定

動物愛護の普及啓発と定着、動物の適正飼養管理の推進及び県民参加と協働による動物愛護管理推進の体制づくりを行い、「人と動物が共生できる地域社会」の実現を目指し、目標達成のために各機関からなる「協議会」と「支部」を設置

県央地区は他地域に先駆けて支部(大村市、諫早市、東彼杵郡、川棚町、波佐見町)が設置され
平成22年8月11日、第1回目の県央支部の会議が開かれました。
協議会を構成する支部委員は、行政、獣医師会、ボランティアの代表11名で構成されています。

 動物愛護の考え方は多種多様、それぞれの立場の人を認め合いながら、人間の問題として考えていきたいとおっしゃていました。まずは人と会うことからはじめたいとおっしゃっていました。
無理をしないで楽しみながらをモットーに、県央支部の牽引力となってがんばってくださると思います。


「犬と猫と人間と」の自主上映会の話の後(9月19日に開催され大成功でした。)猫の問題等についてもお話していただきました。


 最後は、それぞれの愛犬の自慢話です。
佐藤さんには金太郎と私のことをほめていただきました。
金太郎はお行儀の良い、人の気配とか表情を読んで、そのリクエストに答えようとする犬でしたね。それはとりもなおさず飼い主の金太郎パパがそういう人間だったということですね。
金太郎パパはほんとにすばらしいトレーナーといってもいいと思います。
金太郎と金太郎のパパの関係は誰もが認める良い関係でしたね。


ボズさんの最後の一言
もともと人間が大嫌いだったのに、動物とかかわることによって人間が大好きになりました。



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月28日

“セイタカアワダチソウ”みっけ

101011_DSC_0458.jpg

セイタカアワダチソウ
(キク科アキノキリンソウ属)多年草

北アメリカ原産、帰化植物(外来種)
河原や空き地、休耕田などに群生し、高さ1-2.5m、良く肥えた土地では3.5メートルくらいにもなる。

自宅敷地内の空き地にも、早く駆除しないと…種子だけではなく地下茎でも増えるらしい。
写真は10月11日長崎県佐世保市日野町で撮影


“いきものみっけ”は環境省生物多様センターが実施する市民参加のいきもの調査です。
みなさんから、いきものが出現する季節や見られた場所や情報をお送りいただくものです。
あなたも“みっけにん”になってみませんか?





「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

“ヤママユ”みっけ

101015_DSC_0502.jpg

ヤママユ
(チョウ目ヤママユガ科)

大きさ:(開張)115cm-150cm
時 期:8-9月
分 布:北海道・本州・四国・九州

翅をひろげたら10cmをかるくこえる大きな黄茶色のガ。4枚の翅には、それぞれ1つずつの目立つ紋と、黒白2色の筋がある。
幼虫はクヌギ、コナラ、クリ、カシなどの葉を食べる。

自宅前(長崎県佐世保市)のトンネル内の照明灯の前に張られたクモの網に捕らえられていました。餌食となってすでに死骸です。


“いきものみっけ”は環境省生物多様センターが実施する市民参加のいきもの調査です。
みなさんから、いきものが出現する季節や見られた場所や情報をお送りいただくものです。
あなたも“みっけにん”になってみませんか?





「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

朗報!里親&トライアル決定

相変わらず、犬管理所には迷い犬、持込み、捕獲犬など成犬の収容が多いようです。先日、佐世保市の犬管理所で捕獲された“イングリッシュ・セッター”2頭、保護されたアニマルレスキュー佐世保より連絡があり、1頭は佐世保市内の方、もう1頭は福岡でトライアル決定との報告がありました。

101005_DSC_0446.jpg
犬管理所収容時のイングリッシュ・セッター

アニマルレスキュー佐世保では今後、避妊去勢はもちろんのこと全頭マイクロチップ挿入後、里親さんにお渡しすることになったそうです。


マイクロチップ装着のすすめ
「動物の愛護及び管理に関する法律」では、犬や猫などの動物所有者は自分の所有であることを明らかにするために、マイクロチップの装着などを行うべき旨が定められています。
また、特定動物(危険な動物)や特定外来生物を飼う場合には、マイクロチップの埋め込みが義務付けられています。
迷子、災害、事故などによって、毎年たくさんの犬や猫などのペットが保護され、そのうちの多くは飼い主さんが見つからないままになっています。万一の場合に備えて、飼い主がわかるようにしておくことは、飼い主の責務です。マイクロチップは耐久性が高く、脱落したりしないため、安全で確実なペットの身元証明になります。

ぜひ、あなたの愛犬にもマイクロチップを装着し、万一に備えることをおすすめします。


「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

“ホテイアオイ”みっけ

101011_DSC_0452.jpg

101011_DSC_0453.jpg


ホテイアオイ
(ユリ目ミズアオイ科ホテイアオイ属)多年生の水草

南アメリカ原産で水面に浮かんで生育し、夏に青く美しい花が咲く。
日本には明治時代に持ち込まれ、本州中部以南で野生化している。
繁殖力が強く、あっという間に水面を覆いつくすため
在来の水草を競争で排除する事態や水生動物への影響も懸念され
「青い悪魔」と呼ばれている。
国際自然保護連合(ICUN)種の保全委員会が作成した世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれているが、特定外来生物には指定されていない。
別名ホテイソウ、ウォーターヒヤシンス


写真は10月11日
一面ホテイアオイで覆われた長崎県佐世保市日野町の池で撮影。



地球上に息づく、多くの、さまざまな生命。その無数の生きものたちが織り成す、壮大なつながりを、「生物多様性」といいます。私たち人類もまた、その一部。自然環境の中で、生きものたちがどのように支えあい、つながって生きているのか。普段はなかなか気づかない、「生物多様性」の世界に目を向けてみましょう。


“いきものみっけ”は環境省生物多様センターが実施する市民参加のいきもの調査です。
みなさんから、いきものが出現する季節や見られた場所や情報をお送りいただくものです。
あなたも“みっけにん”になってみませんか?





「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月27日

虹の橋の金太郎から欽ちゃんと安祐美ちゃんへ

昨日のスポーツニュース
欽ちゃん電撃引退!次期監督に安祐美指名
サンケイスポーツ10月26日(火)7時51分配信


090307_DSC_0016.jpg


えっ!安祐美ちゃん監督になるんだ。
おめでとう!
金太郎が安祐美ちゃんと会ったのは昨年の3月7日
茨城ゴールデンゴールズ対長崎セインツのスペシャルゲームのとき。
金太郎、安祐美ちゃんにいっぱいハグハグしてもらったんだ。
あれから1年8ヶ月近くなるけど
金太郎が虹の橋に逝っちゃったこと知ってるかなぁ〜。
元気だったらまた会うこともできたのに。


090307_DSC_0066.jpg


欽ちゃんもお疲れ様。
金太郎、欽ちゃんから突っ込まれたり(左サイドバーの動画を見てください。)「俺様にお尻を向けるとは失礼だよ。」なんて言われたけど、写真見てもらったらわかると思うけどとってもお行儀よくしてたんだよ。

欽ちゃん球団との試合、
金太郎にとっても忘れることのできない試合
虹の橋でお友達に自慢してるんだ。

金太郎は欽ちゃんと安祐美ちゃんとお友達なんだよ。
すごいだろうってネ。

もう、金太郎は欽ちゃんにも安祐美ちゃんにも会うことはできないけど、虹の橋からず〜っと応援してるからネ。

2010年10月27日(水)0時0分 虹の橋の金太郎より



090307_DSC_0138.jpg


大観衆を前に堂々とベースボールドッグを務めた金太郎の勇姿

090307_DSC_0085.jpg


安祐美ちゃんのオフィシャルブログ
“安祐美のあゆみ”にも紹介していただきました。



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月26日

愛犬は天然記念物“紀州犬”

はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/


9月7日(火)74回目の「金太郎パパ動物園」
今回は天然記念物の“紀州犬”の飼い主さんで小林康子さん、佐々町からお越しいただきました。


100907_DSC_1115.jpg


小林さんとは、先日、佐世保駅前フレスタ佐世保で行われた警察犬のデモンストレーション会場で「もしかしたら金太郎君のパパさんですか?」と声をかけていただき、3年前にドッグランで会って以来の再会でした。
いろいろお話を伺うと、紀州犬を飼っていらっしゃるということで番組出演をお願いしました。


070701_DSCN3569.jpg
2007.7.1有田ドッグランヒルズでこてつ君と会ったときの写真です。

小林さんのところにはまもなく4才になるこてつ君と1才半のひめちゃんと2頭の紀州犬がいます。ドッグランで会ったのはこてつ君が8ヶ月くらいのときでした。

紀州犬は北海道犬、秋田犬、甲斐犬、柴犬、四国犬とともに天然記念物に指定されています。それだけに種を保存していくという使命もあるようです。天然記念物の犬が一般家庭で飼われているってなにか不思議な感じがします。


ひめちゃんは7月26日夕方5頭の子どもたちのお母さんになりました。家族みんなで出産に立ち会ったそうです。子どもたちにとっても大変貴重な体験だったとおっしゃっていました。

その後の子どもたちのことは
こてつ君のブログ「紀州犬こてつ日和」をご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/natuginta

img_389822_26485013_1.jpg


小林さんは日本犬保存会にも所属され、情報交換や展覧会などにも出陳されています。
(ちなみに10月24日(日)日本犬保存会佐賀支部展でひめちゃんの子ども“くまちゃん(西海乃伯王号)”が幼稚幼犬トップ賞に輝きました。)

img_389822_26967078_0.jpg
トップ賞の貫禄!凛々しいくまちゃんです。


小林さんの幼い頃の夢はシャチの調教師
卒論もシャチがテーマ、実際にシャチと会ったことはないのですが、シャチと一緒に泳ぐのが夢だったそうです。
高校までは水泳選手だったということもあって、確かにウェットスーツが似合いそうな小林さん。
マイブームはもちろん犬、こてつ君とひめちゃんを中心にご主人さん、3人のお子さん…幸せいっぱいの小林さんでした。


最後に小林さんにとってこてつ君、ひめちゃんとその子どもたちは…
「かけがえのない家族です。」



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月25日

身近な動物園

はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/


8月31日(火)73回目の「金太郎パパ動物園」
すっかり月末恒例となったいしだけ動植物園から、昨年の11月30日、今年4月6日の1周年記念番組に続いて3度目の出演、辻松淳二獣医師です。


100831_DSC_1093.jpg


辻松さんは北海道大学獣医学部卒業後→旭山動物園(北海道旭川市)→青年海外協力隊(中米グァテマラ)→動物病院(札幌・千歳)→大牟田動物園(熊本県大牟田市)→そして最西端の動物園いしだけ動植物園(長崎県佐世保市)と日本を縦断、しかも野生動物からペットまでかかわってこられるという経験豊富な経歴の持ち主です。


佐世保に来られたのは一年前
まずは一年間住んでみた佐世保の印象から…

「暑い、とにかく暑いですね。中米グァテマラより暑いくらいです。」
今年の場合は佐世保に限ったことではなく全国的に暑かったのですが…

動物たちにとっても厳しい夏でした。
熱中症にはかなり気を使ったそうです。暑さに強い、ゾウやキリンでもいつでも日の当らないところに避難できるように扉を開放しておくなどの対策を立てたそうです。


101011_DSC_0464.jpg


中米グァテマラでの仕事は、密猟者より警察が押収したさまざまな野生の動物の赤ちゃんたちを保護し、治療をしたり、育てたりして再びジャングルに戻すことでした。環境や食事はもちろんのこと全く価値観の違うグァテマラでの体験は今でも生きているそうです。



もともと動物園は珍獣、奇獣を見せる見世物小屋見たいなものから、いまでは自然に動物のすばらし動きや生態を観てもらって動物に感激してもらおうという形に変わってきています。

辻松さんが考える動物園のイメージ、役割は…
「もっと動物を身近に感じてもらい、動物と人がつながる接着剤みたいな役割を担えればと思います。人は動物と一緒に、支えられて生きているんだよということを教えられれば、野生動物の保護、環境保全の近道だと思います。」

辻松さんの理想とする動物園は“身近な動物園”

間に動物がいて人とかかわること

見て、触れて、命の鼓動を感じられる動物園
豊かでかけがえのない自然にふれあえるような動物園
そして、人が本来持っている大切なものを取り戻してほしい
そんな動物園

そしてそれが「金太郎パパ動物園」が目指しているテーマでもあります。

101011_DSC_0488.jpg


生存数30数頭といわれる希少種“対州馬”の親子
右が今年生まれた“姫花ちゃん”左が母親の“豊姫”です。

101011_DSC_0480.jpg


最後に辻松さんから一言
辻松さんにとって動物は…

“相棒であり同僚です。”

辻松さんの動物に対する愛情が感じられる一言でした。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月24日

夢は“わんちゃん王国”

はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/


8月24日(火)72回目の「金太郎パパ動物園」
今回は愛犬家で佐世保市議会議員若手のホープ“山下廣大議員”をお招きしてお話をお聞きしました。


100824_DSC_0997.jpg

山下廣大さんは6歳のフレンチブルドッグ“リブくん”を筆頭にマルチーズ2頭、チワワとマルチーズのミックス、トイプードル2頭、計6頭という多頭飼いの愛犬家であり、私たち愛犬家にとっても頼もしい議員さんです。

平成20年3月の定例会で市民の方の要望を受け烏帽子岳スポーツの里にドッグラン開設を提案、市長は烏帽子岳スポーツの里再利用計画の中で検討を深めたいと答弁されました。
(詳しくは佐世保市のHPより佐世保市議会の議事録をご覧ください。)
その後、計画は具体化し今秋工事開始、来夏もしくは来秋までには開設する予定となりました。

山下廣大さんは議会において、烏帽子のドッグランを足がかりとして人と犬が共生できる社会、そして将来的には“ワンちゃん王国佐世保”といわれるような町を目指したいと声高らかに発言されました。

子どもたちの教育、高齢者の孤独感を補い健康増進にもつながるなど、私たちに無償の愛を与えてくれる犬、山下廣大さんは、そんな犬たちのために、犬が暮しやすい環境整備などに力を注ぎたいと約束していただきました。

“犬議員”山下廣大さんのこれからの活躍に期待したいと思います。



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月23日

犬と歩く

 金太郎は約半年はブリーダーさんのところで十数頭の犬たちと過ごし、その後の半年は金太郎の母親の実家で暮していました。
一年間は母親と一緒に暮していたことになります。
今考えると、そのことが金太郎にとってとってもよかったのではと思っています。穏やかな母親の性格をしっかり受け継いでいたような気がします。


 ただ、金太郎はよく言われるところの幼少期における社会化期訓練はほとんどなされていませんでした。フェンスで囲まれた遊び場で走り回ることはあっても、散歩らしい散歩はほとんどしていなかった思います。
外の世界のことはほとんどといっていいほど知らなかったはずです。いわば塀の中の生活だったと思います。


 金太郎の社会化期訓練は私のところに来てから、それも一年余の闘病後、3才を過ぎた頃からです。一般的に言えば手遅れかもと言われる年齢からでした。
私は、犬を飼うのは金太郎がはじめて、社会化期訓練の重要性など知る由もありませんでした。


 金太郎と一緒に暮せるのはそう長くはないかも知れない。
仕事も忙しいなか、私はできるだけ金太郎との時間を持つように務めました。打ち合わせが夜になったときなどは一緒に連れて行くこともありました。
散歩もほとんど深夜とか早朝、暗闇の中を一日2時間以上は街のあちこちを歩き回りました。
そのうちに、アーケードの散歩にも挑戦、街の人たちともふれあうようになり、ちょっと遅すぎたかもしれない社会化期訓練を知らず知らずのうちにやっていました。


DSC_0549_080206_.jpg
2008年2月6日 佐世保市内のアーケード街で


 アーケードの散歩は金太郎にとって理想的なしつけの場でもあったような気がします。

大勢の中で落ちつかせること…
人を信頼させること…
そして何よりも私をリーダーと認めさせること…

金太郎はアーケードでどのように振舞えばいいのか良くわかっていたような気がします。
もちろん、マナーも完璧でした。
アーケード内ではマーキング(5ヶ月目に去勢していたのでもともとしていませんでしたが。)、排泄は絶対しませんでした。

排泄については、金太郎はほとんどといっていいほど、自分勝手にはさせていませんでした。
いつも飼い主である私のコントロール下でさせていました。
金太郎はベースボールドッグとして野球場への入場を許可されていました。排泄のしつけは必須となります。
ちゃんとコントロールできないと入場は許可してもらえなかったでしょう。

よくアーケードでところかまわずマーキングや排泄をする犬を見かけますが、トイレトレーニングは必ずできるはずです。もともと犬は舗装面で排泄することを好まない習性があるそうですから…


DSC_0408_071213.jpg
2007年12月13日 佐世保市内のアーケード街で


 散歩中の犬と飼い主さんを観察すると、感心できるような散歩をしている飼い主さんはほとんど見かけません。
犬に引きずられて歩いている飼い主さんがほとんどです。
中には地面や木々などをしつこく嗅いだり、マーキングをするのをじっと待っている人もいます。ロングリードや伸縮式のリードで犬を自由に歩かせている人もいます。
犬は決してそういうことを望んではいません。できることなら、信頼できるリーダーのもとで安心して歩きたいと願っているはずです。

余談ですがハンドラーさんからきいた首輪のかけ方
頭が自由に動かないようにできるだけ顎に近いところに首輪をかけます。特に大型犬や問題犬をコントロールする場合は効果があるようです。
首の深いところだと頭が自由に動きほとんどコントロールができないはずです。たとえば引っ張り癖のある犬はたいていそのような状態になっているはずです。
引っ張り返してもさらに引っ張られるだけだと思います。
そういえば、馬はそうですね。頭をコントロールすることによって自由に操っていますね。


DSC_0417_071213.jpg
2007年12月13日 佐世保市内のアーケード街で


散歩すなわち歩くことは犬にとって野性の頃からの生きていくための大切な活動のひとつで、生まれたときからその脳に組み込まれているそうです。

散歩には次の3つの目的があります。

@飼主(群れのリーダー)が犬と絆を結びリーダーシップを示すため
A運動
B情報収集


金太郎と私の絆は散歩によって培われたと思います。
散歩は金太郎だけではなく私自身にもあたらしい発見や出会いを与えてくれました。

正しい散歩を実践することで、あなたとあなたの愛犬との関係は理想的なものになり、犬とくらすことの楽しさが倍増することは間違いないと思います。


DSC_0223_080421.jpg
2008年4月21日 佐世保市内のアーケード街で


もうひとつドッグランのことも感じたことを書いてみたいと思います。

金太郎がいない今でもよくドッグランに行きます。
犬や飼い主さんを観察していると金太郎がいるときには気づかなかったことがよくわかるようになりました。


P1030453K.jpg
2007年1月20日 ドッグランデビュー ちょっと不安そうな金太郎


よく、散歩の代わりにドッグランに行く飼い主さんがいますが
前に記した、散歩の目的からもわかるように決して、散歩の代わりにはならないと思っていいと思います。

こんな経験ありませんか?
あなたの犬はお出かけするときどこに向かっているのかわかっているのではと思うときがありませんか。
確かにそんなことがありますよね。犬はその嗅覚と周りの風景でどこに向かっているのかを理解できるようです。
たとえばよく行くドッグランに向かったとします。
あなたの犬はドッグランに近づくと立ち上がって興奮することはありませんか。
金太郎もそういうときがありました。多分嬉しいんだろうなぁ〜と思っていましたが、どうもそうばかりとはいえないようです。


P1030461K.jpg
2007年1月20日 ドッグランデビュー


ドッグランは安全に犬が社会性を身につける場所かも知れませんが、必ずしも心地のいい場所とはいえません。
そこには、はじめて会う犬…その場所を牛耳っている犬…相性の悪い犬…精神的に不安定な犬や攻撃的な犬がいるかも知れません。

人間だってそうですが、あなたの犬はそんな犬との出会いを望んでいないはずです。
もしかしたら、不安で仕方がない犬だっているはずです。

もちろんドッグランが楽しいと思っている犬もいるかも知れませんが
ただそれだけです。それ以上のものは期待できないと思います。

ドッグランに行くときは事前に散歩をするなど、充分に落ちつかせてから行くべきなのかも知れません。

さらにたちの悪い飼い主さんもいらっしゃいます。
犬をほったらかしにする飼い主さんです。
安全な場所だからといって、目を離したらいけないと思います。
あなたの犬の行動をしっかり監視し指示し、リーダーとしての責任を果たさなければなりません。
あなたの犬の安全を守るためにも、他の犬の気性や行動も観察しなければいけないでしょう。
できれば、一緒に遊んであげるべきです。
ドッグランは飼い主の息抜きの場所ではないのですから…。

毎日ドッグランで自由に遊ばせている犬ほど、わがままでコントロールの効かない自由奔放な犬が多いような気がします。


P1030470K.jpg
2007年1月20日 ドッグランデビューのとき
「金太郎パパ動物園」のお手伝いをしていただいているNOKKOさんの愛犬“あんりちゃん”と“きららちゃん”にもこのときはじめて会いました。NOKKOさんの第一印象…美人だけど厳しそう!



金太郎のドッグランデビューは4才半のとき、比較的遅い時期でした。

金太郎はドッグランにおいても実に穏やかで、決して興奮することはありませんでした。
いつも私の様子を伺いながら、一見マイペースに見えるかのようにドッグランを楽しんでいたような気がします。
ただ金太郎は犬たちとふれあうよりも飼い主さんとふれあうことが好きだったようです。

それは私自身が、人間社会で共生していく犬にとって、犬たちとのかかわりよりも圧倒的に人とのかかわりが多いと思っていたことによると思います。
犬は紛れもなく人間社会で生きていかなければならないのです。


金太郎はいつも人の中にいました。

それはアーケードだったり…
球場だったり…
あるいは老人ホームだったり…
幼稚園だったり…
イベントの会場だったり…


ひとつだけとっても残念なことがあります。
私は、犬のしつけなどについてアドバイスできるような知識も経験も持ち合わせていませんが、球場での私と金太郎のかかわり方をぜひ見てほしかったということです。金太郎はそのために訓練されていたわけではありません。広島カープの“ミッキーくん”のようなスーパードッグではありませんでしたが、無心にしかも誇らしげにボールを運ぶ金太郎を見ていただけたら、犬と人が楽しむためのヒントのようなものをわかっていただけたのではないかと思っていました。

そしてそれが、“犬にやさしい町”の実現への足がかりになるとも思っていました。



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月22日

佐世保にもクマが出没?

日本全国でクマが出没し被害が多発しているようです。
九州に生息していたツキノワグマは1987年大分県で捕獲された後、クマのような動物を見たとの目撃情報はありますが、生息はすでに絶望的であるといわれています。


ところが2007年3月佐世保でクマのような動物が見かけられました。
まさにクマです。
住民に見つかったら射殺間違いなしです。

DSCN0257K.jpg






でも、ほんとにクマ…?????

DSCN0256K.jpg







やっぱりクマかな!

DSCN0254K.jpg







よくよく見ると… なあ〜んだ、金太郎か!

DSCN0262K.jpg



クマのような風貌の金太郎は子どもたちにも、街の人たちにもとっても人気がありました。いしだけ動植物園のツキノワグマ美海(みみ)ちゃんと豪詩(つよし)くんも人気者です。特に豪詩くんの丸太回しは一日中見てても飽きない愛くるしさです。

100814_DSC_0871.jpg
長野県で保護されていしだけ動植物園にやってきた美海ちゃん

100814_DSC_0875.jpg
丸太回しが大得意!美海ちゃんのお婿さん豪詩くん


 クマが人里に現れるようになったのは、温暖化による猛暑のためクマの主食であるドングリ(クヌギの果実)の凶作が原因だといわれているそうです。増え続けるクマの出没は変化する環境に対する警告だといってもいいでしょう。クマだけに限らず、私たち人間を含め、いま地球上に住んでいる全ての生きものたちが、絶滅するかも知れない危機にさらされていることを自覚すべきだと思います。

かけがえのない地球を守るために、今、私たちにできることを考えて見ましょう。






「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月21日

迎えるための準備

 金太郎が虹の橋に旅立ってまもなく1年3ヶ月が経とうとしています。
金太郎のいない生活、母の介護をしながらの生活パターンにも少しずつですが慣れはじめてきた今日この頃です。
金太郎がいなくなっても、相変わらず、ドッグランへ行ったり、犬の行事にも参加させていただいたりといまだに犬まみれは変わりません。


061128_P1010808.jpg
2006.11.28 金太郎と愛車です。気に入っていた折りたたみ自転車だったのにスーパーの前に2〜3日置き忘れ後、盗難にあってしまいました。


 そろそろ、2代目金太郎をと考えてはいるのですが、母のことも含め、クリアーしなければならない問題がいくつかあります。
そのひとつが、次に迎える犬は金太郎の代わりであってはならないということです。まだまだ私は金太郎の代わりを望んでいるかも知れません。
多くの愛犬家が、愛犬が死んだばかりのときに、新しい犬を迎えるケースが多いようですが、金太郎を亡くして1年3ヶ月が経ち、そのこと自体に疑問を感じるようになりました。

次の犬を迎えるときは万全を期して迎えるべきだと考えています。


 さすらいのドッグトレーナー“シーザー・ミラン”の言葉です。
「難しいとは思いますが、愛していたペットが死んだあと、新しい動物を迎え入れるのはしばらく待つようにおすすめします。まずはカーテンを開けて光を入れ、もう一度笑える準備ができるまで待ってください。もう一度あなたが群れのリーダーになり、新しい犬のために健康的で精神的に落ちついた家を提供する準備ができてからにしましょう。」

悲しみに沈む家に、強い群れのリーダは存在しません!



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月18日

まだ間にあうから

10月10日(日)のことです。
はっぴぃFMのリスナーさんから1本の電話が入りました。
ハウステンボスのコンサート会場からでした。
金太郎パパにぜひ聴いてほしい歌があるので、資料などいただいてきましょうか…との電話でした。


もしかしたら、その歌って
「まだ間にあうから」という歌では…

なぜ、知っているんですか?


その日の2・3日前でした。
Twitter上にリンクしてあった「まだ間にあうから」という歌を偶然聴いたばかりだったのです。
パソコンの前で聴いた「まだ間にあうから」には深い感銘を受けました。





ハウステンボスのコンサート会場、アーケードのデパート前の特設ステージでも歌われたたそうですから、生の歌を聴かれた方もいらっしゃるかも知れません。
歌っているのは松山リュウくん、イタリア在住の日本人で22歳の青年だそうです。


話はここで終わりではありません。
この歌を、作詞された方と作曲された方が、いまハウステンボスにいらっしゃるというのです。電話を代わっていただきました。ぜひ会いましょうという約束をして、宿泊先のホテルで会うことになりました。


101017_DSC_0592.jpg
10月17日(日)に佐世保市で行われた犬猫譲渡会より


「まだ間にあうから」は作詞された田中秀子さんとドイツ在住のプロの作曲家松尾由佳さんとの偶然の出会いから誕生しました。たまたまネット上で田中さんの詩をみた、松尾さんが曲つけることを申し出られたのです。


こうして誕生した「まだ間にあうから」
お二人はこの歌をできるだけ多くの方に歌ってもらい、そして聴いてもらい、一頭でも多くの小さな命を救うお手伝いができればと、田中さん、松尾さんが発起人となって「まだ間にあうからプロジェクト」としてスタートしました。


田中さんは自らも熱心に保護活動をなされています。
松尾さんは永くドイツに在住されていることもあって、ドイツ他、ヨーロッパのペット事情にとても精通された方でした。


101017_DSC_0589.jpg
10月17日(日)に佐世保市で行われた犬猫譲渡会より


二人の思いが一枚のCDとなりました。
そしてこの収益金が、犬や猫のために活動されているボランティア団体に寄付されることになりました。みなさんひとりひとりの小さな思いが大きな力となって、多くの小さな命を救う力となるはずです。


歌は必ず、多くの人々の心をひきつけひとつにしてくれると信じています。




101017_DSC_0522.jpg
10月17日(日)に佐世保市で行われた犬猫譲渡会より



「まだ間に合うから 〜小さな命を救って下さい〜」
作詞:田中秀子 作曲:松尾由佳 歌:Ryu Matsuyama


まだ 間に合うから
まだ 間に合うから
この重い扉を開けてください

まだ 間にあうから…
まだ 間にあうから…
迎えに来てください

もしも あなたが
この重い扉を 開けてくれたら
私はもう一度
青い空が見れるのに


101017_DSC_0527.jpg
10月17日(日)に佐世保市で行われた犬猫譲渡会より


もしも あなたが
この私に名前を付けてくれたら
嬉しくて 嬉しくて
泣き続けるでしょう

きっと あなたがきてくれる
きっと あなたを好きになる

ずっと あなたのそばにいる
ずっと あなたと 生きてゆく


101017_DSC_0539.jpg
10月17日(日)に佐世保市で行われた犬猫譲渡会より


まだ 間に合うから…
まだ 間に合うから…

虹の橋を わたる前に
もう一度 青い空をみせて
力尽きて 声も出ないけど
あなたが来る事 信じて眠る

虹の橋を わたる前に
もう一度 強く抱きしめて
力尽きて 涙も出ないけど
あなたが来ること 夢見て眠る

あなたがきっと来てくれる


101017_DSC_0596.jpg
10月17日(日)に佐世保市で行われた犬猫譲渡会より


ご協力いただける方はこちらから
「まだ間にあうから 〜小さな命を救って下さい〜」
o0150006010794872552.jpg



おまけの画像です。
2009年6月14日(日)
金太郎が虹の橋に旅立つ1ヶ月半前
金太郎が参加した最後の犬猫譲渡会々場で…

090614_DSC_0435.jpg



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月15日

フクロテナガザルの“モンクロウくん”37年ぶりの再会

はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/


8月17日(火)71回目の「金太郎パパ動物園」
今回はNOKKOさんと二人で動物談議です。

最も二人とも動物の専門家でも動物オタクでもありませんが、月に一度くらいは二人で好き勝手にしゃべりましょうということで5月から始めました。



いしだけ動植物園に“モンクロウくん”というオスのフクロテナガザルがいます。

“モンクロウくん”どこか金太郎によく似ています。
仕草や表情を観察していると金太郎を観ているようです。
とても親近感を覚えます。

よく金太郎パパは金太郎に似ているといわれますが、
“モンクロウくん”を観ているとちょっと納得させられます。


100814_DSC_0853.jpg

“モンクロウくん”には驚きのエピソードがあります。

“モンクロウくん”は37年前、船乗りさんだった方が連れ帰ったのですが、手に負えなくなって、いしだけ動植物園に保護をお願いされました。当時2〜3歳くらいだったと思われるので、推定年齢40歳位。飼育下でも長生きする個体はあるようですが、平均的に20歳位だといわれていますから、大変な長寿です。
以後37年間“モンクロウくん”は動植物園のアイドルとして、元気に暮してきましたが、さすがに高齢、最近では以前のような元気はないようです。

100814_DSC_0856.jpg

今年の夏のことです。
そんな“モンクロウくん”に元の飼い主さんが会いに来られたそうです。
実に37年ぶりの再会です。
立ち会った飼育員さんによると、とても感動的だったそうです。


もちろん“モンクロウくん”は覚えていなかったでしょうけど…。



もし金太郎が檻の中に入ったら…
2008年2月14日、初めてのJRの旅…博多駅で

080214_DSC_0005.jpg



ほか、“いきものみっけ”の話“モグラ”の話“かわいそうなぞう”の話“犬を飼うための10の条件”など盛りだくさんな話をさせていただきました。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

かわいそうなぞう

金太郎が縁で地元コミュニティFMの動物番組「金太郎パパ動物園」のパーソナリティをまかされて1年半、動物園の飼育員さんとも知り合いになり、動物園にいくことも多くなりました。
動物園の楽しみ方や動物たちのことも少しはわかるようになった気がします。


夏休みの話になりますが、8月14日(土)“わくわく夜の動植物園”開催中のいしだけ動植物園へ!はっぴぃFMのパーソナリティ“キャンベル姉さん”“やなっち”“CHIKAさん”がボランティアで読み聞かせをやっているということもあって、その時間に合わせて行ってみました。


いしだけ動植物園の人気者!アジアゾウの“ハナ子ちゃん”です。
いしだけ動植物園にやってきたのは38年前、今年40歳になります。

100814_DSC_0905.jpg


飼育員さん手作りの“ハナ子ちゃん”の原寸大の鼻と足です。
さすがにでかい!

100814_DSC_0820.jpg

100814_DSC_0824.jpg

100814_DSC_0825.jpg


足の中にすっぽり入ってしまった子ども。

100814_DSC_0881.jpg


“ハナ子ちゃん”の実物のウンチです。
一日100キロも食べる大食漢、ウンチもビッグ!

100814_DSC_0886.jpg



100814_DSC_0900.jpg


“キャンベル姉さん”の読み聞かせ
読んでくれた絵本は戦争を知らない子どもたちのためにと、第二次世界大戦中に上野動物園でゾウを餓死させた実話を元にした童話“かわいそうなぞう

あらすじは…
第二次世界大戦中の話。
戦争の激化により、空襲時に檻が破壊され猛獣たちが逃げ出したら、住民に危険を及ぼす可能性を予想し殺処分する命令が出されます。
ライオンや熊が殺され、残るはゾウのジョン、トンキー、ワンリーだけになります。

毒の入った餌を与えても、ゾウたちは餌を吐き出してしまいます。
毒を注射しようとしても針が折れてしまいます。
そこで、餌や水を与えるのを止め餓死させることにします。ゾウたちは餌をもらうために必死に芸をしたりしますが、ジョン、ワンリー、トンキーの順に餓死していきます。


1943年の出来事です。


100814_DSC_0894.jpg




かわいそうなぞう―読みきかせ大型絵本

かわいそうなぞう―読みきかせ大型絵本

  • 作者: 土家 由岐雄
  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 1999/04
  • メディア: 大型本







「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif

2010年10月14日

ペットは“イグアナ”と“フトアゴヒゲトカゲ”

はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/

なかなかUPされないので放送まだ続いているのかなぁ〜と心配していらっしゃる方もあるかも知れませんが、ちゃんと続いていますよ。なにしろ「金太郎パパ動物園」は、はっぴぃFMの長寿番組を目指していますから…もういいですよ!といわれるまではがんばるつもりです。

まずは8月10日(火)70回目の「金太郎パパ」動物園」
8月3日の昆虫博士に続いて、子どもたちの夏休みの宿題に役立てばと九十九島水族館「海きらら」より魚類担当の長田信人さんをお迎えしました。


100810_DSC_0810.jpg


UPが遅くなった場合は、同時録音を聞きながら記事にするのですが、手違いでこの回の同時録音がなされていませんでした。今までの放送の中でも5本の指に入るくらいのいい放送だったのにとっても残念です。

長田さんには開催中だった海きらら開館1周年記念企画“生きもの珍発見”より、世界一重いカニ、丸くなるイソギンチャク、首の長〜いカメなど展示中の珍しい生きものを紹介をしていただきました。

また12年前に生月で捕獲され、「海きらら」で飼育されているさんご礁に生息する最大の魚“タマカイ”の話も興味深いものでした。(現在体長1.8m、体重80kgあるそうです。)


動植物園や水族館の方をお客様に迎えたときは、飼っていらっしゃるペットありますか?と聞くのですが、なぜか両生類や爬虫類を飼っていらっしゃる方が多いようです。
長田さんのペットも例に漏れず爬虫類で“イグアナ”と“フトアゴヒゲトカゲ”!

相方のNOKKOさんと思わず「え〜っ」と声を上げてしまいました。



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年10月06日

イングリッシュ・セッター里親募集

10月5日(火)
佐世保犬管理所にちょっと気になるワンちゃんがいたので、見に行ってきました。
9月30日、佐世保市椎木町総合グランド付近にいたところを捕獲された2頭のイングリッシュ・セッターです。この場所は金太郎との思い出の場所でもある佐世保球場があるところで、ワンちゃんのお散歩スポットでもあります。迷ってこの場所にきたのか、犬好きの方が保護してくれるのを期待して意図的にここに放棄されたのかわかりませんが、大型犬で、外国人の方が好みそうな犬種で、しかも未登録であるところから基地関係の方の飼い犬だったのかも知れません。首輪もチェーンチョーカーがつけられてありました。よく基地の町では、飼い犬をそのまま残して国に帰ってしまうという話も聞きます。もちろん全てのワンちゃんが置き去りにされているというわけではありませんが…。そんなワンちゃんの里親さんになられた方に「金太郎パパ動物園」に出演していただいたこともあります。


101005_DSC_0433.jpg


犬を飼うための条件の一つに“引越しや転勤の予定がないこと”は重要な条件の一つです。特に大型犬の場合は絶対条件です。ペット可のマンションなどでも大型犬は制限されているところがほとんどです。


この日は7頭の犬が収容されていました。いずれも成犬です。
管理所前にダンボール箱に入れて放置されていたシーズー2頭もいました。ブリーダーによる放置かも知れないということでした。用済みの繁殖犬なのかも知れません。確かに歩行状態やケアの状態からも繁殖犬のような気がしました。散歩などもさせてもらえず、ずっとケージの中だったのかも知れません。


イングリッシュ・セッターは佐世保市内で活動されているボランティアの方に呼びかけ、“佐世保発 Animal Rescue いのちのリレー”の皆さんで保護することになりました。すでに預かりさんも決まり、一両日中に引き出されることになりました。

健康チェックや行動チェックなどをした上で里親募集となります。
人にも良く慣れていて問題があるようには見えませんでした。
この手の犬の好きな人にはいいパートナーになってくれるでしょう。

里親希望の方はhanna.mamaさんへ



101005_DSC_0438.jpg

この日“佐世保発 Animal Rescue いのちのリレー”によって保護された「かえでちゃん」です。推定年齢5〜6ヶ月、雑種、体重8.5kgのメスです。
ほのぼのとした顔の癒し系、ちょっとびびりさんのようでしたが、きっといい家庭犬になれると思います。テリアの血が混じっているようです。

「かえでちゃん」も里親募集中です。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年10月03日

“ヒガンバナ”みっけ

久しぶりの“いきものみっけ”です。
“いきものみっけ”は環境省生物多様性センターが実施する市民参加のいきもの調査です。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.mikke.go.jp/

100930s_彼岸花_DSC_0405.jpg

9月下旬ころから家の周りで“ヒガンバナ”を見かけるようになりました。
猛暑のせいか例年よりも遅かったような気がします。

ヒガンバナ
(ヒガンバナ科 ヒガンバナ属)多年草

高さ 30cm〜50cm
時期 夏の終わりから秋の初め
分布 日本全土 沖縄

全草有毒な多年生の球根性植物。土に穴を掘る小動物を避けるため、あぜや土手に植えられたと考えられています。

季語・花言葉
秋の季語。
花言葉は「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」
「悲しい思い出」[4]「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。

迷信
俗信では、家に持って帰ると、火事になる花とも言われている。


「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。