information

えぼし岳高原スポーツの里(長崎県佐世保市)に
“ドッグランえぼし”オープン!

110625_DSC_0783.jpg

【登録条件】(@〜Cすべての条件が必要です。)
@飼い主が18歳以上であること。             
A蓄犬登録済みで1年以内に狂犬病予防接種を受けていること。
B予防接種(各種ワクチン)を受けていること。
C闘犬または攻撃的な犬種でないこと。

【登録時に必要なもの】
@犬鑑札 A狂犬病予防接種済証
B予防接種済みが確認できるもの
C飼い主の身分証明書
D飼い主さんといっしょに写った写真(縦32mm×横28mm)

【登録料】500円
※申し込みは、所定の登録申請書に必要事項を記入し、
ドッグラン管理事務所へ提出してください。
お問い合わせは 0956-59-9511

開場日時:水・土・日・祝日
9時〜18時(10月〜3月は17時閉場)
利用料:1日1頭300円/年間パスポート1頭3,000円



ランキングに参加しています。
初代金太郎はアジソン病と闘いながらも、
6年11ヶ月しっかり生きぬきました。
虹の橋の金太郎に応援ポチッ!忘れないで下さいね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif




2010年06月29日

お客様はNIAちゃんのママ

はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/


6月22日(火)63回目の「金太郎パパ動物園」のお客様は
3年前と1年前に金太郎ブログに登場していただいたNIAちゃんのママでバーシュ多季子さん。愛犬はスタンダードブルテリアのネニちゃんとミニチュアブルテリアのモチちゃんです。


100622_DSC_0315.jpg

100622_DSC_0317.jpg


バーシュさんとはもちろん面識は会ったのですが、お話をするまではわかりませんでした。お子さんのことを当ブログで紹介していますのでご覧になってください。

3年前のNIAちゃん
アルバカーキ橋の上で会いました。
2007.514
●マサチューセッツ州のおばあちゃんNIAだよ。
http://stanpookintaro.seesaa.net/article/41758956.html

DSCN1592K.jpg


昨年、アーケードで偶然にも再会。
2009.4.13
●あっ!金太郎だ。
http://stanpookintaro.seesaa.net/article/117386597.html

090412_DSC_0179.jpg


ネニちゃんは新聞に載っていた里親募集で迎えた子で、庭につながれっぱなし、近所の子どもたちにいじめられたり、首周りもつなぎっぱなしのせいかひどい状態だったそうです。食事も人間の残り物をたまにしか与えてもらえないなど、かなり劣悪な環境の中で育てられていたそうです。

その場ですぐ引き取り連れて帰ったそうです。


ネニちゃんのように、たとえ飼われている犬でも、虐待されたりなど恵まれない犬もいます。
一度、家族として迎えたワンちゃん、最後までやさしく面倒を見てあげましょう。
犬は私たちの心を癒してくれるだけではなく、あすへの活力をも与えてくれます。子どもたちには家族や命の大切さを教えてくれます。犬はすばらしい能力を持った私たち人類の友です。


バーシュ家にとっても、モチちゃんとネニちゃんは…
「二人の子どもたちと同じようにかけがえのない家族。」


この日も犬と暮らす人のあたたかさ、やさしさを知ることができた1時間でした。



6月8日(火)のお客様舛本淳子さんのところで飼っていらっしゃるフェレットのチャチャくんとお子さんです。
スタジオ前デビューです。

100622_DSC_0329.jpg


今日の「金太郎パパ動物園」お客様は、いしだけ動植物園のサポーター「サザンボス」の武内さんと壁村さんです。



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif



2010年06月27日

実家に戻って一年

今日は金太郎が虹の橋へ旅立って11ヶ月になります。


私と金太郎は昨年の6月26日
ひとり暮らしができなくなった母の元へ戻りました。
22年ぶりでした。


22年ぶりの田舎の生活にも慣れ、わずかばかりの畑で家庭菜園などを楽しみながらやっています。


すがすがしい朝の散歩、野山の散策…
もし、金太郎が元気でいてくれたら田舎の生活をもっともっと楽しむことができたのにと思うと、ちょっと残念な気もします。


090704_DSC_0593.jpg
2009.7.4 自宅前で
  

今日の自宅前です。
一年前とほとんどかわらない風景です。

100627_DSC_0332.jpg
2010.6.27


金太郎ブログの更新も最近滞り気味で、楽しみにしていらっしゃる方には申し訳ないと思っていますが、金太郎のいない金太郎ブログ、ちょっとつらいものがあります。


元気だった頃の金太郎の写真や記事、皆様からいただいたコメントなどを見るたびに、金太郎と暮らした6年間の思い出が次々とよみがえってきます。


金太郎ブログはこれからも続けていくつもりです。
まだまだ、皆様には伝えなければならないことがいっぱいあります。
虹の橋の金太郎にも見てほしいと思っています。


これからも金太郎ブログを応援してください。



今日は、午前中が佐世保地域猫の会のお手伝い
お天気が気になりますが、午後から長崎セインツの前期最終戦があります。





「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif



2010年06月25日

プロ野球独立リーグでも野球賭博

非常に残念なニュースです。

大相撲の野球賭博が騒がれていますが、四国・九州アイランドリーグと交流戦を行っているJFBL(ジャパン・フューチャーベースボール)に所属する大阪ゴールドビリケーンズでも、選手8人がNPBの試合を対象に野球賭博を行ったとして契約を解除されたとのニュースが先ほど流れました。


5月のゴールデンウィーク
長崎セインツ対大阪ゴールドビリケーンズ

100503_DSC_0133.jpg
2010.5.3 佐世保球場


熊本捕手と大阪の選手のパフォーマンス

100505_DSC_0197.jpg
20105.5 佐世保球場

今、全国の独立リーグのほとんどのチームは資金難のため、給与カット、給料遅配はもとより、撤退を余儀なくされたところもあります。
選手のみなさんはよく理解していただいていると思いますが、独立リーグはみなさんの夢の実現をお手伝いする場です。
皆さんを支えているのはファンの皆さんや、リーグを運営してくださっている方たちです。
そんな方たちのためにも、あきらめず、精一杯プレーをしてください。

きっと、道は開けると信じて…!




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif




2010年06月23日

金太郎を探せ!

暇つぶしに探した金太郎!

090413-DSC_0266.jpg
2009.4.13


Life sasebo web
おとなっぽいね!金太郎
2009.1.17
http://www.lifesasebo.com/99view/2009/01/_99view_vol231.php


theSoul 村井清崇オフィシャルブログ
二年ぶりの再会
2009.2.13
http://ameblo.jp/kiyotaka-murai/entry-10207727723.html


クネスカちゃんねる(DRAGON GATE)
金太郎
2009.2.17
http://spora.jp/kness/archive/897/0


長崎セインツ
金太郎(背番号11)が長崎セインツに入団!
2009.2.19
http://www.dreamerproject.com/news_release/news.cgi?mode=thumbnail&page=67


安祐美のあゆみ(欽ちゃん球団)
VS長崎セインツ
2009.3.8
http://ayumi-kataoka.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/vs-5fe7.html


鷹野正人の「スポーツ観察日記」プロ野球編
「もうひとつのプロ野球」開幕at佐世保
2009.4.4
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/takamasa/daily/20090404


読売オンライン関西発
「情熱応援 君がMVP」
2009.5.30
http://osaka.yomiuri.co.jp/sports/baseball/island/joho/sj90530a.htm


Sandy Trip AYUMI's BLOG ayuart
長崎セインツ優勝パレード
2009.6.28
http://ayuart.sandytrip.net/2009/06/post_905.php


CHIKA's Blog(はっぴぃFMパーソナリティ)
【訃報】金太郎くん虹の橋へ
2009.7.27
http://happyfm873.com/chika/_2249.html


さるくちゃん日記
長崎セインツの試合にまたまたオジャマ
2009.7.29
http://www.saruku.info/blog1/?p=1044


島の見物誌
巨星一匹、落つ。
2009.7.29
http://ameblo.jp/yukmarc/day-20090729.html


Michizoe Blog
佐世保のアイドル犬「金太郎」
2009.7.30
http://michizoe.blog.shinobi.jp/Entry/39/


P&M_Blog
金太郎にささげる完封勝利
2009.8.13
http://piaa0117.blog6.fc2.com/blog-entry-1160.html


はばたけかもめ
Rainbow Bridge
2009.10.13
http://ameblo.jp/sedona/entry-10364001717.html


ナナ
ベースボールドッグ「金太郎」くん〜永眠
2009.12.11
http://ameblo.jp/nanasmile7/entry-10408322001.html


ウィキペディア
長崎セインツ-チームの特徴
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B4%8E%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%84


ウィキペディア
セントポール・セインツ-概要
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%84



「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年06月21日

佐世保地域猫の会の活動

先日、佐世保市議会の傍聴に行ってきました。
W議員が地域猫の取り組みについて質問されました。
(愛猫家の方の傍聴が多かったような気がします。)
行政側の地域猫に対する理解度の高さには、ちょっと驚かされました。これも佐世保地域猫の会のみなさんの努力のたまものだと思います。
議事録は後日各家庭に配布されます。ぜひご覧になってください。
金太郎ブログでは配布に先がけてお知らせするつもりです。



佐世保地域猫の会の活動が活発になってきました。
紙芝居による地域猫啓発活動が町内会、小学校などからの要請で頻繁に行われています。
6月23日(水)は佐世保市立世知原小学校の3・4年の児童を対象に紙芝居をみてもらい、猫の命を視点に、命の尊さを考えてもらうことになっています。

091004_DSC_0138.jpg


昨日の夕方のことです。
えさやりなどをなさっている方お二人に地域猫のことをお話し、活動に参加していただくようおすすめしたところ、大変良く理解していただきました。


地域猫ということばはずいぶん認知されるようになってきましたが、まだまだその本質を理解されていない方もたくさんいらっしゃいます。
地域猫活動は住民トラブルの解決策として発案されました。保護活動によってひとつひとつの命を救うこともとっても大切なことですが、いま生きている猫たちが安心して暮らせる環境を整えてやることも大切なことだと思います。

行政と地域住民が一体となって、地域に住みつく飼い主のいない猫と地域住民が共存できる社会…それが地域猫活動です。
猫好きな方も猫嫌いな方も参加できる理想的な活動です。
えさやりもルールにのっとってやればこそこそやる必要はありません。
堂々とやることができます。
トラブルもなくなり、住民同士のコミュニケーションも取れるようになります。
無駄な命の切り捨てもなくなります。
全ての猫が命を全うすることができます。


殺処分ゼロは一部の方の保護活動だけでは達成は無理でしょう。
全ての住民のみなさんがやさしい心をもち、たとえ犬や猫でもあっても私たち人間と同じように、その命は尊いものであることを理解してもらわなければ解決できません。


議会を傍聴し、佐世保地域猫の会の活動を知り
金太郎の住んでいた町”佐世保”が「人と動物にやさしい町」へ大きな第一歩を踏み出しているような確信をもちました。


犬についてはY議員が積極的に質問されています。
ドッグランの開設も提案されました。今、実現に向けて準備中です。
ハウステンボスのペット解禁も市側より要望していただくように提案されていました。


議員の中に犬・猫のことに対して見識の高い方がいらっしゃることはとても心強いことです。
Y議員とは二度しかお話したことはありませんが、愛犬家でもあり金太郎のことをよくご存知でした。またいつもブログをみていただいているようです。


佐世保住民の方で、犬や猫に関する要望や質問があればご連絡ください。両議員に伝え議会に反映していただくようお願いすることができます。


「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年06月19日

幸せをつかんだランちゃん

はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/


6月15日(火)62回目の「金太郎パパ動物園」

動物にかかわる人、ペットと暮らしている人をお客様にお招きしてお話を伺う「はっぴぃアニマルのコーナー」、今回は5月に行われた長崎わんわんレスキュー主催の譲渡会で里親さんになられた馬場さんご夫妻です。

100615_DSC_0308.jpg


幸運にも幸せをつかんだワンちゃんはランちゃん、ヨーキー系のミックス犬、3ヶ月です。
ランちゃんははっぴぃ!FM「役立つ時間」でおなじみナナコさんが犬管理所を取材中に保護したワンちゃん、一回目の譲渡会エントリーで馬場さんご夫妻と巡り会うことができました。



100529_DSC_0546.jpg
2010.5.29 譲渡会のときのランちゃんです。



馬場家には成犬のとき譲り受けたヨーキーのラブちゃんがいましたが、ランちゃんを迎える一ヶ月前に虹の橋へいったばかりだったそうです。
ランちゃんはラブちゃんと違って生後3ヶ月ということで、しつけなどの苦労があるかも知れないけど、それも楽しみの一つだそうです。


まだ、馬場家に来て一ヶ月余、もうすでに待てやお座りもマスター、ちゃんとご飯も待つことができるそうです。階段の上がり降りやボール遊びも大変上手にやるそうです。


馬場さんご夫妻と二人のお子さん、5人目の家族となったランちゃん
馬場家にとってランちゃんは…
なくてはならない大事な家族、きっと幸せになってくれると思います。



金太郎パパ動物園では毎回
ドッグライフカウンセラーNOKKOさんのわんポイントアドバイス
いしだけ動植物園、海きららからのお知らせ
迷い犬、保健所からの保護情報
他、オフ会や譲渡会開催などのお知らせもいたしております。


6月22日(火)のはっぴぃアニマルコーナーのお客様は
バーシュ多希子さん
愛犬はブルテリアのネニちゃんとモチちゃんです。






「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年06月17日

金太郎見に来てくれたかな?

長崎わんわんレスキューの主宰者DD4Dさんの愛犬DDです。
2007年5月8日、佐世保公園で初めて会ったときの写真です。
DD7ヶ月のときでした。

DSCN1561K.jpg
2007.5.8 DD


ブログを通じてお友達になったジュリアンのママ、黄色いパンダさんの紹介で行った大崎ドッグランで初めてあったのが長崎わんわんレスキューのボス的存在ボズさんの愛犬サクラくん。2007年2月20日でした。

DSCN0110K.jpg
2007.2.20 ジュリアン

P1040509K.jpg
2007.2.20 サクラ

長崎わんわんレスキューのリーダーjoyパパの愛犬joyくん
2007年5月7日、佐世保公園で初めて会いました。
joyくん6ヶ月の頃

DSCN1503K.jpg
2007.5.7 joy


長崎わんわんレスキューを支える3人のリーダーです。
金太郎をきっかけとして3人は巡り合うことになりました。
次々とその輪は拡がり、20名ほどの仲間が集まりました。


そして3年後、出会いがひとつの形となって実を結びました。
6月13日(日)佐世保市中央公民館で開催された
ドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」の自主上映会です。

スタッフの努力が実って、目標入場者150名に対して154名
大成功です。

それぞれの犬たちを通じて知り合った仲間たちの思いをしっかりと伝えることができたはずです。

100613_DSC_0282.jpg


私はあまり力になれませんでしたが、もうすでにこの世にはいない金太郎が大変がんばってくれました。
会場の手配、教育委員会、はっぴぃFMの後援依頼、近辺の小学校への案内、地元メディアへの告知依頼、全て金太郎の顔でお願いすることができました。
小学校などでは、「金太郎です。」というだけで校長室に案内してもらうことができました。犬なのにたいしたやつです。



同時開催で行われた「犬と猫の写真&イラスト展」も大好評でした。
こうした、恵まれた環境の中で幸せな犬生・猫生を送っている犬や猫がいるかたわら、不幸な犬や猫がいることも今回の上映会で知っていただけたと思います。


100613_DSC_0255.jpg

ベースボールドッグ金太郎の写真とともにユニフォーム、ボールを運んだかご、リードも展示しました。

100613_DSC_0270.jpg

金太郎の写真の前で涙する人もいました。

100613_DSC_0250.jpg


金太郎の隣の猫の写真は全国的人気ブログ「こはる日和」
ローズマリーさんの写真です。

100613_DSC_0249.jpg




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年06月16日

お知らせ!

080605_DSC_0412-1873d.jpg
佐世保市松浦公園付近の野良猫たち


あす(6/17)の佐世保市議会で早稲田矩子議員が
地域猫のことについて質問されます。
関心のあられる方、保護活動などをなさっていらっしゃる方、時間が許すようだったらぜひ傍聴に行ってください。この手の質問にはほとんどの議員が無関心だそうです。ひとりでも多くの市民が関心を示すことによって行政を動かすことが可能になるはずです。
時間は2時半頃の予定、ちょっと早めに行ったほうがいいと思います。
私もぜひ傍聴したいと思っています。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


フェレットのチャチャくん

はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/

6月8日(火)62回目の「金太郎パパ動物園」

毎回、動物にかかわる人、ペットと暮らしている人をお客様にお招きしてお話を伺う「はっぴぃアニマルのコーナー」は舛本淳子さん。
ペットはイタチの仲間でマーシャルフェレットのチャチャくん、男の子です。
今まで飼った動物は犬、タヌキ、ヤギ、カメ、とんび、ふくろう、アヒル、チャボ、九官鳥など。
小さいころは度々犬小屋で寝てたという舛本さん、育ての親は犬、いつもそばには動物がいたそうです。
そんな舛本さん、動物を語るときの表情はやさしさに満ち溢れ、その目は輝いていらっしゃいます。

舛本さんも、金太郎の大ファンで、生前は大変かわいがっていただきました。

100608_DSC_0236.jpg

成長しない猫といわれるフェレット、犬や猫に比べても飼い易いようです。知能もかなり高くてしつけもできるし、芸も教えることができるそうです。
チャチャくんはとても人懐っこくて、されるがままの、おとなしい子で3人のお子さんの良き遊び相手だそうです。

子供たちにとって、ペットを飼うということは命の尊さを教えるためにもとてもいいことだともおっしゃっていました。



舛本さんの小さいころの夢は人のために働いてきた犬たちの老後や寝たきりになった犬の面倒を見る犬の老人ホームみたいなものをしたいなあと思っていたそうです。
今でも、そんな犬たちの面倒を見ることも生き方としていいんじゃないかと思っているそうです。




昨日のお客様は譲渡会で里親になられた馬場さんご夫妻でした。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年06月13日

ありし日の金太郎に会いに来てください。

今日はお天気が気になるところですが
催し目白押しです。
犬猫譲渡会、中体連、野球など…


なかでも本日行われるドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」
絶対見逃せません。
映画はもちろんですが、同時開催される犬や猫の写真やイラスト、漫画などの展示も見応え満点です。


100613_DSC_0246.jpg


皆さんにぜひみていただきたい!金太郎の写真もほんの一部ですが展示させていただきます。
ありし日の金太郎にも会いにきてください。


top_01.jpg


いのちをめぐる旅が始まる。



かわいいですか? それとも かわいそうですか?

町を歩けばあちこちで目にする光景があります。それは、散歩中の犬や、路地裏でくつろぐ野良猫たちーーー。
しかし、全ての犬と猫が幸せな一生を送れるわけではありません。空前のペットブームの影で、日本で処分される犬と猫は年間30万頭以上。一日に1000匹近くが殺されている現実があります。あなたは、犬と猫たちのことをほんとうに知ってますか?
(「犬と猫と人間と」オフィシャルサイトより)


「犬と猫と人間と」自主上映会(佐世保市)

日時:6月13日(日)13:00開場14:00上映開始
会場:佐世保市中央公民館3F講堂
   (長崎県佐世保市松浦町5-1)
入場料:大人1,000円 中学生以下500円
主催:長崎わんわんレスキュー・長崎猫の会・The Beach Dog
後援:佐世保市教育委員会・はっぴぃFM
お問い合わせ:090-75771654

●収益金は全て愛護団体に寄付されます。
映画『犬と猫と人間と』オフィシャルサイトもご覧ください。
http://www.inunekoningen.com/index.html





「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年06月11日

写真展もお楽しみに!

主人のいない金太郎ブログ
最近、街で初めて会う人の中にも、毎日見ていますという方がいらっしゃったりします。
とてもありがたいことです。

それなのに、最近更新が滞りがちで大変申し訳ないと思っております。
これからも毎日更新を目指し、できるだけ愛犬家の皆様に役立つ情報を発信したいと考えています。

元気な金太郎を見ていただけないのがとても残念なのですが、今後とも金太郎ブログをよろしくお願いします。



100611_DSC_0243.jpg


さて、本日は来る6月13日(日)に行われる「犬と猫と人間と」のご案内です。

ご覧になられた方もいらっしゃると思いますが、当地(佐世保市)でも長崎わんわんレスキューと長崎猫の会の主催で自主上映されることになりました。
当ブログTOPインフォメーション欄にご案内いたしておりますので、お近くの方で、まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になることをおすすめいたします。

できればお子様とご一緒にご覧になり、”いのち”のことについて考えていただければと思っています。

犬や猫を飼おうと思っている方も、ご家族一緒にこの映画を見てから考えていただければと思っています。



また当日は会場ロビーにて、スタッフの写真展も企画いたしております。不幸な犬や猫たちがいる一方、幸せに暮らしている犬や猫たちもいいることをみていただきたいと思います。全ての犬や猫が家族に恵まれ幸せな犬生、猫生を全うできることを願っています。


もちろん、金太郎も見ていただきたいと思います。
子供たちや、街の人たちとかかわりながら生きてきた金太郎を見ていただきたいと思っています。
準備はまだまだこれからです。
今日あすは、写真展の準備で忙しくなりそうです。





「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年06月08日

幸せをつかんだ「花子ちゃん」

はっぴぃ!FM毎週火曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/


6月1日(火)61回目の「金太郎パパ動物園」

毎回、動物にかかわる人、ペットと暮らしている人をお客様にお招きしてお話を伺う「はっぴぃアニマルのコーナー」は一ヶ月近く自宅付近をさまよっていた犬を保護、家族として迎えいれられたミックス犬「花子ちゃん」の飼い主さんで仲田智子さんです。


花子ちゃん、仲田家の皆さんの深い愛情に包まれて、とっても幸せな犬生を送っています。もし、仲田さんと巡り会っていなければ間違いなく殺処分されていたはずです。


花ちゃんが一番大好きなのは、ご主人さん
ラブラブ度満点、いつも帰りを楽しみにしているそうです。


100601_DSC_0632.jpg


幸せをつかんだ花子ちゃんの裏には
花子ちゃんを捨ててしまったかもしれない飼い主がいることも忘れてはいけません。犬や猫を飼おうと思ったら、必ず終生面倒を見ることができるか充分に検討して迎えてください。


一度預かった命、いかなる理由があろうとも最後まで面倒を見てください。例え犬や猫であっても使命を持って生まれた尊い命です。
犬や猫は私たち人間にもっとも身近な動物で、私たち人間は犬や猫から多くのことを学ぶことができます。


平成20年度、佐世保市において飼育放棄のため持ち込まれたり、捕獲されて殺処分された犬127頭、猫1,772頭
全国では28万頭余の犬・猫が殺処分されています。
そして、その数に近い人間が尊い命の抹殺にかかわっているという現実も考えなければなりません。




今日6月8日(火)の「金太郎パパ動物園」
はっぴぃアニマルのコーナーのお客様は、フェレットと暮らしていらっしゃる舛本淳子さんです。
お楽しみに…







「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年06月05日

飼い主に必要な10の条件

基本は動物好きであること
〜飼い主に必要な10の条件〜


 前段で、具体的にペットを飼えなくなってしまう事例を紹介しましたが、裏を返せば、そのような事態に陥る危険がなければ、ずっと飼い続けられるし、適正な飼い方につながっていくと考えられます。そこで、飼い主に必要な10の条件を提案します。 (広報誌「動物たち」より)


071104_DSC_0282.jpg
2007.11.4 有田町RIC工房にて

1)家族全員が動物好きであること

 犬や猫を飼えなくなる事情はさまざまですが、家族の理解と協力があれば何とか手放さずに飼育を継続できるのではないかと思えるケースも結構見受けられます。そのためには、家族のメンバー全員が動物好きであること、あるいは動物好きになることが必要です。
 また、犬や猫など人間とコミュニケーションのとりやすい動物は、飼い主の気持ちに敏感だったりします。
 動物も家族の一員と考えるなら、飼い続けるために家族のメンバーがお互いに助け合うという姿勢が欠かせないのではないでしょうか。


この点は大いに反省しなければなりません。
私は必ずしも犬が好きだったわけではありませんでした。
むしろ、恐怖感があった位です。
安易に金太郎を迎えてしまったのかも知れません。




2)世話をする時間と体力があること

 給餌・給水はもちろんのこと、散歩や遊び、手入れなど、これらをこなせる時間と体力がなければなりません。
 特に、子どもが希望して飼い始める家族もありますが、往々にして、世話は両親に任されがちとなりますので、それを見越して親が世話するという覚悟がなければ、よい飼い主にはなれません。また、子どもの世話が続くとしても、子犬も大きくなれば、子どもの体力では安全な散歩ができないこともあります。事例にあるように、飼い主さんの体力が落ちて、これまでできていた散歩ができなくなってしまうこともあります。“飼いたい犬より飼える犬”といった発想も大事です。
 また、時間もとても重要です。特に仕事で朝早く、夜遅いというような方は、犬や猫がいることで反って負担となってしまうこともありますから、やはり強い意思が必要となります。


この点も大いに反省しなければなりません。
金太郎を迎えた当時は24時間仕事に拘束されていたといっても過言ではないくらい忙しい状況でした。犬の世話ができるような状況ではありませんでした。




3)ペットを飼える住宅に住んでいること

 ペットと安心して暮らすためには、ペットを飼える住宅に住んでいることが絶対条件です。また、「ペット飼育可」の集合住宅等でもルールを遵守し、周囲への配慮を心掛けなければなりません。


当時はペット不可マンションに住んでいました。
そのため、一年間はブリーダーさんと金太郎の母親の元に預けていました。経済的な負担はしているとはいえ、飼ったとたん飼育放棄していたといってもいいかもしれません。とんでもない飼い主だったと思います。
金太郎が一才になったとき大家さんに内緒で金太郎を迎え入れ、その後、金太郎と一緒に大家さんにお願いし住むことを許可していただきました。もし許可していただけなければ自家へ戻る覚悟ではいましたが…




4)動物アレルギーがないこと

 ペットを飼い始めたら、喘息や皮膚炎など動物によるアレルギー症状が出てしまったというケースが増えています。事前に獣医師に相談するとか、飼う前に犬や猫に接して、そのような症状が出ないか確認することも必要でしょう。
 また、事例でも触れたように、生まれた赤ちゃんに動物アレルギーの症状が出たというケースもあり、こういった可能性を頭に入れた家族計画―ここでは、赤ちゃん出産の時期とペットを飼い始める時期との兼ね合い―が立てられるとより安心かもしれません。


この点については問題はありませんでしたが
金太郎がプードルだったということもあるかも知れません。
住まいが事務所兼ということあって、あまり犬臭の強い犬はまずかったかも知れません。毛の抜ける犬も職場には望ましくなかったかも知れません。




5)引っ越しや転勤の予定がないこと

 ペット飼育可の集合住宅も増えてきてはいますが、地域によっては物件が少なかったりということもあります。また、家賃がやや高めということもあり、躊躇しているという方もいます。引っ越しや転勤の予定がないのに越したことはありません。


仕事のため賃貸マンションに住んでいました。
引越しをするといっても田舎の実家に戻ることくらい、むしろ金太郎にとってのどかな田舎の暮らしは良かったはずです。




6)毎日の世話を10年以上継続できること

 犬や猫の寿命も延びており、10年以上にわたって生きてくれます。ですので、今世話ができているからと言って、それでよいという訳ではありません。給餌や給水から手入れ、散歩まで、ペットの生活の質を落とさないよう継続して世話できる計画が必要となってきます。
 途中でペットに関心がなくなってしまったり、状況が変わってしまって、犬がつながれたままというような不適正飼養に陥るということもあり、こういったことを防ぐには、終生面倒を見るという強い覚悟が必要となります。


そんなに若くもない私にとって、保証できることではなかったかも知れません。しかもあとの面倒を見てくれる家族もいないのですから。



7)経済的な負担も考えておくこと

 ペットにかかるお金は、食餌代やペット用品代だけではなく、病気の予防、時としてケガをしたり病気にかかったりなど急な出費もあります。手術や入院ともなれば、高額になることもあります。また、引っ越しなどの必要が生じれば、ペット可の物件を見つけなければなりません。したがって、経済的な負担も大きいことの認識も必要となります。


このことはとっても大事なことです。
スタンダード・プードルは犬の中でももっとも経費のかかる犬種です。しかも金太郎は一生高額な薬を飲み続けなければ生きてはいけない病気になりました。大変な経済的負担を強いられました。




8)しつけと周囲への配慮ができること

 ある程度のしつけができていないと、ペットと飼い主との良好な関係が築きにくかったり、世話が大変だったりします。だからといって、がんじがらめにしつけてしまおうとすれば、ペットは窮屈な立場に追いやられてしまいますのでバランスは大切です。
 また、犬などの場合は吠え声で周囲に迷惑をかけてしまいますので、配慮が必要です。散歩時のフンの持ち帰りも当然のマナーであり、これができなければ周囲から動物への理解を得ることは難しくなってしまいます。


私はしつけについては全くの素人でしたが、プロの訓練士さんにも感心してもらえるほどのかかわり方をしてきました。日常が理想的な訓練の場でした。金太郎と私は喜びも悲しみも共有できるベストパートナーでした。



9)高齢になった動物の介護をする心構えがあること

 ペットの寿命が延び、それと同時に人間でいう生活習慣病にかかったり、老衰や痴呆の症状が現れるケースが増えています。ペットを飼うということは、赤ちゃんの小さい時期、若くて活発な時期、そして看病や介護が必要となる高齢期と生涯をトータルで捉え、それらに対応するという姿勢が必要です。「ペットがかわいくて癒される」という時期だけではないということを承知しておいてください。


このことはある程度覚悟していました。
ただ、金太郎を迎えて1年も経たないうちに介護をすることになるとは思ってもいませんでした。




10)飼えなくなってしまった場合の受け皿を考えておくこと

 飼い主が亡くなってしまったなど、さまざまな事情で飼えなくなってしまうケースも増えています。やむをえず飼えなくなってしまうことを想定して、代わりに飼ってくれる人を見つけておくことも重要です。

 こう条件を上げてみますと、ペットを飼うことがいかに大変なことか気付かされます。逆に、これらを頭に入れておけば安心してペットとの生活が送れます。加えて、条件を満たしている人もペットを飼うことに自信過剰にならずに、常に動物の目線に立って考える姿勢が必要でしょう。


このこともとっても大事なことです。
家族のいない私にとって金太郎を迎えたことはあまりにも安易なことだったかも知れません。




こうして10の条件を検証してみると私は完璧に飼い主としては適正ではなかったかも知れませんが、金太郎に注いだ愛情と責任感は誰にも負けなかったと思っています。




福岡県動物愛護センターよりレスキューされた
飼育放棄と思われるプードルミックス?(シュナプー?)
里親さん募集中です。

img44c36026zik0zj.jpgimg01298702zikdzj.jpg


名前:チェリー(仮名)
年齢:推定5歳〜6歳
性別:♀
性格:温和で甘えん坊。アイコンタクトも取れる。笑う。
フィラリア:マイナス
健康状態:良好

お問い合わせはこちらまで


犬を飼うということは、いのちを預かること
責任と約束が伴います。
充分に検討して決断してください。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2010年06月04日

捨てる人と救う人

金太郎と一緒に初めていった、犬猫譲渡会のときの記事です。
ぜひ、ご覧になってください。
http://stanpookintaro.seesaa.net/article/67854085.html



DSC_0241_071117.jpg



5月29日(土)
長崎わんわんレスキューと長崎猫の会の主催で
自衛隊のイベントの一環として行われた犬猫譲渡会
ここあ&ふうあママ(はっぴぃFMパーソナリティナナコさん)の尽力で実現しました。自衛隊の敷地内だったので一般の人の入場はできませんでしたが、あらかじめ家族の方への告知がなされていたため、多くの方にきていただきました。

100529_DSC_0536.jpg

犬6頭、猫3頭がエントリー
うち2頭のワンちゃんが里親さん決定
1頭のワンちゃんがトライアル決定


100529_DSC_0547.jpg

100529_DSC_0531.jpg

100529_DSC_0566.jpg


昨年、佐世保市で処分された犬は127頭(全国84,264頭)、猫は1,772頭(全国202,228頭)。なんと、全国で286,492頭もの尊い命が人間の身勝手で絶たれました。
そのほとんどが、持ち込まれたか、捨てられていたものです。
人間の心がけ次第で防ぐことできるはずです。

なぜ、捨てなければならなくなったのか…
なぜ、飼育放棄しなければならなくなったのか…
よく考えてみてください。

迷い犬も多いようです。
犬がいなくなったら、まず保健所や警察に届けましょう。

猫を飼っている方は必ず避妊・去勢をし室内飼育を徹底しましょう。
それだけでも、恵まれない命の誕生を防ぐことができるはずです。

飼い主のいない野良猫の場合はかなり深刻な問題です。
今、全国各地で野良猫を地域でめんどうみようという地域猫の活動が拡がりつつあります。
地域猫の定義をよく理解していただき実践してみてください。
佐世保市には「させぼ地域猫の会」があります。野良猫で困っている地域の方、一度相談してみてください。


捨てる人がいるから、救う人がいる
救う人がいるから、捨てる人がいる
あまりにも醜い、さみしい構図です。



事前に皆様にお知らせできなくて非常に残念でしたが、
昨日、午後8時から金太郎が出演しているアニマルプラネット「わんこの城・プードル」が再放送されていました。
また、放送されると思いますので、そのときはご案内したいと思います。




「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif



2010年06月03日

金太郎が残してくれたもの

090303_DSC_0999.jpg
2009.3.3 老人ホームを慰問したときの金太郎です。

090307_DSC_0016.jpg
2009.3.7 片岡あゆみちゃんにハグハグされて照れる金太郎です。



昨日のことです。
佐世保に引っ越して来る知り合いのお子さんのアパートを探すためにある不動産会社に問い合わせの電話を入れました。

一応、物件情報をお伺いして、私の名前を伝えたのですが初めて問い合わせをする不動産会社です。ご存知のはずがありません。念のため「金太郎知ってますか?」とたずねると「よく知っています。大ファンでした。」とおっしゃいます。



5月30日の日曜日、ドッグランで会ったブルテリアの飼い主さんに、「金太郎パパ動物園」に出演していただこうと話しかけると、「金太郎君のパパさんだったんですね。以前お会いしたような方だと思っていました。」
会ったのは3年前。
この方のお母さんが入院中で、落ち込んでいるときに病院の前の公園で会った金太郎くんにとっても癒され助けられました。とおっしゃいました。私はその方と会ったことはまったく覚えていませんでした。



5月29日(土)
自衛隊の佐世保教育隊のイベントの一環として行われた犬猫譲渡会の会場でも、熊本からお越しの方が金太郎のことはテレビでみてよく知っています。とおっしゃったのにもおどろきました。

最近、アニマルプラネットの番組宣伝にもチラッと金太郎が登場しています。気づいた方いらっしゃいますか?



金太郎が虹の橋にいって、10ヶ月も経つというのに、
いまだに、金太郎のことを語ってくれる人がいる
とってもありがたいことです。


金太郎は人と人を繋げるためにも力を発揮してしてくれました。
ハウステンボスのペット同伴解禁のきっかけもつくってくれました。



100515_DSC_0298.jpg
2010.5.15 放送中のフレディ家の長男と次男です。
はっぴぃFM初の兄弟番組、番組名は「205号室」大抜擢です!


「金太郎パパ動物園」をきっかけにはっぴぃFMのパーソナリティとして、それぞれの思いや願いを発信している仲間もいます。
一家揃って金太郎の大ファン!ここあ&ふうあママのナナコさん(役立つ時間)、イケメンドッグトレーナーとして売り出し中!藤川さん(四ヶ町犬の気持ち)、浅丘るり子似のドッグライフカウンセラーNOKKOさん(金太郎パパ動物園)、フレディ家の長男と次男(205号室、はっぴぃ羅針盤)
いずれも金太郎が残してくれた大きなプレゼントです。
(括弧内は担当番組名です。)

金太郎はきっと虹の橋から皆さんの活躍をしっかり見守ってくれているはずです。金太郎が目指していた「人と動物にやさしい町づくり」のために力になってあげてください。
金太郎のメッセージを市民の皆さんに伝えてください。



最近では、私の本名を名乗ることはめっきり少なくなりました。
ほとんどの方は「金太郎です。」「金太郎パパです。」「金太郎ご存知ですか?」と言ったほうがわかってもらえるようです。





「金太郎大好き」はランキングに参加しています。
虹の橋の金太郎に応援クリックしていただければ
うれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。