information

えぼし岳高原スポーツの里(長崎県佐世保市)に
“ドッグランえぼし”オープン!

110625_DSC_0783.jpg

【登録条件】(@〜Cすべての条件が必要です。)
@飼い主が18歳以上であること。             
A蓄犬登録済みで1年以内に狂犬病予防接種を受けていること。
B予防接種(各種ワクチン)を受けていること。
C闘犬または攻撃的な犬種でないこと。

【登録時に必要なもの】
@犬鑑札 A狂犬病予防接種済証
B予防接種済みが確認できるもの
C飼い主の身分証明書
D飼い主さんといっしょに写った写真(縦32mm×横28mm)

【登録料】500円
※申し込みは、所定の登録申請書に必要事項を記入し、
ドッグラン管理事務所へ提出してください。
お問い合わせは 0956-59-9511

開場日時:水・土・日・祝日
9時〜18時(10月〜3月は17時閉場)
利用料:1日1頭300円/年間パスポート1頭3,000円



ランキングに参加しています。
初代金太郎はアジソン病と闘いながらも、
6年11ヶ月しっかり生きぬきました。
虹の橋の金太郎に応援ポチッ!忘れないで下さいね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif




2009年11月24日

日本一のドッグラン

金太郎ほど広いドッグランを駆け回った犬はいないでしょう。
なにしろ金太郎のドッグランは球場だったのですから…
金太郎のドッグランは日本一のドッグランだったといってもいいと思います。毎試合、広い球場を思いっきり子どもたちといっしょに走ることができた金太郎、そんな犬は金太郎だけだったと思います。



そして、選手の皆さんはもちろんのこと、球場に来る全ての人が金太郎のお友達でした。金太郎はスタンドに立ち入ることも許されていました。ただスタンドは太鼓やメガホンをたたく音、歓声など犬にとって決して居心地のいい場所ではありません。でも金太郎は太鼓のそばでも大歓声でも平気でした。

3時間前後の試合中、金太郎は実に多くの子供たちとふれあいました。金太郎と会うことを楽しみに球場へ来る子どもたちもずいぶんいたと思います。


昨年の9月19日
グランドをかける金太郎です。

080919_IMG_6221.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6222.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6223.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6224.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6225.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6234.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6235.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6238.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6239.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


金太郎は日本一広いドッグラン(球場)でいろんなことを学んだはずです。それは人と犬との間で最も大切なことです。
しかも強制されることもなく日常の生活の中からごく自然に身につけていったと思います。

大切なこと…それは信頼するということです。
人と犬とが共に生きるために最も大切なことだと思います。

金太郎がいなければできなかったこと…いっぱいあります。
私でなければ金太郎が生かされなかったこと…そんなこともいっぱいあったと思います。

こんなことは全てお互いの信頼の上に成り立っていたと思います。


あなたの愛犬はいつもあなたのそばにいますか。
あなたの愛犬はあなたといっしょのときがいちばん幸せだと思っていますか。


金太郎はお友達といっしょのときよりも、人といっしょのときが生き生きとしていたように見えました。

球場に行ったり、アーケードを歩いたり、幼稚園や老人ホーム行ったり、ほとんど人の中にいました。
人とかかわること…それが金太郎の日常でした。

私たちの愛犬は決して犬たちと暮らすわけではありません。まぎれもなく、そのほとんどの犬生を人間社会で暮らすわけです。

あなたの愛犬にとって最も楽しいこと、それはあなたと共有できる時間だと思ってもらうことが大切なのではと思います。


もちろん、金太郎と同じようなことはほとんどの犬ができるはずもありませんが、あなたの愛犬とあなたとのかかわり方ちょっと考えてみてください。
もしかしたら…なんて思うことがあるかも知れません。






金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。