information

えぼし岳高原スポーツの里(長崎県佐世保市)に
“ドッグランえぼし”オープン!

110625_DSC_0783.jpg

【登録条件】(@〜Cすべての条件が必要です。)
@飼い主が18歳以上であること。             
A蓄犬登録済みで1年以内に狂犬病予防接種を受けていること。
B予防接種(各種ワクチン)を受けていること。
C闘犬または攻撃的な犬種でないこと。

【登録時に必要なもの】
@犬鑑札 A狂犬病予防接種済証
B予防接種済みが確認できるもの
C飼い主の身分証明書
D飼い主さんといっしょに写った写真(縦32mm×横28mm)

【登録料】500円
※申し込みは、所定の登録申請書に必要事項を記入し、
ドッグラン管理事務所へ提出してください。
お問い合わせは 0956-59-9511

開場日時:水・土・日・祝日
9時〜18時(10月〜3月は17時閉場)
利用料:1日1頭300円/年間パスポート1頭3,000円



ランキングに参加しています。
初代金太郎はアジソン病と闘いながらも、
6年11ヶ月しっかり生きぬきました。
虹の橋の金太郎に応援ポチッ!忘れないで下さいね。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif




2009年11月29日

信頼してあげる

金太郎がアジソン病を発症して2年後
当時丸刈りだった被毛も伸び
顔バリからテディベアカットへ
すっかりイメージチェンジした金太郎といっしょに
はじめてアーケードを歩いたのがきっかけでした。

金太郎と街を歩けば街の人たちの笑顔が見れる…
街の人たちとちょっぴりかも知れないけど幸せ気分を共有できる…

アーケードを歩く金太郎はとっても生き生きとしていました。
アジソン病を発症したほとんどの犬が1〜2年で命を落としているなか、金太郎の数値は常に安定し、病気であることを忘れさせてしまうほど元気でした。


金太郎はきっと生かされているんだ。
そして金太郎と私が巡り会ったのも偶然ではないような気がしたのもこの頃です。

私は少しずつ少しずつ金太郎に役目を与えるようにしました。
子どもたちの集団登校に同行するようになったのもこの頃です。
お年寄りの方の施設や子どもたちの施設にも行くようにしました。
イベントなどにも積極的に参加し多くの街の人たちとふれあうようにしました。


080920_IMG_6571.jpg
2008.9.20 Photo by Kenji Kochou


そんなとき出会ったのがエンターテイメントベースボールを目指す長崎セインツでした。
オープニングセレモニーの始球式のときマウンドまでボールを運ぶベースボールドッグをまかされたのです。

はたして金太郎にできるだろうか?
ボール遊びの延長みたいなものだから、なんとかなるだろう。
できないはずがない!必ずできる。
非常に安易に引き受けてしまいました。
金太郎はほとんど練習することもなく、ベースボールドッグとして十分にその役目をはたしてくれました。


金太郎は46試合に登板し、一回もその役目を放棄することはありませんでした。たとえ失敗しても必ずマウンドまでボールを運んだのです。


080920_IMG_6577.jpg
2008.9.20 Photo by Kenji Kochou


金太郎はアーケードでもそのサービス精神を十分発揮しました。
街の人たちの写真撮影にもこころよく応じました。

老人ホームに行っても、幼稚園に行っても、イベントなどに参加しても、まるで自分に与えられた仕事をわかっているかのようでした。


080920_IMG_6584.jpg
2008.9.20 Photo by Kenji Kochou


私は、犬をしつける具体的な技術やノウハウを持ち合わせていませんでした。ただ私は金太郎と共に楽しみたい…喜びを共有したい…そんなことを考えながら金太郎とかかわりを持つようにしました。

金太郎が私を信頼してくれると共に、私も金太郎を信頼してあげる…そうでないと私が金太郎に望むことができるはずがない、いつもそう思って接してきました。

犬は私たちが思っている以上に賢い動物のようです。
私たちの気持ちを十分に理解しています。
私たちも犬たちの気持ちを十分に理解してあげるように努めなければならないと思います。

犬たちの全ての問題行動は犬たちにあるのではなく、あなた自身にあるのかも知れないということを理解すべきなのかも知れません。



金太郎のベースボールドッグ、ベースランニングはアニマルプラネット「わんこの城」で見ることができます。
次回放送は12月25日(金)20:30〜
http://www.animal-planet.jp/episode/index.php?eid1=880513&eid2=000000



金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月27日

しつけの第一歩

061118_P1010448.jpg
2006年11月18日(金太郎4才3ヶ月)佐世保公園付近をエバちゃんとエバちゃんママのご両親といっしょに散歩する金太郎です。




長い間の闘病生活で、ほとんどお友達がいなかった金太郎にも2006年の夏ごろからお友達ができるようになりました。

なかでも、ブラックのトイプードルエバちゃんとの出会いは、友達の輪が拡がるきっかけとなったお友達でした。


061118_P1010454.jpg


犬は私たち人間にとって最も身近な動物です。
しかも、ほとんどの犬は人間の保護のもとでしか生きていくことはできません。

そこで考えなければならないのは、犬たちにとって幸福とはいったい何か…それは人間社会の中でお互いがストレスのない関係を持ち、家族の一員として、余りある愛情を受けながら暮らせることだと思います。そのためには人間社会とかかわるためのルールを教え、基本的なしつけをが必要になってきます。


愛情をいっぱい受けた犬は必ず期待に応えてくれるはずです。


セラピードッグなどに保護された犬が多いのもうなづけるような気がします。「金太郎パパどうぶつ園」にも出演してもらった九州初の聴導犬「たけくん」も保護犬でした。彼らは助けてもらったことに対する精一杯の恩返しをしているのだと思います。


これは何も犬に限ったことではないと思います。
人間社会でも大切なことですが、残念ながら人間社会ではうまくいかない場合もあります。人の好意や思いやり(愛情)を理解できない人がいます。
そんな人のなかには往々にして協調性のない人、素直になれない人、感謝することをしない人が多いようです。



ちゃんとルール(飼主が守るべきものかも…)を教えられ愛情を持って育てられた犬は飼主を裏切るようなことは絶対しないはずです。
そんな犬たちの全ての行動は人との信頼の上で成り立っているはずです。

私たち人間は犬から学ぶことがいっぱいあります。
親を敬い、家族や友には愛情もって接し、諸先輩を立てる
そして、お互いが信頼しあい、喜びを分かち合うことができる


幸せを感じるときとは…そんなときだと思います。


しつけの第一歩…それはあなたの愛犬に精一杯の愛情を注いで上げること。それがあなたとあなたの愛犬との信頼関係を強固なものにし、快適で楽しい愛犬との生活を送ることができるはずだと考えます。


私は金太郎にしつけらしいしつけはほとんどしていません。
街や人の中に出たのも、手遅れかも知れないといわれる3才を過ぎてからです。


そんな金太郎がどうして…


私がやったことは…


金太郎に人が好きになってほしい…そんなときはまず私が人を好きになること!子どもたちも、お年寄りも、若い人も…そうでなければ金太郎が人を好きになるはずがない!そう思ってやってきました。

今まで多くの飼主さんとその愛犬たちを見てきましたが、飼主さん同士がうまくいかなければ、その犬たちもうまくいかない、どうもそんな感じがします。
私はできるだけ飼い主さんとお友達になるように心がけてきたつもりです。

もちろん精一杯の愛情も傾けてきました。
病気と闘うためにがんばった約1年も金太郎との信頼関係を深めたと思っています。


あなたの愛犬はいつもあなたを見ていることを自覚してください。
あなたの喜ぶすがた…怒るすがた…
哀しむすがた…楽しんでいるすがた…
あなたが好きなもの(人)…嫌いなもの(人)…

きっと思い当たることがあるはずです。


よく言われることですが、犬を育てるのも
人の子を育てるのも同じような気がします。





今日の記事ためになったと思われた方…
応援ポチッ!していただければうれしいです。

yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月26日

2代目金太郎はどこに…

071104_DSC_0280.jpg
2007.11.4 RIC工房にて金太郎と私です。



金太郎が虹の橋へ旅立ってまもなく4ヶ月になろうとしています。
なんとなく金太郎のいない生活になれてきたところです。

そろそろ2代目金太郎!どうですか。
そんな声を聞くようになりました。
ぜひ、2代目金太郎を育ててくださいとおっしゃる方もいらっしゃいます。

もし、2代目金太郎を迎えることになれば、2代目金太郎にも金太郎のユニフォームを着てベースボールドッグをやってもらいたいと思っています。
金太郎がやり残したことにも挑戦してほしいと思ってます。


071104_DSC_0282.jpg
2007.11.4 RIC工房にて金太郎と私です。


金太郎が元気な頃、きっと金太郎は寿命を全うしてくれるはず…私もそうは若くありません。そうだとすれば、犬を飼うのは金太郎が最後だと思っていました。

しかし、金太郎は私が思っていたよりも早く虹の橋へいってしまいました。2代目を迎えるためには非常に微妙な時期です。

ちゃんと最後まで面倒を見ることができるという自信と確信がないと迎えることはできないでしょう。

ひとつの選択肢として飼育放棄された成犬を迎える…これは金太郎が元気な頃から考えていたことです。
たとえ金太郎が寿命を全うしてくれたとしても、たとえば4〜5才の成犬だったら面倒見れるかも知れない。そんなことも考えていました。

事実、ここ2〜3年スタンダードプードルの飼育放棄が多くなったような気がします。


先日、お友達から紹介がありました。

ブラックのスタンダードプードル
8ヶ月、メス
2度にわたる飼育放棄です。
2度とも飼主の都合です。


正直言って金太郎は、はずみで飼ってしまいました。
犬を飼いたいわけでも、一目ぼれしたわけでもありません。

金太郎と暮らしてはじめて、犬を家族として迎えることの重大さを知らされました。しかも金太郎はアジソン病という一生背負わなければならない難病におかされてしまいました。命を守ることがどんなに大変なことかも知りました。


私の母のこともあります。
2代目金太郎を迎えるとすれば、どんな形で迎えるべきか、もうしばらく考えてみたいと思っています。








金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月25日

盲導犬育成を支える人たち

はっぴぃ!FM毎週月曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/



11月23日(月)34回目の「金太郎パパどうぶつ園」
今回のゲストは盲導犬のパピーウォーカーを経て、現在繁殖ボランティアをなさっている山下由里亜さん(有田町)です。

山下さんのように盲導犬を育成するためにボランティアとして活動する人たちには、繁殖犬を預かり、繁殖計画に基づいて誕生した仔犬を50日程育てていただく繁殖ボランティア、生後2ヶ月から約1年間育てていただくパピーウォーカー、引退した盲導犬の余生の面倒をみていただくリタイア犬ボランティアの方たちがいらっしゃいます。

盲導犬はそんな方たちの深い愛情に包まれながら、社会性や基本的なしつけを身につけていきます。


091123_DSC_1163.jpg


山下さんは現在、繁殖犬のイマリ(3才)と繁殖犬をリタイアしたリリック(6才)を預かっていらっしゃいます。イマリはこれまで2回出産し、そのうちの一頭が佐世保の隣町佐々町のパピーウォーカーさんのところにいるそうです。


7年前にパピーウォーカーをはじめた山下さんにとっていちばん辛かったのは1才で別れなければならないことでした。とても続けられないと辞退を申し出ようと思ったそうです。でもその前に、ユーザーさんに会ってみようと、近くのユーザーさんをさがしたそうです。そんなユーザーさんが嬉野町にお住まいで「金太郎パパどうぶつ園」にも出演していただいた岸川さんご夫妻でした。
山下さんがこれまで盲導犬育成のボランティアを続けてこれたのは、岸川さんの一言だったそうです。

「いま、こうしてわたしが盲導犬を支えとして自立した生活ができるのは、パピーウォーカーさんをはじめ、盲導犬育成のために奉仕してくださる皆さんのおかげです。本当に感謝しています。」

091123_DSC_1165.jpg


盲導犬育成のためには、育成資金はもちろんのこと育成のためのボランティアスタッフも不足しているそうです。

下記委託条件をクリアでき、もしやってみようという方がいらっしゃったら、最寄の盲導犬協会総合訓練センターに申し出てください。

パピーウォーカーの場合の委託条件は
@日中、仔犬の世話をできる方がおられること。
A仔犬の飼育費用(えさ代、医療費など)を負担していただけること。
B委託時、引上げ時、飼育講習会(月1回程度)に訓練センターまで
 お出でいただけること。
C仔犬を室内で飼っていただけること。
D協会の飼育方針に従っていただけること。
などがあります、詳細は訓練センターへお問い合わせください。

091123_DSC_1168.jpg


スタジオ下でのミニオフ会
「金太郎パパどうぶつ園」をきっかけとして、少しずつ少しずつ動物を愛する人たちの輪が拡がってきているような気がします。

091123_DSC_1176.jpg





第6回盲導犬フェスタin佐賀

開催日 平成21年11月29日(日)
    午前10時〜午後4時
会 場 メートプラザ佐賀
    佐賀県佐賀市兵庫町大字藤木1006−1
    電話0952-33-0003
入場料 無料
主 催 特定非営利活動法人 盲導犬育成支援の会
    アロマ基金


11月30日(月)のゲストはいしだけ動植物園の獣医師
辻松淳二さんと前田亮平さんです。





金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月24日

日本一のドッグラン

金太郎ほど広いドッグランを駆け回った犬はいないでしょう。
なにしろ金太郎のドッグランは球場だったのですから…
金太郎のドッグランは日本一のドッグランだったといってもいいと思います。毎試合、広い球場を思いっきり子どもたちといっしょに走ることができた金太郎、そんな犬は金太郎だけだったと思います。



そして、選手の皆さんはもちろんのこと、球場に来る全ての人が金太郎のお友達でした。金太郎はスタンドに立ち入ることも許されていました。ただスタンドは太鼓やメガホンをたたく音、歓声など犬にとって決して居心地のいい場所ではありません。でも金太郎は太鼓のそばでも大歓声でも平気でした。

3時間前後の試合中、金太郎は実に多くの子供たちとふれあいました。金太郎と会うことを楽しみに球場へ来る子どもたちもずいぶんいたと思います。


昨年の9月19日
グランドをかける金太郎です。

080919_IMG_6221.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6222.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6223.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6224.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6225.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6234.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6235.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6238.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


080919_IMG_6239.jpg
2008.9.19 Photo by Kenji Kochou


金太郎は日本一広いドッグラン(球場)でいろんなことを学んだはずです。それは人と犬との間で最も大切なことです。
しかも強制されることもなく日常の生活の中からごく自然に身につけていったと思います。

大切なこと…それは信頼するということです。
人と犬とが共に生きるために最も大切なことだと思います。

金太郎がいなければできなかったこと…いっぱいあります。
私でなければ金太郎が生かされなかったこと…そんなこともいっぱいあったと思います。

こんなことは全てお互いの信頼の上に成り立っていたと思います。


あなたの愛犬はいつもあなたのそばにいますか。
あなたの愛犬はあなたといっしょのときがいちばん幸せだと思っていますか。


金太郎はお友達といっしょのときよりも、人といっしょのときが生き生きとしていたように見えました。

球場に行ったり、アーケードを歩いたり、幼稚園や老人ホーム行ったり、ほとんど人の中にいました。
人とかかわること…それが金太郎の日常でした。

私たちの愛犬は決して犬たちと暮らすわけではありません。まぎれもなく、そのほとんどの犬生を人間社会で暮らすわけです。

あなたの愛犬にとって最も楽しいこと、それはあなたと共有できる時間だと思ってもらうことが大切なのではと思います。


もちろん、金太郎と同じようなことはほとんどの犬ができるはずもありませんが、あなたの愛犬とあなたとのかかわり方ちょっと考えてみてください。
もしかしたら…なんて思うことがあるかも知れません。






金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月22日

3周年を迎えた「金太郎大好き」

「金太郎大好き」を開設したのが2006年11月22日
金太郎が4才のときでした。
1才6ヶ月でアジソン病を発症した金太郎は2005年の春までほとんど人目につくところへは出かけることはありませんでした。

もちろんお友達もいません。
その頃はドッグランなどもありませんでした。

そんな金太郎が街に出かけるようになったのは、4才になった頃からでした。
ブログ「金太郎大好き」をはじめたのもその頃からです。

いつまで私のそばにいてくれるかわからない、金太郎との思い出を書きとめておきたい、そんなことがきっかけでした。


まさか、金太郎のいない3周年を迎えるとは夢にも思っていませんでした。アジソン病という爆弾をかかえてはいましたが、まだまだ元気でいてくれると思っていました。ちゃんと寿命を全うしてくれると信じていました。

しかし金太郎との別れは突然やって来ました。
ある程度予期していたこととはいえ、まだまだ金太郎には力になってほしいことが山ほどありました。

来シーズンも長崎セインツのベースボールドッグとして、夢を追う若者を応援してほしかった。
金太郎がきっかけで始まった「金太郎パパどうぶつ園」の名プロデューサーとして力になってほしかった。
犬と暮らすことのすばらしさ、命の大切さを多くの人に伝えてほしかった。
子どもたちやお年寄りの方たちとも、もっともっとふれあって喜んでほしかった。


でも金太郎は本当に良くがんばってくれました。
街の人たち、セインツの選手のみなさん、ファンの方
はっぴぃ!FMのリスナーさん
子どもたち、お友達のパパやママ
多くの方から感謝の言葉をいただきました。
本当に金太郎は幸せものだったと思います。







ブログ「金太郎大好き」第一日目に掲載した写真で、2003年5月、金太郎9ヶ月のときです。この頃の金太郎は金太郎の母親のもとで暮らしていました。我が家にはこれから3ヶ月後に来ました。

030514_P4270084.jpg
2003.5.14


2006年11月21日、RIC工房(佐賀県有田町)で
2006年11月23日、2番目の記事に掲載した写真です。

061121_DSCN0034.jpg
2006.11.21

2006年11月22日、朝の散歩の写真です。
この頃は裏山やほとんど人が来ることのない公園などを散歩していました。少しでも体力を取り戻そうと、一日2時間ほど散歩していたと思います。

061122_P1010494.jpg
2006.11.22


「金太郎大好き」はアジソン病と闘う金太郎の闘病の記録にしようとも思いましたが、できるだけ明るい話題にしたいと思い、一切公開しないことにしました。金太郎がアジソン病であることを公開したのは発症後平均余命5年を過ぎた今年春でした。

金太郎は5年間を見事に生き抜き、4ヶ月も多く生きてくれました。

金太郎は息をひき取る時に
「パパ、金太郎がんばったよね。」
そう私に語りかけながら全く苦しむこともなく安らかに旅立っていきました。


金太郎が虹の橋へ旅立って4ヶ月経とうとしています。

果たして2代目金太郎が私の元に現れるかどうかはわかりませんが、たとえ現れなかったとしても金太郎が私に残してくれた思いは、大切に育てていこうと思っています。






金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月21日

ありがとう!リサコちゃん、ブレンダちゃん

091121_DSC_1141.jpg

091121_DSC_1142.jpg

ミラー・リサコちゃん(中学2年生)
ミラー・ブレンダちゃん(小学5年生)

絵が大好きなリサコちゃん
かわいい金太郎を描いてくれました。



金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


ありがとう!のあちゃん

091121_DSC_1146.jpg

のあちゃん(来年から小学生)
のあちゃんといっしょのふわふわ金太郎を描いてくれました。
かわいいのあちゃんと金太郎のツーショット忘れません。



金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


ありがとう!さくらちゃん

091121_DSC_1145.jpg

永野さくらちゃん(5才)
元気な金太郎を力強く描いてくれました。
真っ黒な金太郎、ちょっとむずかしかったかな?



金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


ありがとう!かえでちゃん

091121_DSC_1144.jpg

永野かえでちゃん(小学4年生)
ぺロッとだした舌がかわいい金太郎
8月生れの金太郎にふさわしいひまわりの花に囲まれた金太郎を描いてくれました。



金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


ありがとう!すみれちゃん

091121_DSC_1143.jpg

永野すみれちゃん(小学5年生)
長崎セインツのユニフォームを着た金太郎を描いてくれました。



金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月19日

ドキュメント!ベースボールドッグ金太郎

2008年9月14日(日)
時折降る雨の中、平戸赤坂球場で行われた
長崎セインツ対愛媛マンダリンパイレーツ戦

この日のベースボールドッグ金太郎は46回の登板の中でも、最もうけたベースボールドッグだったかも知れません。

このときの写真がまさかあるとは思ってもいませんでしたが、アマチュアカメラマンの小長さんがその一部始終を撮ってくれていました。





最もうけたベースボールドッグ金太郎
ドキュメントでご覧ください。


080914_IMG_4365.jpg
2008.9.14 Photo by Kenji Kochou


「・・・・・・・・・・」

080914_IMG_4366.jpg
2008.9.14 Photo by Kenji Kochou


かごをくわえそこなった金太郎

080914_IMG_4368.jpg
2008.9.14 Photo by Kenji Kochou


そのままマウンドへ突っ走る

080914_IMG_4369.jpg
2008.9.14 Photo by Kenji Kochou


金太郎!忘れ物だよ。

080914_IMG_4370.jpg
2008.9.14 Photo by Kenji Kochou


それでも気づかずマウンドへ…

080914_IMG_4371.jpg
2008.9.14 Photo by Kenji Kochou


あれ〜かご忘れちゃった!あわてて逆戻り

080914_IMG_4372.jpg
2008.9.14 Photo by Kenji Kochou


元の位置に戻って…

080914_IMG_4373.jpg
2008.9.14 Photo by Kenji Kochou


再びマウンドへ…

080914_IMG_4375.jpg
2008.9.14 Photo by Kenji Kochou


選手の皆さんを横目に

080914_IMG_4376.jpg
2008.9.14 Photo by Kenji Kochou


ゆうゆうとマウンドへ向かう金太郎

080914_IMG_4377.jpg
2008.9.14 Photo by Kenji Kochou


ちょっとみんなを驚かせたけど
ボールは無事マウンドへ…


080914_IMG_4378.jpg
2008.9.14 Photo by Kenji Kochou


金太郎にはひやっ!とさせられましたが、これも金太郎独特のパフォーマンスだったのかも知れません。うまくやったときよりも拍手が多かったような気がしました。


いつも目に浮かぶのはボールを運ぶ
金太郎です。


金太郎にベースボールドッグをやらせて本当によかったと思います。金太郎は球場がいちばん好きだったと思います。いちばん楽しめる場所だったと思います。

なぜならば、こんなパフォーマンスを実に楽しそうにやってのけるのですから…金太郎みたいな犬はそうはいないと思います。




金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月18日

しつけの基本はコミュニケーションから…

はっぴぃ!FM毎週月曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/

11月16日(月)33回目の「金太郎パパどうぶつ園」
今回のゲストはドッグトレーナー松本翔くん。(金太郎パパよりうんと若いので君付けにさせていただきます)

一見すると、ミュージシャンと思わせるようなファッションセンスで現れた翔君、まだまだ23歳とこれから成長を期待できる若手のホープです。

翔君、放送前から心臓バクバクかなり緊張してたようです。
まぁ〜ほとんどの人たちが初めての経験でそうなんだと思います。放送一時間前の打ち合わせはそんなゲストの方たちの緊張をほぐす時間でもあるんです。そして自然に放送に繋げていく、番組をアシストしてくれるCHIKAさんの巧みな誘導で本番はすごい盛り上がりになります。

091116_PH_84.jpg


まずは音楽の話から、CHIKAさんとずいぶんと盛り上がっていました。

091116_PH_87.jpg

しつけの依頼で多いのが、無駄吠え、ひっぱり、トイレ、噛み付きなど…。トレーニングの基本は飼主さんもいっしょ、たしかに飼主さんが変わらなければ問題行動は治らないですね。
ストレスのない楽しいわんこライフを送るには、飼主と犬とのコミュニケーションが大切だそうです。

091116_PH_92.jpg


放送が終わって…翔君の感想
また出たい!
放送前の緊張はどこに行ったのでしょう。

放送を聞いてもらってたはっぴぃ!FMのパーソナリティーやなっちの感想…「カフェ談義みたいでなかなか良かったよ。」


この日も翔君の生徒さんはじめ多くの愛犬家の方がスタジオ下にきてくれました。毎回、放送終了後も一時間くらい犬談義です。

091116_PH_98.jpg

翔君の仕事場は川棚町(長崎県)の大崎ドッグラン
「金太郎パパどうぶつ園」を聞いてくださった方にドッグラン入場料を1家族100円に大サービス。
入場の際「金太郎パパどうぶつ園聞きました。」とおっしゃってください。「金太郎知っています。」でもOKですよ。



来週11月23日(月)のゲストは盲導犬のパピーウォーカーを経て繁殖ボランティアをなさっている山下ユリアさん(有田町)です。




金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月17日

ブラックの魅力

ブラックのプードルを見るとどうしても金太郎のことを思い出してしまいます。

先日も金太郎といつも行っていたドッグランで、ブラックのトイプードルの飼主さんに「私のうちにもブラックのプードルがいたんですよ。」と話しかけると、「金太郎くんの飼主さんですよね。金太郎くんのことはテレビでみて知っています。金太郎くんのパパさんに似ているなぁ〜と思ったんですけど…話しかけていいものかとちょっと迷っていたんです。」とおっしゃってくださいました。

街を歩いていてもそんな方に会うことがあります。
まだまだ気づいていても話しかけられない人がたくさんいらっしゃるようです。


090330_DSC_0176.jpg
2009.3.30の金太郎

ブラックのプードルは人気がないのか、トイプードルもスタンダードプードルもブラックはなかなか見かけません。
ただ、プードルの場合ブラックは穏やかで落ち着きがあると言われています。
確かに、レッドやアプリコットのお友達は活発で甘えっ子だったり、ちょっと神経質だったりの子が多いような気がします。

まさに金太郎はブラックの気質をもった犬だったような気がします。ブラックだったからこそ私との相性も良かったのだと思います。もし金太郎がブラックでなかったら、金太郎のようなキャラにはなっていなかったかも知れません。

金太郎の弟アプリコットのテツを下顎切除という大手術後1ヶ月ほど預かったことがあります。私はテツの面倒を見るために金太郎にあまりかまって上げられなかったのですが、金太郎はそんな私に甘えるでもなく、遠くからじっと見ていました。テツが私に甘えても気を悪くすることもありませんでした。金太郎ってなんて思いやりのある子なんだろうと思っていましたが、こんなこともブラックの気質だったのかも知れません。


ただひとつだけ注意しなくてはいけないことがあります。
スタンダードプードルは金太郎の命を奪ってしまったアジソン病の好発犬種で中でもブラックの場合、雄・雌にかかわらず発症率が高いといわれています。もし発症してしまったら、一生とんでもなく高い薬を飲み続けながら生命を維持しなければなりません。


もし2代目金太郎を迎えるとしたら、やっぱりブラックにしようと思います。
穏やかで、おとなしくて、落ち着きのあるブラックは私にとって最も相性のいい毛色だったと思います。


きっと、また金太郎のようなブラックのスタンダードプードルにめぐり会えると思っています。

会えるその日まで…もう少し犬のことを勉強して迎えたいと思っています。




金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月16日

あなたの愛犬から信頼されるためには…

2008年9月13日(土)
長崎セインツ対高知ファイティングドッグス戦

この頃の金太郎はすっかりセインツの一員であることを自覚しているのではと思えるようになってきました。
ベースボールドッグも楽しんでやっていたと思います。


こうして試合前、選手の皆さん一人一人を励ましたりすることもありました。

080913_DSC_0935.jpg



球場は金太郎が金太郎らしく振舞えるいちばんの場所だったかも知れません。金太郎のキャラを十分に発揮できる場所だったような気がします。日本には広島球場のミッキー君をはじめ数頭のベースボールドッグがいましたが、金太郎ほど楽しみながらベースボールドッグをつとめていたワンちゃんはいないと思います。
なぜならば金太郎はそのための訓練などは一切やっていなかったのですから…もし楽しくなかったらボールは運んでくれなかったはずです。たとえ失敗することがあっても、球場では金太郎を一度だってしかったりしたことはありません。

私は金太郎のしつけはほとんどといっていいほどしていませんが、アーケードを歩いたり、ベースボールドッグに挑戦したり、施設など訪問することによって知らない間に、金太郎独特のキャラが出来上がったのではと思います。そんなことが理想的なしつけにつながっていたのではと思います。

全てのワンちゃんにあてはまることではないかも知れませんが、あなたと犬がともに楽しむことが大切なのではと思います。そんな中からあなたに対する信頼が生れるのではと思います。

080913_IMG_3477.jpg
2008.8.30 Photo by Kenji Kochou

080913_IMG_3478.jpg
2008.8.30 Photo by Kenji Kochou

080913_IMG_3479.jpg
2008.8.30 Photo by Kenji Kochou


私は金太郎の病気(アジソン病)を克服し、寿命を全うするためには私と金太郎の信頼関係がいちばん大切だと考えました。
発症時の金太郎は私に全幅の信頼を置いているように見えませんでした。もし、そのような関係が続けばお互いがストレスとなり、決していい結果にはつながらない…そう思い、強固な信頼関係を結ぶために思い切ったことを試みました。

どんなことをしたのか?

以前にも紹介したことがありますが、参考になればと思い、近いうちに、その頃の記録を元に(ブログ開設前のことでしたが簡単な記録をとっていました。)さらに詳しく再掲載したいと思います。





金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月15日

あなたは金太郎を見たことがありましたか?

2004年春、死線をさまよった金太郎は一年間の闘病後、
見事によみがえり、発症後5年4ヶ月も生き長らえました。

その間金太郎は、

長崎セインツの専属ベースボールドッグとして…
また、アーケードで街の人たちとふれあったり…
集団登校に同行したり、施設などを慰問したり…
イベントのお手伝いをしたり…
本当によくがんばってくれたと思います。

081229_DSC_0163.jpg



あなたは金太郎が誇らしげにマウンドへボールを運ぶ姿を見たことがありましたか?
もし見たことのない人がいたらぜひ見てほしかったと思います。

090307_P1060819.jpg
2009.3.7 佐世保球場

090425_香川戦_8791.jpg
2009.4.25 佐世保球場


あなたは金太郎が楽しそうに街を歩く姿を見たことがありましたか?
もし見たことのない人がいたらぜひ見てほしかったと思います。

090221_DSC_0789.jpg
2009.2.21 長崎セインツ根鈴選手とアーケードを歩く金太郎

081220_DSC_0854.jpg
2008.12.20 アーケードで


あなたは金太郎が慈しみの心で子どもたちやお年寄りの方とふれあっている姿を見たことがありましたか?
もし見たことがない人がいたらぜひ見てほしかったと思います。

081011_DSC_0338.jpg
2008.10.11 アーケードで

080617_DSC_0387.jpg
2008.6.17 グループホームで

もし金太郎を見ていただいていたら、
犬が嫌いだった人もちょっとは見直してくれたと思います。
犬を飼っている人は、犬とのかかわり方がちょっとはわかってもらえたのではと思います。







金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月14日

金太郎だけど金太郎でないころの金太郎?

野球もオフシーズンに入りちょっとさみしくなった今日この頃ですが、犬たちにとってはすごしやすい季節になりました。

金太郎がいなくなってからは散歩をすることも少なくなってしまいました。母の散歩も寒くなってきたせいもあって週1〜2回のペースになってしまいました。金太郎がいれば欠かすことはなかったはずです。


いま住んでいるところは私が30数年育った実家です。金太郎が虹の橋に旅立つ1ヶ月前に戻ってきました。そのため金太郎との思い出はほとんどありません。もし戻っていなければ、かなり辛かったかも知れません。





2005年4月3日、朝の散歩です。
アジソン病を発症して丁度1年、すっかり元の元気な体に戻ったころです。
この頃の朝の散歩は約1時間ほど、4キロくらい歩いていたと思います。アーケードなど、人通りの多い所へはあまり行っていませんでした。まだ暗いうちに歩くことが多かったと思います。

途中、武道館前の広場や公園、グランドなどでボール遊びなどをしていました。
お散歩友達もほとんどいませんでした。

050403_P1000077.jpg


この頃の金太郎は顔バリです。金太郎の特徴である手足の長い毛はまだそんなに長くはありません。
声をかけられたり、写真を撮らせてくださいと言われることもほとんどなかったと思います。

闘病中の約一年間、昼間に外に出ることはほとんどありませんでした。


050403_P1000082.jpg


金太郎を知る人は、この頃の金太郎を見ても金太郎とは気づかないかも知れません。金太郎独特のキャラが目覚めるのは、これから一年後、積極的に街に出るようになった、2006年の春くらいからだと思います。

050403_P1000083.jpg


私は、犬を飼うのは金太郎がはじめてでした。
スタンダードプードルがほしくて飼ったわけでもありません。金太郎が私の元へ来たのは、偶然であり必然だったのかも知れません。

私は金太郎にしつけらしいしつけはほとんどしていません。できなかったというのが本当かも知れません。ただ誰からもかわいがってもらえる犬になってほしい、いつもそう願っていました。

金太郎は見事に私の期待に応えてくれたと思っています。
期待以上だったといってもいいくらいです。


050403_P1000085.jpg






金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月13日

幸せをつかんだ丈次くんとひおちゃんのこと

090412_DSC_0010.jpg
2009年4月12日(日)の金太郎


幸せをつかんだジャックラッセルテリア丈次くん(旧名ジョー)のことを金太郎ブログで紹介したのは7月26日(日)でした。
雨の日だったと思います。

まさか次の日、金太郎が虹の橋へ旅立つとは夢にも思いもしませんでした。丈次くんは譲渡の難しい成犬にもかかわらず、殺処分寸前のところをJRT倶楽部のメンバーが保護してくれました。

現在、丈次くんは兵庫県で先住犬小鉄くんと幸せに暮らしています。


写真は「オイラは小鉄、オレは丈次、2匹でコテジョー」から引用させていただきました。

2009110320031-thumbnail2.jpg

2009110320035-thumbnail2.jpg




同時期に保護されたのが、同じジャックラッセルテリアのひおちゃん(旧名マイア)です。
ひおちゃんも名古屋で先住犬はうくん、うずちゃんと幸せに暮らしています。
ひおちゃんのパパは金太郎ブログで丈次くんのことをみて、ひおちゃんのことを知ったそうです。

ひおちゃんのパパはひおちゃんを救ってくれた長崎の人たちに元気なひおちゃんを見ていただきたいとブログ「はうとうずとひお」をはじめられました。


写真はひおちゃんのブログから引用させていただきました。

20091028115756366.jpg

20091030202220909.jpg




丈次くんもひおちゃんも金太郎ブログがきっかけで素敵なパパとママに出会いました。しかも丈次くんもひおちゃんも一人ぼっちではありませんでした。丈次くんには弟が…ひおちゃんには弟と妹ができたのです。


いま、丈次家とひお家はそれぞれのワンちゃんたちが縁でお友達になられているようです。近いうちにいっしょに長崎に…という話で盛り上がっているようです。



偶然にも命をつないだ丈次くんとひおちゃんは、人と人の心も繋いでくれました。

私たちのそばにはいつも愛犬がいます。
彼らがいたからやさしい心を失わずにすみました。


ありがとう!みんなの愛犬たち!
いつまでも元気でいてね。
金太郎の分まで…。





金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月12日

スタンダードプードルの里親募集です。

金太郎からのお知らせとお願いです。

081229_DSC_0197.jpg
2008年12月29日の金太郎


以前にも金太郎ブログで記事にしましたが、最近、スタンダードプードルの飼育放棄が多くなっているそうです。



経済的な理由で飼えなくなった…スタンダードプードルは犬の中でも最も経費のかかる犬です。ブラッシングなど毎日のケアにもかなり時間をとられます。

しつけがうまくいかなかった…スタンダードプードルは大変賢い犬です。かまってあげなかったり、しつけがうまくいかないと手に負えなくなることも考えられます。



もうひとつ気になることは、金太郎がかかっていたアジソン病が蔓延しつつあるということです。

もし、アジソン病を発症してしまったら精神的にも経済的にも大変な重荷を背負ってしまうことになります。




そんな中、お友達のブログ「くぅさんとりっくん」
スタンダードプードルの里親さんをさがしている記事を見ました。

迷い犬として保健所に保護されたようですが、なかなか飼主さんが現れないそうです。
保護されたときの状況(かなり酷かったようです。)から飼育放棄も考えられます。


timgd41273.jpg
写真は「いつでも里親募集」のHPよりお借りしました。


オスで年齢は推定1歳くらい
現在、海くん(仮名)と名づけられ、しつけの先生のところで預かってもらってるそうです。
ご覧のようにとってもかわいい子です。


スタンダードプードルは住宅環境、経済的な負担、かかわってあげられる時間などをクリアできれば、大変魅力的な犬種です。
多分とりこになってしまうと思います。



私は金太郎とは約6年ほどしか生活をともにすることはできませんでしたが、金太郎ブログをご覧になってもらえばわかるように、本当に充実した毎日を過ごすことができました。
もし、また犬と生活を共にするとしたらスタンダードプードルしか考えられないと思います。縁があれば海くんみたいに飼育放棄された子を迎えることも選択肢のひとつとして考えています。


できれば海くんとも会ってみたいとも思うのですが、何しろ九州と東北ではあまりにも遠すぎます。
海くんが殺処分寸前に保護されたのは、決して偶然ではないはずです。きっと海くんの前に現れるのは、やさしくて素敵なパパとママだと思います。



今までも金太郎ブログが縁で幸せをつかんだ子もいます。
海くんもきっと幸せをつかんでくれると信じています。



海くんの詳細、譲渡の条件などはこちらをご覧ください。
「くぅさんとりっくん」
「いつでも里親募集」にも掲載してあります。




金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月11日

イルカが楽しめる水族館

はっぴぃ!FM毎週月曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/


11月9日(月)32回目の「金太郎パパどうぶつ園」
今回のゲストはこの夏の話題を独り占めにした
九十九島水族館「海きらら」からイルカのヘッドトレーナー駒場昌幸さんです。

駒場さんの出身地は千葉県、学生時代鯨に魅せられて南極まで行ったという経歴の持ち主です。以来イルカ一筋に15年、新生「海きらら」開設の伴い、昨年沖縄の水族館から赴任されました。

「海きらら」ではイルカのヘッドトレーナーとして4人のスタッフとともにイルカの世話、トレーニング、イルカの紹介プログラムなどに取り組んでいらっしゃいます。

「海きらら」ではイルカショーとは言わないそうです。
単にイルカの芸を見せるだけではなく、イルカの体重測定、健康診断、食事などイルカの日常なども見てほしい、そんなコンセプトでイルカのプログラムと呼んでいるそうです。

また、お客さんに楽しんでもらうだけでなく
イルカにも楽しんでほしい!
たとえばお客さんとのキャッチボールなど、イルカとお客さんがともに楽しめるプログラムも考えているそうです。


091109_PH_69.jpg


駒場さんの首にかかっているのは犬笛(ドッグホイッスル)
イルカにOKサインを出すときに使うそうです。

091109_PH_75.jpg

イルカのトレーニングは犬のようにリードがないために、かなりの根気が要るようです。とにかくできるまで待つ。そしてできたらほめる。
とにかくほめる…それの繰り返しだそうです。

金太郎も私のところにきてからは、ほとんどしかったりたたいたりしたことはないと思います。イルカ流トレーニング法だったのかも知れません。金太郎はベースボールドッグも…アーケードの散歩や施設訪問も楽しんでやっていたような気がします。

金太郎が楽しんでくれること…
それが私の喜びであり…
私の喜ぶ姿が…
金太郎の喜びでもあったと思います。


091109_PH_80.jpg


海きららのニーハちゃん(バンドオウイルカ)ナミちゃん(バンドウイルカ)リリーちゃん(ハナゴンドウ)はとっても仲良し、多分水族館で飼われているイルカの中では日本一といってもいいくらいの仲良しだそうです。



ニーハちゃん、ナミちゃん、リリーちゃん
佐世保に来れて良かったね。
そして駒場さんに会えて良かったね。

佐世保のアイドルの称号はみんなにあげるから
佐世保の子どもたちをうんと喜ばせてあげてね。

                虹の橋の金太郎より





毎回、お迎えするゲストの方たちとお話をしながら感じることですが、動物と暮らしていたり、動物にかかわっている仕事をしている方たちの、動物を語るときの表情はとっても素敵だと思います。やさしさと思いやりに満ちあふれているように感じます。



動物を知ることは命を知ること
動物にやさしく出来なければ人にもやさしくなれない
佐世保を人と自然と動物が共生できるやさしい街に…


「金太郎どうぶつ園」ではこんなことをテーマに、これからも番組を続けていきたいと考えています。応援よろしくお願いします。




金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月10日

予告!地域猫講演会

2008年11月21日
公園に住みついている野良猫にご挨拶中の金太郎です。
この公園にはえさやりさんが2〜3人ほどいらっしゃるようです。

081121_DSC_0644.jpg
2008.11.21撮影


5月「金太郎パパどうぶつ園」に出演していただいた
させぼすてねこ防止会が佐世保市の提案公募型協働モデル事業に指定され、その活動を具体的に推進するために、地域猫の発案者黒澤泰氏を講師として招き、講演会が開かれることになりました。

080605_DSC_0412.jpg

人にも猫にもやさしい
佐世保市を目指す講演会

人間にも人権があるように野良猫にも生きる権利があります。
人間も野良猫も生きる権利は平等です。

野良猫を地域猫へ!
全国各地啓発のため行脚する助け人

講師:黒澤 泰氏

プロフィール
横浜市神奈川福祉保健センター勤務 獣医師

日時:平成21年12月19日(土)午後1時30分から
場所:佐世保市中央保健福祉センター
演題:「地域猫のすすめ」


主催:佐世保市 させぼすてねこ防止会

後援
佐世保市保健環境連合会 佐世保市連合町内会連絡協議会
佐世保市民生委員児童委員協議会連合会
朝日新聞社 毎日新聞社 読売新聞佐世保支局
西日本新聞社 長崎新聞社
NHK長崎放送局 NBC長崎放送 KTNテレビ長崎
NCC長崎文化放送 NIB長崎国際放送 TVSテレビ佐世保





2007年度、長崎県における猫の殺処分数は11,000匹、全国でも第4位という多さです。

保護しても保護しても一向に減らない殺処分数
殺処分ゼロを目指すためには地域猫の活動は理想的だと思います。

野良猫問題に悩む町内会長さん、商店街の人たち、猫嫌いな人、野良猫がかわいそうだと思ってえさを与えている人、行政のお役人さん、保護活動をなさっている方…
みんな集まってください!

どうしたら猫たちを救うことができるか…
そのヒントとノウハウがきっと見つかると思います。


させぼすてねこ防止会のことについてはこちらで紹介しています。
http://stanpookintaro.seesaa.net/article/129606703.html


「地域猫」のすすめ―ノラ猫と上手につきあう方法

「地域猫」のすすめ―ノラ猫と上手につきあう方法

  • 作者: 黒沢 泰
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本






金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月08日

愛犬といっしょに…海辺の結婚披露パーティー

11月7日(土)
JOYパパとれいれいちゃんの結婚を祝う会


2007年5月
佐世保公園で初めてJOYくんに会ったときの写真です。

DSCN1500K.jpg


ここにこうして集まっていただいたみなさんお一人お一人の顔を拝見していると実に不思議な感じがします。
もし、それぞれの愛犬がいなければ私たちはここにいないでしょう。
多分一生会うことのない仲間たちだったはずです。

2年前の5月だったと思います。
母から聞いています。…と声をかけてくれたのがJOYパパです。
もちろん金太郎といっしょのときでした。
JOYパパのお母さんとは30年来のお友達で
男の子のお子さんがいるとは知りませんでした。

サクラくんジュリアンちゃんに会ったのもその年の1〜2月にかけてだったと思います。

JRT倶楽部ができたのもJOYくんとの出会いがきっかけでした。

わずか3年足らずの間に
犬仲間たちの輪は次から次へと拡がりました。

私たちはこの出会いを作ってくれたそれぞれの愛犬たちに感謝しなければと思います。

そしてここに愛犬とともに暮らす一組のカップルを祝うことができる幸せにも乾杯したいと思います。

おめでとう!JOYパパ
おめでとう!れいれいちゃん


以上金太郎パパの挨拶です。



091107_DSC_1059.jpg


この会を企画してくれたのはハロくんのパパとママです。
仲間たちのシャボン玉シャワーで退場するJOYパパとれいれいちゃんです。

091107_DSC_1070.jpg

仲間たちからのプレゼントは、おそろいのJOYパーカー。
JOYくんのイラストは4コマ漫画で人気急上昇中!
ボズさん作です。

091107_DSC_1087.jpg


幸せそうなパパとママを見つめるJOYくんと保護預かり中のミント。

091107_DSC_1003.jpg

宴は深夜まで(もしかしたら朝まで?)続きました。

091107_DSC_1102.jpg


犬仲間と言っても私から見ると私の子どもと言ってもいいくらいの世代の集まりです。こんな若者たちとただ犬が好きというだけで同じ時間を共有できる…これも金太郎のおかげだと思っています。



犬と暮らしながら生活をエンジョイ!
保護活動にも打ち込む若者たち…

ラジオを…音楽を通してわが町を明るく元気な町に!
若きパーソナリティーたちやミュージシャンたち…

夢は必ず実現できる!
野球に打ち込む長崎セインツの若者たち…



もし、金太郎と出会っていなければ、確実に私の前に現れていなかった若者たちです。


金太郎が築いてくれた若者たちとのネットワーク…私にとって大切な宝物です。ずっと大切にしていかなければと思っています。それが金太郎の私に対する願いであり、私に残してくれた使命だとも思っています。

虹の橋のたもとで待っていてくれる金太郎に再び会ったときに
金太郎、パパはがんばったよ!
自信を持って言えるようがんばらねばと思っています。






金太郎のベースボールドッグ、ベースランニング、街の人たちとのふれあいはアニマルプラネット「わんこの城」で見ることができます。
http://www.animal-planet.jp/episode/index.php?eid1=880513&eid2=000000





金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月07日

バーニーズマウンテンドッグは大きな猫

はっぴぃ!FM毎週月曜日よる8時
アソカ北幼稚園の園児の元気な声で始まる
金太郎パパどうぶつ園
http://happyfm873.com/


11月2日(月)31回目の「金太郎パパどうぶつ園」
顔のひげもすっかり板につき、今や金太郎パパのトレードマークになりつつあります。伸ばした動機は金太郎見たいになりたい!でしたが残念ながら白髪のため金太郎みたいにはなりません。

ところで今回のゲストはビッグな体格の持ち主で愛犬家の住田和弥さんです。愛犬もその体格にふさわしくビッグでパワフルなワンちゃんです。
愛犬は車で例えるならスポーツカーみたいなジャックラッセルテリアと大型トラックといってもいいバーニーズマウンテンドッグ。


これまでもシェパード、セッターなどパワフルな大型犬と暮らしていらっしゃる愛犬家です。


091102_DSC_0490.jpg

バーニーズマウンテンドッグは体重40数キロあります。
金太郎は23キロほどでしたから約2倍もあります。
まだやんちゃなところもありますが、子どもにはやさしく接してくれるやさしい犬だそうです。大きな猫みたいだと思ってもらえればいいとおっしゃっていました。

ジャックラッセルテリアもすごい運動量の必要な犬です。
一日十数キロの散歩が必要で家の中でじっとしていられる犬ではありません。最近その運動量の多さから飼育放棄する人も多いようです。

犬を飼うときは見かけよりもその特性を十分に考慮して飼うことが必要だと思います。

091102_DSC_0498.jpg


スタジオ下です。
番組放送中はすっかり愛犬家の集まりになりました。
この日は10頭ほどのワンちゃんがきてくれました。

091102_DSC_0494.jpg


先日、金太郎家で一日預かったぴょこたんです。
一晩だけでしたがよく覚えていてくれたようです。

091102_DSC_0503.jpg



はっぴぃ!FMのヘビーリスナー
ラブラブよっしぃさんの愛車はなんと873
金太郎が虹の橋へ旅立つ2日前に初めて会った方で、以後「金太郎パパどうぶつ園」のファンになっていただきました。

091102_DSC_0510.jpg


11月9日(月)のゲストは九十九島水族館「海きらら」、
イルカのヘッドトレーナーで駒場昌幸さんです。





金太郎のベースボールドッグ、ベースランニングはアニマルプラネット「わんこの城」で見ることができます。
http://www.animal-planet.jp/episode/index.php?eid1=880513&eid2=000000



金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月06日

セインツとともに…

11月1日(日)
長崎セインツ2009シーズン報告会


2009年4月4日(土)
金太郎が5年前の春、アジソン病を発症し余命5年と宣告されて丁度5年目、長崎セインツの2年目のシーズンが
ベースボールドッグ金太郎の運んだ白球からスタートしました。

この日の金太郎は今シーズン2度目(一度目はオープン戦)のベースボールドッグだったにもかかわらず、周りを見回しながら運ぶという余裕のベースボールドッグでした。

この日の様子は金太郎の死後、NHKのスポーツニュースで
「さよなら金太郎」というタイトルで放送されました。




090404_DSC_0341.jpg
2009.4.4


長崎セインツは開幕から快進撃、念願の前期優勝を果たし、金太郎はチームのみんなと喜びを分かち合うことができました。アーケードを選手の皆さんと優勝パレードしたことはいちばんの思い出です。

また、松井宏次選手が東北楽天ゴールデンイーグルスに指名され、残された選手や子どもたちに夢は実現できるとの希望を与えました。




091101_DSC_0464.jpg

大木トレーナー製作によるスライドショー
いちばん歓声が多かったのが金太郎が登場したときでした。
ベースボールドッグ金太郎は選手の皆さん、ファンの皆さんの胸の中に、確実に刻み込まれていると確信できました。ボールを運ぶ金太郎の姿はいつまでもいつまでも皆様の心の中に残っているでしょう。

091101_DSC_0473.jpg


来シーズンは残念ながらベースボールドッグ金太郎は見ることはできませんが、長崎セインツは永遠に不滅です。若者や子どもたちの夢の象徴として金太郎が育った街、佐世保に根付いてほしいと思っています。

そしてセインツを語るとき、少しでもいいので金太郎のことを思い出していただければと思います。



金太郎のベースボールドッグ、ベースランニングはアニマルプラネット「わんこの城」で見ることができます。
http://www.animal-planet.jp/episode/index.php?eid1=880513&eid2=000000



金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月05日

ポメラニアンのしじみちゃん

11月1日(日)
毎年恒例、お友達のRIC工房(佐賀県有田町)「秋の陶器市」に行ってきました。

金太郎は毎年ゴールデンウィーク期間中に開催される「有田陶器市」と秋に行われる「秋の陶器市」には看板犬としてお手伝いをしていました。金太郎に会えるのを楽しみにしていらっしゃるお客さんもたくさんいらっしゃいました。




昨年11月3日(祝月)
RIC工房「秋の陶器市」のときの金太郎です。
未公開写真です。

081103_DSC_0428.jpg

081103_DSC_0418.jpg

081103_DSC_0419.jpg

くつろいでいる金太郎です。

081103_DSC_0422.jpg

台所には金太郎の大好きな人が…

081103_DSC_0431.jpg

こんな写真を見るとちょっとつらくなります。

081103_DSC_0432.jpg





今年はお友達のあんずちゃんの子どもでしじみちゃん(生後2ヶ月)が来てくれました。


091101_DSC_0428.jpg

091101_DSC_0425.jpg

091101_DSC_0410.jpg


RIC工房のお孫さんでここのちゃん

091101_DSC_0449.jpg

091101_DSC_0457.jpg


おなじみワイヤーフォックステリアのトトばあちゃんです。

091101_DSC_0437.jpg


RIC工房の愛犬チワワのあんちゃんです。

091101_DSC_0442.jpg



「金太郎大好き」はRIC工房からスタートしました。
RIC工房に行くときはいつも金太郎といっしょでした。
元気だった頃の金太郎を思い出してしまう場所のひとつです。



金太郎のベースボールドッグ、ベースランニングはアニマルプラネット「わんこの城」で見ることができます。
http://www.animal-planet.jp/episode/index.php?eid1=880513&eid2=000000



金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月04日

ミニ野球教室とサイン会

2009年6月28日(日)
アーケード沿いにある佐世保市島瀬公園で行われた前期優勝報告会。金太郎もチームの一員としてちゃんと紹介していただきました。
(金太郎は右側に座っています。)

090628_DSC_0432.jpg


10月31日(土)同じく島瀬公園で行われた佐世保の大物産展「かっちぇてアイラブフェア」のステージイベントに、長崎セインツの選手が参加、ミニ野球教室とサイン会が行われました。
金太郎が元気だったらこのステージにいたはずなのに残念です。

091031_DSC_0371.jpg


ミニ野球教室です。
ステージでは打撃陣のバッティング指導、ステージ前では投手と捕手によるピッチング指導が行われていました。

091031_DSC_0377.jpg

091031_DSC_0380.jpg


サイン会です。
先日のドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから育成選手として指名を受けた松井宏次選手です。
一日も早く支配下選手になって、1軍で活躍してほしいと思います。

091031_DSC_0390.jpg


たる募金におこづかいを入れてくれてる子どももいました。

091031_DSC_0394.jpg


長崎セインツは地域コミュニティの支援を受けながら育っていくものだと思っています。
そして、長崎セインツが地域に根ざしたとき、地域活性化のコンテンツとして十分に力を発揮してくれるはずです。

3年目を迎える来シーズンこそが正念場だと思います。





金太郎のベースボールドッグ、ベースランニングはアニマルプラネット「わんこの城」で見ることができます。
http://www.animal-planet.jp/episode/index.php?eid1=880513&eid2=000000



金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月03日

福岡県で黒のトイプードルが保護されています。

ずいぶんと寒くなってきました。
各地で今シーズンいちばんの冷え込みになったようですね。
昨年12月29日の金太郎です。

081229_DSC_0181.jpg
2008.12.29 Photo by Kintaropapa



クッぷりママさんの「今日も、クツぷり日和」より転載させていただきました。


超緊急!
福岡県田川市でトイプードルを飼っている人に伝えて下さい!

「田川市保健福祉事務所 保健衛生課生活衛生係」
という所に、黒のトイプードル(♂ 推定2〜3歳)
クリスマスカラーのようなハーネスを付け、きちんとトリミングされてる
(少なくとも前回のトリミングから1ヶ月はたってないと思う)が収容されています。

期限は本日11月2日でした・・・。

トイプードルの保護情報などのサイト「トイプードルのクレアさん」で
夜11時半頃発見し「福岡県動物愛護センター」に載ってるこの仔を見つけ
何とかしたいと、アニマルレスキューの方に電話で相談していました。

福岡県では、成犬の一般譲渡は行わないそうで
この仔は、飼い主さんが現れれば返してはくれるでしょうが、
里親になりたい人に譲渡はしてくれないそう
です。
・・・という事は、飼い主さんが現れなければ
この仔は2〜3歳で最悪の状況を迎えます。

おまけに、3日の0時ちょうどに
HPが更新されるシステムの様で
黒プーちゃんの記事は期限切れで見えなくなってしまいました。
そんなシステムだなんて知らなかった

何としても、この仔を救いたいのです
殺される為に生まれてきたんじゃない!
生きていく為に生まれてきたんですから・・・。

それで、田川市方面にお住まいの方にお願いです。
お知り合いにトイプードルを飼ってる方がいらっしゃったら
一言聞いて見て下さい。
メールしてみて下さい。
電話してみて下さい。
「あそこのワンちゃんはレッドだったから・・・」
と思われるかも知れませんが、犬を飼ってる人同士のネットワークって
スゴイものがあると思います。

是非是非、ご協力下さい。

クッぷりママ



081229_DSC_0195.jpg
2008.12.29 Photo by Kintaropapa


この子は多分迷い犬だと思います。
ノーリードによる交通事故、逃亡の話はよく聞きます。
ここ最近だけでも、列車にはねられた愛犬の話を2件聞きました。
1件は金太郎がお世話になったペット斎場で聞きました。
ノーリードのときだったそうです。突然列車に飛び込んでしまったそうです。飼主さんは確か若い女性だったと思います。散らばった肉片をひとつ残らず拾い集めて持ってこられたそうです。


愛犬の命を守ることは飼主の最大の責任だと思います。
どんなに訓練された犬でも、どんなことが起こるかわかりません。外に出るときは必ずリードをつけてください。愛犬の命を守ると同時に大切なマナーでもあります。室内の場合でも状況に応じて、ケージに入れる習慣をつけたほうがいいと思います。
絶対、人に危害を与えるようなことはないと思っていた大型犬が子どもをかみ殺してしまったいうニュースを耳にしたりすることもあります。

犬が人間社会で受け入れられるためには、飼主の自覚と責任は大きいと思います。


最近、佐世保市のアーケードをノーリードで散歩されている方を見かけます。飼主さんにぴったり寄りそってとっても賢そうなダックスフンドです。でも街ではどんなことが起こるかわかりません。どんなに訓練された犬でもパニック状態になることは考えられます。命を失うことがあるかも知れません。街の人に怪我をさせることがあるかもわかりません。街には犬が嫌いな人もいます。決して危害を与えるつもりではなかったとしても、おどろいて転んでしまって怪我をすることだって考えられます。アーケードはもちろんのこと公園などの公共の場では絶対ノーリードにしないようにしてください。

ダックスフンドの飼主さん、
もし当ブログをご覧になっていたら、今日からリード着用を実行してください。他の飼主さんにも迷惑をかけます。商店街でも犬のマーキング、放置ウンチ、ノーリードは問題になっています。アーケードの散歩が禁止されてしまうことだって考えられます。


金太郎はノーリードで散歩したことはありませんが、撮影のときだけリードから手を放すことがありました。とても反省しています。ただ金太郎は呼び戻し、待てなどの安全を守る命令はほぼ完璧にできていました。それでも車の通る道路沿いなどの歩道では絶対リードを放さないなど最善の注意をはらっていました。

もし2代目金太郎を迎えるようなことがあれば、安全を守るしつけはもちろんのこと、ロングリードを着用するなどして絶対手を放さないようにしなければと思います。




金太郎のベースボールドッグ、ベースランニングはアニマルプラネット「わんこの城」で見ることができます。
http://www.animal-planet.jp/episode/index.php?eid1=880513&eid2=000000



金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


2009年11月02日

残念なお知らせ

今日は残念なお知らせをしなければなりません。

10月31日(土)
金太郎が大変お世話になった割烹旅館潮幸の宿はな一さんから出火、本館が全焼しました。

金太郎ははな一の女将さん、娘さんはじめ、従業員の方にも大変かわいがっていただきました。
はな一さんの新年会やパーティーなどにも呼んでいただき、犬にもかかわらずお座敷にあげていただいていました。

犬仲間のお友達との食事は大抵ここを利用していました。


DSCN3919K.jpg


はな一さんはプードル倶楽部のみなさんやJRT倶楽部の皆さんにとっても思い出の場所といってもいいと思います。



2年前、福岡プードル倶楽部の「プードル祭り」をここで開催し、鹿児島、沖縄を除く九州各県からと広島、山口県から80頭のプードルが集まり親交を深めました。
(写真は2007年10月21日)

071021_DSC_0108.jpg


JRT倶楽部ハロくんのパパとママの結婚を祝う会も、ここで犬仲間たちでしました。もちろん愛犬もいっしょです。
(2009年4月19日)

090419_DSC_0403.jpg


お友達のサクラくん、ワーブくんジュリアンちゃんとお食事に行ったこともあります。
(写真は2008年7月19日)

080719_DSC_0659.jpg

080719_DSC_0668.jpg


金太郎と二人きり?の食事をすることもありました。
(写真は2008年9月17日)

080917_DSC_0217.jpg


はな一さんの新年会に呼ばれたこともあります。
(写真は2007年1月)

P1030049K.jpg

P1030060K.jpg


はな一さんは金太郎との思い出がいっぱい詰まった場所でした。
ここに行くと元気だったころの金太郎と会えるような気がしていたのに、とても残念です。

女将さんや娘さん、従業員の方たちのことが大変気になりますが、一日も早く「はな一」再建をめざしてがんばってほしいと思います。




本日(11月2日)の「金太郎パパどうぶつ園」のゲスト
愛犬はバーニーズマウンテンドッグとジャックラッセルテリア
これまでもシェパード、セッターなどパワフルな犬と暮らす
愛犬家住田和弥さんです。


金太郎のベースボールドッグ、ベースランニングはアニマルプラネット「わんこの城」で見ることができます。
http://www.animal-planet.jp/episode/index.php?eid1=880513&eid2=000000



金太郎はアジソン病と闘いながら、子どもたちのために、少しでも街の活性化に力になれればとがんばってきました。
そんな犬がいたことをできるだけ多くの方に知っていただき、人と犬が共に生きることのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

みなさまの応援が金太郎ブログを続けることの励みになります。金太郎はいなくなりましたが応援のクリックをしていただければありがたいです。


これからもぜひ金太郎を応援してください。
yajirusi-ani16.gif
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
yajirusi-ani16.gif
banner_02.gif


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。